大家です。新築賃貸物件がこの時期になっても入居申込みがなく焦ってます。 不動産屋も頑張っているのですが、申込みまでに至らないので、何か大家が出来る事はないでしょうか?

補足

募集依頼をしている不動産業者は専任募集でなく一般媒介の契約(管理は大家自主管理)ですが、非常に良くしてもらっているので他の不動産屋への依頼は裏切り行為になってしまうと思ってます。(この考えは甘いですか?)ビジネス的ならこの考えは甘いですが全部ウチで入居が決まれば管理もある程度なら無料でやって頂けると口約束をしました。非通知で他の不動産屋にFAX(帯入りのマイソク)はあまり効果は期待できなそうですね。

宝塚14,990閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

その他の回答(8件)

0

>あと大家が元付けの不動産屋に黙って他の不動産屋に図面をFAXしたりしたらまずいですか? >(連絡は元付けに行くようなサポート的な行動がしたいです。) これは、やってはいけません! 無断ファックスなんてしたら信用問題です。 元付けの顔もつぶすし、社会人としてまともでないと思われますよ。 元付け業社と大家の間に何か問題がある、としか受け取られません。 他の不動産屋に情報を流さない業者なら、 「決まらないので、他でも頼むことにしました」と連絡をいれましょう。 その際、元付業者の資料を持っていっても構いませんが、 基本的には、自作でないことを詫び、低姿勢で渡します。 ちなみに、客付け業者は仲介料を元付けと折半するよりも、 100%もらえるのでメリットになりますが、 その場合、空室確認の対応は自分でやることになります。 迅速にできないなら、元付けに他の業者への紹介をするように頼みましょう。 その上で、 成約時広告料として相場程度+αを支払う約束をする。 家賃は○○円までは下げてもOKと伝える。 管理無料なんて言っても 新築時はクレームもないので、自分でやってもそんなにやることはありません。 とにかく今は 複数の業者に直接お願いに行く! これのみです。 管理会社の選定は、今後のことも踏まえて、客付け力が強い業者がいいと思います。

3

原因の一つは万人受けしない、特殊な間取りだからじゃないですか。だいたい、デザイナーズて奴は妙な建物が多いです。 大方、変な建築屋に丸め込まれて作ったのでしょう。もっと勉強してから、不動産経営を始めるべきでしたね。 デザイナーズはやるとしても、1LDKまででしょう。 と言っても、出来てしまった物は何とかして埋めなければ仕方ありません。もし、その不動産屋と専任仲介契約をしているのなら即刻契約解除して、多くの不動産屋に声を掛けるべきでしょう。家賃も多くの不動産屋の意見を聞いて、見直すべきですね。 窓口を広くすれば、お客も多く来ます。

3人がナイス!しています

1

>あと大家が元付けの不動産屋に黙って他の不動産屋に図面をFAXしたりしたらまずいですか? >(連絡は元付けに行くようなサポート的な行動がしたいです。) これは、やったほうがいいと思いますよ!FAXでなく、訪問しても構わないと思います。 別にだまってもだまらなくても問題ないと思います。 また、「物件の地域名 賃貸マンション」「物件の地域名 賃貸」 などで検索して上位に来ている地元不動産会社さんにはプッシュしたほうがいいと思います。

1人がナイス!しています

0

家主側として、募集依頼をしている不動産業者と専任募集、管理契約を結んでいるのであれば、他業者への募集はやめときましょう。不動産屋から「信頼」を失います。 あと、建築業者の言うことは宛てになりません。家賃も建築業者で設定したのであれば非常に危険です。(家賃相場を把握しているのは不動産業者だからです) 早く決めるのであれば、不動産業屋に契約成立(契約書類と契約金を受領後、広告宣伝費を家賃の1カ月ないし2カ月支払う)旨、お話してみてはいかがでしょうか。 福岡県は家主からの広告宣伝費3か月というのが当たり前になってきているようです。 家主がなぜ、そこまで支払うか?家主の物件が決まらなくても「不動産屋は困らない」からです。

0

3月末で賃貸の繁忙期は終わります。 フェミリー物件のようですが、地域格差により入居率は変動します。 物件の地域の情勢はどうでしょうか? 人口が減少している、高齢化が進んでいる、 低所得者層世帯が急増しているかなど考える必要があります。 管理は自主管理でしょうか? 現在は優良法人企業やきちんとした不動産業者なら 管理会社がいない物件の仲介には慎重にないっています。 重要事項説明や告示義務違反などの責任があるからです。 一般媒介で頼んでいる不動産業者に管理を任せてみたらいかがでしょうか? 恐縮ですが、その不動産業者に力があるとかの理由ではなくて、現在は公告媒体が多種多様になっていますので 多くの業者が情報を共有しているのが実情です。 ファミリー物件なので時期は関係ないとのことですが、大有りです。 やはり年度末などには転勤等が多い為に引き合いは多くなります。 管理会社が要れば客付け業者も安心ですし、公告も自然にしてもらえます。 家賃を下げるのは新築物件ではお勧めできません。 新築物件も3年を過ぎると5パーセント~10パーセントの家賃値下げは現在の社会情勢では普通です。 大手の家賃保証を謳い建築受注させている業者でも地域の不動産業者に情報発信して客付けをしてもらっています。 不動産の賃貸業は営業マンの手腕によるところが大きい為にブローカー的な色の強い業種です。 管理料は10パーセント位ですが、経費として落とせますので自身でおやりになるより実質お徳になると思います。