ここから本文です

副業で20万以上収入を得ると確定申告をする必要があると聞きます。これは本業以外...

kit********さん

2010/3/1116:24:24

副業で20万以上収入を得ると確定申告をする必要があると聞きます。これは本業以外、1社で20万以上の場合ですか。

例えば、1年間のうちに2社で副業をし、其々の収入が10万円ちょっとで合計20万以上になっても、確定申告をすべきなのでしょうか。どなたか教えていただけると嬉しく思います。お願い致します。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
22,315
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sik********さん

2010/3/1117:56:34

税の申告は、金額の多少にかかわらず行うのが原則です。

あなたの「本業収入」は「給与収入」ですね?とするならば、本業以外の収入の支出先が、たとえ複数あっても対象です。
.

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fuk********さん

2010/3/1718:29:18

20万円云々との事なので、貴方の本業が給与所得者であることが大前提です。
副業の2社が、それぞれ何所得なのかを書けば混乱しなかったと思います。

まず読んでください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
⇒ 『サラリーマンで確定申告が必要な人』⇒ 逆に言えば『確定申告をしなくて良い人』がわかります。

確定申告をしなくて良い人は、
① 1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円以下の人
② 2か所以上から給与の支払を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円以下の人

①に該当するときは、『所得』計算が必要ですし、
②に該当するときは、給与に関しては『収入』で判断、プラス、もし給与以外があればそれに関して『所得』計算が必要です。
※ 所得金額 = 収入金額 - 必要経費

● まとめ
①はわかりやすいですよね。
②の文章を分解しましょう。

2か所以上から給与の支払を受けている人で、
主たる給与以外の給与の『収入』金額

給与所得及び退職所得以外の『所得』の金額の
合計額が
20万円以下の人
は、
確定申告をしなくて良い人です (*^^*)

● 参考
所得税法第121条
http://www.houko.com/00/01/S40/033A.HTM

● 副業に関しては、もしよければ参考にしてください (*^^*)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1238142817

sta********さん

2010/3/1316:43:55

質問者様が何の職業でどの所得に属するのかが分からないので、以下の説明は会社員などの給与所得に属する方を前提とした上で説明させていただきます。(所得税は全部で10種類ありますので、職業などによっては所得の種類が違ってくるため)

給与所得に属する方の場合、確定申告が必要になるのは、

1.2ヶ所以上から給与をもらっている場合で、合計収入が20万円超の場合。
2.さらに、給与所得、退職所得以外の所得が20万円を超えている場合。


これ以外にも細かく規定があるんですが、一般的には上記の2つに該当する方がほとんどかと思います。


質問者様が給与所得者である前提での説明ですが、質問の内容の場合、1.に該当することになります。

よって、副業として得た収入の合計金額が20万円以下であれば確定申告は不要ですが、合計金額が20万円を1円でも超えた場合は確定申告が必要になります。

abc********さん

編集あり2010/3/1119:44:20

いづれの回答も・・・・・
kajikajikaji1028さんはデマといってますが、それも間違いです。収入と所得の違いを言っているのですがそれも場合によります。

2社で副業ということですからいずれも給与になると思いますが、2箇所以上から給与を貰っている場合、主たる給与以外の給与の収入金額(副業の給与についてはkajikajikaji1028っさんのいう所得ではなく、収入です。)とそのほかの所得の合計が20万以上なら確定申告が必要です。

つまり、副業の給与の合計収入(支払金額の合計)が20万を超えるなら確定申告が必要です。
ただし、20万を超えなくて確定申告が不要となっても、住民税では1円でもあれば申告は必要です。

syl********さん

2010/3/1117:22:12

なんかわかりにくいこと書いてる人がいますが..

1社と書いている以上、給与所得が複数ある..ということですね。
この場合はその時点で確定申告の必要があります。


あくまで申告するのは「個人」です。
1社で..という考え方じゃなく、1人でいくらもらってるかってことです。

kaj********さん

2010/3/1116:46:37

少しデマが入って居ます。

副業で20万以上の"所得"を得ると確定申告をする必要が有ります。

収入ではなく所得です。

例えば自分で小説を書きます。
これを印刷所で50万かけて製本します。沢山の本が出来ました。
この本を一冊1万円で売ります。
何と60冊売れました。

この例だと1万×60冊なので収入は60万です。が、実際には作るのに50万かかっているので所得は10万です。
収入と所得は意味が違いますよ。

さて、質問に戻りますが、2社併せて20万以上の所得が有れば確定申告は必須です。
また、20万以下の場合もちゃんとルールがあり、役場の税務課で住民税の申告をする必要があります。
この住民税の申告は、確定申告をしない場合には所得が1円から必要です。

つまり・・・
「確定申告」と言う手続きをしなくて良いだけで、別の手続きは必要です。
また、「確定申告」をしなくて良いだけなので、住民税の申告により副業分の住民税もしっかりと納税する事になります。

と言う訳で、どっちにしても手続きが要るので面倒なので確定申告しておいた方が楽ですよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる