ここから本文です

火傷、湿潤療法について 2歳の子供が手の甲に親指1本分ぐらいの火傷をしてし...

happyhappy1104さん

2010/3/1522:11:46

火傷、湿潤療法について


2歳の子供が手の甲に親指1本分ぐらいの火傷をしてしまいました。
火傷の半分は皮がむけ、じゅくじゅくしており、残りの半分はほんの少し黒みがかった赤色です。

火傷について調べていくと湿潤療法という治療法が最適だと思い、実行しています。ワセリンを塗りラップをし、絆創膏で固定していました。

キズパワーパッドも同じ効用との事で、今はそれを貼っています。

本人もあまり痛がらないのでキズパワーパッドをつけたまま入浴もしました。
やはり、入浴をしたせいかまわりが少し剥げかけています。あまり濡れないようにとビニールなど被せたのですがすぐとってしまいます。

もう一度、新しいものに貼りかえた方がいいのでしょうか?何度も張り替えるのはよくないですよね。他にいいやり方があったら教えていただきたいです。

一度病院に行きたいとも思いましたが、あいにく、近くにこの療法を行っている所がありません。

アドバイス、いただけたら幸いです。

閲覧数:
2,585
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

turuchan_40さん

2010/3/1522:36:57

すでに湿潤療法を知って見えると言う事は、私の過去の回答や湿潤療法での火傷治療経過のブログも見られていると言う前提で回答します。
http://ooyakedo.exblog.jp/

キズパワーパッドにしてもラップやその他の湿潤療法用被覆材(ドレッシング)でも、火傷初期の滲出液がたくさん出ている時期は、パッドから液が溢れた時はもちろん、朝・晩に貼り替えた方が良いです。もちろんその都度患部は優しく洗い流します。

湿潤療法で治療しているのは、細胞成長因子を含んだ滲出液であって、パッド等はその補佐をしているだけです。
常に新しい滲出液で潤わせる方が良いのは言うまでもありませんし、こまめに洗浄・貼り替えを繰り返す事によって、病原性の細菌も洗い流され、感染症の発生を抑えます。

パソコンで見る事が可能な状況になったら、これらを参考にされると良いと思います。

湿潤療法についてはこのサイトが超有名です。
http://www.wound-treatment.jp/
これは、湿潤療法を立ち上げた茨城県の石岡第一病院の夏井睦医師のサイトで、全国で湿潤療法を行っている医師の教科書となっています。

湿潤療法での実際の治療例
http://www.wound-treatment.jp/title_tiryou.htm
このページの左の欄の“熱傷,低温熱傷”にたくさんの症例が出ています。(写真がキツイので気をつけて下さい)

<家庭でできるすりむき傷,裂傷,熱傷の治療-皮膚外傷のラップ療法->
http://www.wound-treatment.jp/next/wound245.htm
これが湿潤療法の基本的な処置で、ここではラップを使用していますが、キズパワーパッドでも同じ効果です。

パソコンで見たついでにネットや知恵袋で<火傷 湿潤療法>で検索されれば、たくさん出てきますので参考にして下さい。

また私のブログの12月のページ <お子さんが火傷をした時のお母さまへ>
http://ooyakedo.exblog.jp/m2009-12-01/
ここには知恵袋での小さなお子様への湿潤療法での回答例がありますので、参考にして下さい。

湿潤療法は最新の治療法です。自信を持って治してあげて下さい。

質問した人からのコメント

2010/3/15 22:51:07

感謝 turuchan_40様、早速の解答ありがとうございます。実は貴方様の回答などを見て湿潤療法を知りました。こんなにいい方法があったんだと目から鱗でした。火傷して1日しか経っておらず不安にすごしてきましたが、自信を持って続けて行きたいと思います。子どもの火傷は親の不注意です、綺麗に治してあげたいです。ありがとうございましたm(__)m

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。