ここから本文です

先日、耳鼻咽喉科へ行ったら 無呼吸症候群 鼻中隔湾曲症 と言われました。 ...

y20********さん

2010/3/510:47:11

先日、耳鼻咽喉科へ行ったら
無呼吸症候群
鼻中隔湾曲症
と言われました。

耳鼻咽喉科に行ったきっかけは、知人に口呼吸と言われたのです。
坂道が多い近所で強風が吹くと(ビル風)
口呼吸が乱れ呼吸困難になるんです。死にそうになり、マスクやタオルで口、鼻をおおっても苦しいのです。今は風が吹くだけでも恐怖感になってしまいました。
現在点鼻薬での治療ですが…回復するのでしょうか?

補足それが…口呼吸の話しから無呼吸の話しになって…イビキは凄いよと話したら、
無呼吸の検査機を持って帰って、装着して寝て、次の日に発覚した訳です。
やっぱり耳鼻咽喉科に行くべきですかね。
内科で貰って来た
点鼻薬と飲み薬はストップした方が良いですか?

薬名は今、手持ちにないので分からないです。ごめんなさい。

閲覧数:
1,446
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kok********さん

編集あり2010/3/511:56:10

呼吸が思うようにできないというのは、とても大変だと思います。
無呼吸症候群と鼻中隔湾曲症は全く違う病気なので、たまたま同時に診断されたのでしょうね。

無呼吸症候群と診断されたのは、なぜなんでしょうか?
大きないびき、日中に突然起きる強烈な眠気、睡眠中に激しい動きをする、夜間の多尿 、 不整脈 、早朝の頭痛、性格の変化、不眠、夜間の窒息感、息切れ、その他、性機能の低下などの症状があって、肥満や多血症や高血圧などがあることをお話されたんで診断されたのでしょうね。

鼻中隔湾曲は、おそらくご存知のとおり鼻の中にある、左右を隔てている壁が曲がっていてどちらかが狭くなっているので、耳鼻科医なら中をのぞいて見ただけですぐに診断がつきます。

どのような点鼻薬かはわかりませんが、両方の病気ともそれだけでの治癒はないように思います。

鼻の粘膜が炎症を起こしているなどで腫れている場合は、それを落ち着かせたうえで、狭さがどこまで改善するかを見ることはあります。鼻中隔湾曲症の対症療法として考えてください。

無呼吸症候群というのは、一般的には睡眠時無呼吸症候群をさす事が多いので、先にあげさせていただいた症状をあげましたが、単に息を止めていることが10秒以上あることを指すこともあるので、そのあたりは主治医の先生にご相談ください。

これからも、風の強い日はしばらく続きそうですね。お辛いですが、お大事になさってください。


補足拝見しました。

内科にかかられているんですか。勝手に耳鼻科だとおもってしまいました。
はい、どちらの病気も(特に鼻中隔湾曲は)耳鼻科の病気なので、是非耳鼻咽喉科にかかってみてください。
今の薬は、たぶん止めなければいけないほどの強いものではないでしょうが、効果も期待できないように思います。
それを持って、耳鼻科に行って正直に話したらいいかもしれませんね。

質問した人からのコメント

2010/3/5 12:01:59

感謝 説明がちゃんと出来なくてすみません…
内科では花粉症の飲み薬と点鼻薬を出して貰ってます。
耳鼻咽喉科でも違う点鼻薬を出して貰ってます。

はい…次回休日に、耳鼻咽喉科へ行ってきます。

ご親切にありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる