ここから本文です

未成年の連帯保証人についての質問です。契約当時18歳で現在23歳。未成年の契約は...

sho********さん

2010/4/611:15:19

未成年の連帯保証人についての質問です。契約当時18歳で現在23歳。未成年の契約は取り消し出来ると聞いたことあります。内容証明を送付すれば良 いとも聞きました。

契約の取り消しをすることによるデメリットはありますか?例えば、信用情報に傷がつくとかないですか?

補足説明不足でしたので補足します。
あまり評判の良くない消費者金融からの借り入れの連帯保証人です。因みにその業者は必ず連帯保証人をつけて貸し付けをします。債務者は当時の会社の先輩です。

閲覧数:
10,186
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kes********さん

編集あり2010/4/616:38:41

通常、連帯保証人に未成年者を指名する事はリスキーなので、マトモな企業ならやりませんし、結果的には未成年者は保障能力がないので連帯保証人にはなれませんよ。
一体何の連帯保証人で、誰の連帯保証人ですか?
親御さんですかね?
一応法律的には有効ですが、現在23歳であればいつでも取り消しできる状態です。
民法450条では、保証人を立てる場合の義務として保証人が能力者であることが求められていますが、同条3項で債権者の方で指名した場合は無能力者でもいいことになってしまいます。
しかし、親御さんの連帯保証人だったとしても、債務者(親御さん)と保証人(貴方)の利益が相反する立場になりますので、親権者と子の利益相反行為として特別代理人を選定して裁判所の審判を求めることになります(民法826条)。
それがないと、行為制限能力者として為した行為は、貴方が成年になってから追認(民法122~125条)しないかぎり、成人してから5年以内であれば、いつでも取り消しができます(民法126条)。

取り消しによる不利益は、原則的にはないはずです。
取り消しとは、契約成立時に遡及してその行為が無効になるからです。


【補足】
赤の他人の連帯保証人に未成年者を債務者が指定して、よくその消費者金融は認めましたね。
仮に債務者が返済が滞った場合には貴方の所に請求が来ますが、そもそも未成年時に連帯保証人にしたことを容認しているその業者は悪意があるとみなされて、裁判をすればひっくり返されますよ。
なので、未成年時の親権者の許可を得ない法律行為は取り消しできますので(民法5条2項)、成人後に追認(民法122~125条)とみなされる行為をしていないのであれば、取り消した方がいいでしょうね。

ただ、ネットの回答を鵜呑みにはしないで、必ず専門家に相談なりした方がいいでしょう。
弁護士なら通常30分5,000円くらいで相談に乗ってくれますし、法テラスなどの機関なら相談だけなら無料です。

質問した人からのコメント

2010/4/6 16:45:36

参考になりました。ありがとうございます。
どうりで、厳しい取り立てで有名な業者なのに優しい口調だったのか理解出来ました。

追伸 これは知人の話です。説明不足がありました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる