ここから本文です

Linuxのフリーソフトは無料ですが作った人はどうやって生活しているのですか? 共...

gab********さん

2010/3/2617:11:37

Linuxのフリーソフトは無料ですが作った人はどうやって生活しているのですか?
共産主義の国で作ったのでしょうか?

閲覧数:
466
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

unn********さん

2010/3/2618:01:16

ちゃんと他に仕事をしている事がほとんどです。
あとは寄附もありますけど、サポートや本を書くことでお金を稼ぐ感じですね。趣味でやっている人もいますし、Windowsのフリーソフト開発者とあまり変わりはありませんよ。
見た目ものすごいアプリケーションが無償で公開されるように見えますが、数百人が参加しているので一人一人の負担はそんなに大きくなかったりもします。
場合によっては、仕事で作っていてもライセンスの都合上ソースコードが強制公開される→無料で使える、ということもあります。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pin********さん

2010/3/2620:50:24

- 子供や学生の多くのように扶養されている場合は、ソフトを作っても生活には困りません。
- 就労している場合でも、多くの仕事には休日があるものです。休日には休んだり遊んだりします。だから休まずソフトをつくったり、遊びでソフトをつくったりすれば収入を減らすことなくソフトが作れます。
- フリーソフトを作るのが仕事であれば、むしろ生活に困らないためにソフトを作ります。

無料のソフトの成り立ちはいろいろあって、お金に関係しないところ、趣味とか技術的好奇心などが大きな原動力となることも多いのですが、無料のソフトをベースにしたビジネスモデルはあって、多くの企業がそれに基づいて活動しています。例えばIE(インターネットエクスプローラ)もフリーソフトに分類されるのですよ。あれの開発のために多くの開発者が給料をもらって働いているでしょう。
LinuxカテなのでLinuxの話をすると、これもまた多くお金が動く世界です。Linuxのサーバでサービスを提供してお金を得るためとか、Linuxを使った装置を売ってお金を得るためとか、そのたいろいろなビジネスモデルにもとづいてLinuxの開発にお金をだす企業がたくさんあります。私もLinuxの開発者で、開発したものは無料で公開していますが、その仕事に対して会社から給料をもらって生活しています。自宅でも開発していますが、そっちは趣味。

oi_********さん

編集あり2010/3/2619:38:59

Linuxに限りませんが、フリーソフトといっても色々です。

善意で無料公開しているもの。
寄付を募っているもの。
広告を表示させることで広告収入を得ているもの。
一部制限を加え、制限ありの無料版か、制限なしの有料版かのもの。
個人が使う分には無料だけど、法人が使うのは有料なもの。
無料でも使えるけど、サポートを有料にしているもの。
誰でも改変していいけど、改変したものは改変する前のと同じく無料で公開しなければならない。もし無料公開するのが嫌なら商用ライセンスを購入して改変しろというもの。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる