ここから本文です

車のクーラント液の量が半分以下なんですが補充した方が良いですか? 液字体の...

bok********さん

2010/4/412:05:08

車のクーラント液の量が半分以下なんですが補充した方が良いですか?

液字体の値段はいくら位でしょうか?&工賃も

また自分で入れても大丈夫ですか?

閲覧数:
31,264
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wan********さん

2010/4/412:27:43

クーラント量の表示がMINIMUM以下なら問題ありません。
クーラント量を確認する場合は、エンジンが十分冷えた状態で行ってください。
エンジン稼働中や直後は、クーラントが高温となり膨張しているので表示上は多くなってしまいます。
冷えた状態でMINIMUM未満となっていれば補充する必要があります。
主成分は水ですが、不凍性を増すための不凍液となっています。
また錆を防止するための添加剤も入っているものが市販されているクーラントです。
クーラントの価格は、2Lで1000円、20Lで7000円程度です。
量により価格がまちまちですが、不足する量を購入するのが良いでしょう。
補充する時も、エンジンが十分冷えた状態で、キャップを外してから補充しましょう。
エンジンが熱い時は危険なので、ご注意を。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ryu********さん

2010/4/416:13:43

自動車の登録情報がないので、はっきりした事は答えられません。

輸入車には国産車のクーラントは使用出来ません。

輸入車のものと国産車のものでは、クーラントの成分が違うから。


同じ国産タイプのものでも、グリーン色とレッド色 2タイプある。



トヨタはスーパーロングライフクーラント4年、距離は忘れた。すみません。

ホンダ車のLLCは、11年20万Km(どちらか早い方)無交換でOK
2回目以降も6年ごと、または12万Km
というからものすごい

具体的には、LLCは、エチレングリコールに防錆剤、消泡剤などの添加剤を加えて構成されている。

防錆剤は、鉄用、銅用、アルミ用と数種類用いるが、これを、無機系のものより長寿命の有機系のものに切り替え、また、冷却水路における鉄、銅、アルミの各比率を算出し、それぞれに対する防錆剤の混合比を最適化したという。

ここで、不思議に思うのは、2回目以降距離数など、20万キロ~12万キロに少なくなっている事。

理由は、『交換時にどうしても古いLLCが残ってしまうのが避けられないと言う理由から』と言うのが理由

ホンダはすごい。頭が下がります。




さて、本題で、

>車のクーラント液の量が半分以下なんですが補充した方が良いですか?

基本的に、冷感時計測方法で、
★リザーブタンク(予備タンク)の、 F(フル)満タン⇔ E(エンプティ)空の間に入っていれば、OKです。

E(エンプティ)を下回るようであれば、補給が必要です。



>液字体の値段はいくら位でしょうか?&工賃も

50パーセントに薄めてあり、そのまま補給出来るタイプと、原液で薄めて使うタイプの2種類があります。もちろん赤色と緑色も。

値段は、1000円~1500円くらいが相場だと思います。

補給は自分で入れてもいいし、工賃相場は無料でしょう

LLC全量入れ替えの時工賃は、1500円前後が相場だと思います。
だだ、LLC交換はスタンドや一部のカーショップでも行っていますが、エアーを抜ききらずのちのトラブルが多いので、
ディーラーでの交換をお勧めいたします。

特に、ディーラーでは、料金が高いと思われがちですが、自動車の改善対策、サービスキャンペーンといって、10年目くらいの自動車でも、不具合箇所を、無料で交換してもらえたりするので、結果的にお得です。

余談ですが、友達の軽自動車10年目で、保障延長とやらで、マフラーの交換、ライト配線交換、ECU(エンジンコントロールコンピューター)とリコールでエアーバック配線対策、ぜ~んぶ無料で修理してもらいました。
ディーラーならではです。ダイハツさん有難う御座いました。こんどから、ダイハツにします。

>また自分で入れても大丈夫ですか?

大丈夫です。


★まとめ


ご自分で購入して入れても結構です。

ただし、最近では、メーカー別、エンジン別で、LLC(クーラント)の材質を選びますので、ディーラーに聴くか、
取扱説明書、の最後にサービスデータとして、書いてありますので参考にしてください。

ディーラーに聴くのが一番です。

LLC 2Lで、1500~3000くらいが相場
全量交換工賃 1500円前後

リザーブタンクのLLCがあまり減るようでしたら、ウオータポンプなどから漏れていますので、いつもリザーブタンクのLLCの量のチェックを怠らないでください。

故障車から外した、ウオータポンプの写真を掲載しておきます。中央の穴からLLCが漏れてきます。



最後に、

私は、輸入LLCを購入し、国産車に入れたところ、相性が悪く、サーモスタットが閉じて故障し、エンジーンオーバーヒートしました。当然エンジンは、壊れました。

LLC選びには注意して下さい。

自動車の登録情報がないので、はっきりした事は答えられません。

輸入車には国産車のクーラントは使用出来ません。...

phi********さん

2010/4/412:10:12

半分とはリザーブタンク(プラスチックのタンク)を見ているのでしょうか?

タンクにMINとMAXが書いてあると思います。

その間であれば特に問題ありません。

また、補充する場合は水道水でも構いません。(少量であれば)

車検を取ってからどのくらい経っていますか?
また、車検時にクーラントの交換はしましたか?

あまり減るようであればどこからか漏れている可能性がありますので、点検した方が良いでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる