ここから本文です

新築5年になりました.白蟻対策を行うよう案内が来たのですが,やらなければいけ...

ioz********さん

2010/3/1200:36:21

新築5年になりました.白蟻対策を行うよう案内が来たのですが,やらなければいけないものなんでしょうか?
また素朴な疑問で,隣近所が防蟻対策をしているとしていない家に集まりますか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
93,206
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yqn********さん

2010/3/1212:48:25

私はシロアリ駆除業者をやっている者です。正直にいいます。

>新築5年になりました.白蟻対策を行うよう案内が来たのですが,やらなければいけないものなんでしょうか?

あなたがシロアリ対策に重きをおいていないのならば、やらなくても大丈夫です。

逆に防蟻にその値段相応の価値があると思うなら、やってもいいと思います。

保証がなくなるというだけで、5年過ぎてすぐ薬効がなくなるわけでもありませんし(かなり効果は薄れていますが)。あくまで目安です。

ただ、万が一被害にあった場合保証はしてもらえなくなりますので、シロアリの知識のある人間に定期的にチェックしてもらうなど、何かしらの対策はした方がおすすめです。

日本という国は、シロアリの巣と言っても過言ではないくらいどこにでもいますから。


「普通の工務店であれば,シロアリのきにくい木材にさらに防蟻処理して使っている」という記述がありましたが、これはかなり良心的な工務店さんの話でしょう。

木造の安い住宅メーカーなどはべた基礎仕様(これだけでシロアリ対策にはなりません、セパレーターや配管など、入るところはいくらでもあります。)だと現在の基準では薬剤散布が免除されているためにしていないところもありますし、シロアリの大好物ホワイトウッドを多用するところもいっぱいあります(土台は別かもしれませんが)。


>また素朴な疑問で,隣近所が防蟻対策をしているとしていない家に集まりますか?

関係ありません、全くの迷信です。

シロアリは意図的に家(木材)を探すことなんて出来ません。

集団としてそれぞれがランダムに行動し、たまたまあたったところが餌であれば齧るのです。

もともと土の中ならどこにいてもおかしくないのです。

ただ、被害あうかあわないかは運です。なので30年食われないところもあるし、半年で食われるところもあります。

一般的には、白蟻の被害件数と築年数は比例します。


【湿気対策について】

湿気対策はシロアリに対して確実ではありません。シロアリは湿気のないところを蟻道という道を作って移動するからです。

被害のある家の床下には蟻道があることがほとんです。

「シロアリ対策」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

s20********さん

2010/3/1602:08:35

鹿児島のシロアリ専門業者です。
した方が安全ではありますがするかどうかはあなた次第です
しなかった場合もしシロアリが来た時は.駆除の費用と修理代が必要になります
統計的に見ていますと過去にシロアリで痛い目にあったお客さんは定期的に施工されています
当社では
30年6回目のお客さんもいらっしゃいます
この方からはこちらから連絡する前に年賀状で春先の予約が来ます

con********さん

2010/3/1211:53:27

シロアリ対策の案内はどちらから来ましたか?
築5年でしたら,標準的なシロアリ対策は施されているはずですが。普通の工務店であれば,シロアリのきにくい木材にさらに防蟻処理して使っているはずなので,築5年のお宅にシロアリ対策を勧めますかね~。築5年??納得いきませんね。何もしていなければ早いほうが良いのは確かですが。
案内に来た業者が,建てた業者でなければ,建てた業者にご自宅のシロアリ対策について尋ねる。建てた業者の案内であれば,逆にほかの業者(工務店や信頼できる専門業者)に相談する。また,ご近所の様子も尋ねられたらどうでしょう。
一時期業者による悪質な行為が問題になりました。例えば,床下に木くずをまいて「ほ~らもう来ていますよ」なんてこともあったようですので慎重に。

sus********さん

2010/3/1201:58:06

床下の湿気に常時気を配るなど、白蟻の修整をよく研究して、白蟻が寄ってこない様に対処していける自身があれば、別に防蟻処理をする必要は、ないのではないでしょうか?例えになるか分かりませんが、私の実家は新築してから約30年、一回も白蟻対策しませんでしたし。
ただ、キチンと処置しないと、常にやられる可能性は残ります。まして、回りの家が防蟻処理したとすると、白蟻が近所にいれば、自ずと食べられるエサを目指すしかなくなると思いますが。エサ、とは、もちろん、防蟻処理していないお家です。
個人的には、火災の被害にあう確率より白蟻の被害にあう確率の方が高い筈なので、仮に防蟻処理するお金がなかったとしても、火災保険を解約してでも防蟻処理の費用を捻出した方が良いと思います。

tai********さん

2010/3/1201:14:08

やらなくてもいいですが保障が5年なので、もしもの時には保障されませんよ。自己責任です。

よく言われることですが、来る可能性はあります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる