ここから本文です

現在、借家住まい9年目になります。 先日、大家である建築会社よりこのたび借...

cho********さん

2010/3/617:22:50

現在、借家住まい9年目になります。

先日、大家である建築会社よりこのたび借家の所有権を他に譲るとの封書が届きました。
はっきり退去とは書かれてないのですが、そういうニュアンスの事が書かれており、また個人への売却も検討していると書かれていました。(個人というのは、希望があれば今すんでる方に売却も考えるという意味のようです。)
この会社の経営不振による所有権移転のようです。

この場合、私どもは退去しないといけないのでしょうか?
所有権が変わるだけでそのまま住むことはできないのでしょうか?
ちなみに契約書というのもなく、知り合いに貸しているような借家です。全部で5棟あります。
法的な策とかもないのでしょうか?

皆様ご教示よろしくお願いします。

閲覧数:
110
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ambijouさん

2010/3/617:31:12

賃貸契約が無いと、対抗しずらいですが、退去する必要はありません、が、示談交渉の余地はあります、揉めたら、簡裁で調停です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

赤泊 圭さん

編集あり2010/3/619:34:57

建物賃借権の対抗力は、建物の「引渡し」です。(借地借家法31条1項)
現に引渡しを受け、居住してるわけですから、建物の所有者が変更に
なっても、対抗できます。ですので、退去要請に応じる必要はありません。
借地借家法は借主に手厚く保護されていますので、今後も突然退去される
ような事態にはならないと思ってください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる