ここから本文です

コピー機での導入方法のリース、買い取り、レンタルでのそれぞれのメリットがよく...

ikko_redsさん

2010/3/3108:12:07

コピー機での導入方法のリース、買い取り、レンタルでのそれぞれのメリットがよく分かりません。

経験された方いましたら、教えてください♪

閲覧数:
976
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tei_koku7さん

2010/3/3114:44:33

今回ご質問の「買い取り」は購入する事(リース満了時の買い取りではなく)と推測してお答えします。

リースとレンタルは全額損金計上できます。
購入した場合は資産になります。

リースもレンタルもほとんど同じです。
長期間使用するならリース、短期間の一時的な使用ならレンタル。

リース・レンタルは導入時に高額の支払いをしなくても良い。
故障時の修理やメンテナンス等は基本的にリース・レンタル会社が行う(意外と故障します)。
リース期間中に解約する時は、リース料の残額を一括で支払わなくてはならない(レンタルは返却して終わり)。
などでしょうか。

中古品や安いコピー機を導入予定で、使用頻度があまり高くないなら、リース等で高い金利を払うより購入した方が良いと思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

職業とキャリア

職業

  • この仕事教えて
Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。