ここから本文です

ブレーキとアクセル踏み間違えによる暴走死亡事故の防止策として左足ブレーキの提...

kom********さん

2010/3/1609:26:46

ブレーキとアクセル踏み間違えによる暴走死亡事故の防止策として左足ブレーキの提案はひんしゅくをかいました。
そこで、別の提案ですがこの案は最高と思いませんか?

AT車の場合、運転者が踏むペダルは右足1ペダルだけにする。
このペダルを踏み込んでいくとブレーキになり、ペダルの踏み込みを緩める(ペダルが手前に戻る)にしたがってアクセルが加速する。ただし、ペダルから脚が離れたらブレーキがかかり停車する。

始動するときはペダルを踏み込んでブレーキが効いた状態でエンジンをかけ、ペダルを手前に戻してくるとブレーキが離れてアクセルが効き始めて加速が強まる。

踏めば止まり、緩めれば走り、足が離れたら止まる。
安全運転には最高ではないですか。

閲覧数:
753
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gom********さん

2010/3/1616:48:21

>左足ブレーキの提案はひんしゅくをかいました。

左足ブレーキは間違っていません。(説明省略)


>踏めば止まり、緩めれば走り、足が離れたら止まる。
>安全運転には最高ではないですか。

最悪です。
アクセル全開走行とブレーキが紙一重ですよ。
高速道路で加速しようとして急停車ですか?
なぜ普通に「踏めばアクセル、戻せばブレーキ」にしないの!
そういう運転方法なら、止ろうとして踏みこむという行為は存在しなくなる。


なぜひんしゅくをかったか判ったような気がする。
左足ブレーキの利点を理解していないのだろう・・・。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dra********さん

2010/3/1610:49:13

かえってめんどくせぇ

z33********さん

2010/3/1610:35:34

通常走行では常にそのペダルを半分踏んでるんですか?

疲れて駄目だね。

mar********さん

2010/3/1610:29:17

>防止策として左足ブレーキの提案はひんしゅくをかいました。
いわゆるレフトフットブレーキングではなくブレーキペダルを移動してしまえ、と云う提案ですね。そりゃ無理です、と云うより運転方法のロジックを根本から変える事になるので一般化出来ないのです。で、新提案をされた訳ですね。実は当時の運輸省がSEV(SafetyExperimentalVehicle:安全実験車)構想と言うモノを提唱して、メーカー各社が様々な実験車両を作りました。その成果がエアバッグやABSに結実したのですが、その中にワンペダルドライブというのを発表したしたメーカーが有りました。ほとんど貴方の考えた方式と同じです。しかし、この方法は日の目を見ませんでした。何故なら踏んでブレーキ、離して加速という事が一つの動きの中で相反していたからです。元々逆の操作である事柄を一つにしようという発想は見るべきモノがあったのですが、実際の操作という観点で加速したいのか減速したいのか、の切り換えをどのように行うかでジレンマに陥ってしまいました。解決方法としてステアリングに加速・減速のSWを取り付けて見たそうですが足の操作と手の操作がバラバラになり結局モノには成らなかったという事です。しかしステアリングに加・減速SWを取りつけると云うのは、現在に於いて足の不自由な方でも車が運転できる装置として完成しています。ですから当時の研究は全くの無駄にはならなかった訳です。貴方はユニークな発想をする人ですね。もし、まだ社会人でなければ是非、開発という分野に進んで欲しいモノです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

a12********さん

2010/3/1610:18:59

一見合理的にも思えますけど、大きな欠陥があるシステムであることは明白。

アクセルペダルを踏み込むということは、エンジンの回転数を上げるという間接的なことではあるのですけど、自動車に「進め」という意思を伝える行為です。
ブレーキペダルを踏み込むということは、同様に自動車に「止まれ」という意思を伝えることになります。

ただ、アクセルペダルを戻すということは、「それ以上積極的に加速しなくても良い」という意味もありますし、
ブレーキペダルを軽く踏む場合は「止まらなくても良いけど、速度を少し落とせ」という意味にもなります。

ひとつのペダルで、こういったパーシャルな状態の意思を伝えるのはかなり難しいと思います。


ペダルの踏み違えだけを考えて対策するのなら、足を使わずに、手だけで操作するという方法もありますよ。

実は身障者用に改造された車には色々な物があります。
過去に見たものでは、両手がない人が乗る車もありました。
推測ですけど、ヘッドレストにスイッチが組み込まれていて、頭を使って方向を決めているような感じでした。


要するに、自動車に運転者の意思が正しく伝わればよいわけです。
個人的には、ペダルのふみ違いなどは、運転者の意思があまりにも希薄なことが問題のようにも思えます。
パワステが普及し、ATが普及し、いまどきの車は窓さえも手回しの車は見かけなくなりました。
誰しもが、簡単に手に入れて、楽に運転できる。そういった思い込みがあると考えます。
悪く取れば、自分の思い通りのしもべを手に入れることによって、ひとランク偉くなったような錯覚もあると思います。
(自動車に乗ると横暴になる人が多いのはこのため?)


時代に逆行しますけど、パワステも、ATも重税を課してしまう。自動車そのものにも重税を課す。
自動車を簡単に乗れずに、非常に危険な物にしてしまう。

こういったものにしてしまえば、いろんな意味で事故は減るし、環境にとっても良いことになるでしょう。


「自動車という便利な道具をより多くの人が使いやすくする」、一見すばらしい考えですけど、そのことによって環境破壊が大きく進んだということは事実でしょう。

poo********さん

2010/3/1609:43:00

何その直結タイプの自転車みたいな発想・・・

その発想だと、常にハーフスロットルが必要になりますよね?足が疲れませんか?

高速なんかで足が疲れて足を離したらブレーキがかかって逆に危険。 通常の一般道でも同じですね。

そして、そこまでの操作性の変更となると、免許制度の変更が必要となり、右足のみAT用の免許が必要となる。

が、だれも取得せずに車も売れずに廃れて行く・・・

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる