ここから本文です

投資信託、毎月分配型の計算の仕方がわかりません。 なんとなくはじめてみた投...

kaw********さん

2010/4/614:15:53

投資信託、毎月分配型の計算の仕方がわかりません。

なんとなくはじめてみた投資信託なのですが・・・
はじめて3ヶ月程度で葉書が4回ほど届きました。
利益分配金の再投資を選択しています。

一枚の葉書によると。

分配金計算対象残高 102,548(口)
個別元本 9,551.04(円)
1万口当たりの普通分配金単価 80(円)
普通分配金 820(円)
所得税 57(円) 住民税24(円)

再投資資金額 739(円)
1万口当たりの再投資の基準価額 9785(円)

再投資口数 756(円)
再投資後残高 103305(円)

のように一枚の葉書に記載されていました。
再投資口数と再投資後残高はどのように計算されてこの数なんでしょうか><
色々電卓たたいてみましたがわかりません・・・・
これからすこしずつ勉強したいと思っていますので。ご指導のほうよろしくお願い致します。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
3,328
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zzz********さん

2010/4/617:09:13

0. 前提のデータ
以下、2か所(口)が正しく、(円)ではないところがあります。
分配金計算対象残高 102,548(口)
個別元本 9,551.04(円)
1万口当たりの普通分配金単価 80(円)
普通分配金 820(円)
所得税 57(円) 住民税24(円)
再投資資金額 739(円)
1万口当たりの再投資の基準価額 9785(円)
再投資口数 756(円)・・・ここは(口)が正しい
再投資後残高 103305(円)・・・ここは(口)が正しい

以下、4本の式で計算します。
1. 普通分配金=分配金計算対象残高/10000*1万口当たりの普通分配金単価
80円は『1万口当たりの普通分配金単価』のため、分配金計算対象残高を10000で割り算して、
10.25 * 80 = 820 で『普通分配金』が求められます。
2.再投資資金額=普通分配金-(所得税+住民税)
この月は1万口当たりの再投資の基準価額( 9785円)が個別元本(9,551.04円)よりも大きいので、『普通分配金』から税金が差し引かれます。
再投資資金額(739円) =普通分配金 (820円)-(所得税( 57円)+ 住民税(24円))

3.再投資口数=再投資資金額/(1万口当たりの再投資の基準価額/10000)
2.で得られた『再投資資金額』を1万口当たりでなく『1口当たりの再投資の基準価額』で割り算すると『再投資口数』が求められます。
4.再投資後残高=分配金計算対象残高+再投資口数
最後に『分配金計算対象残高』、実は、前の月の『再投資後残高』に3.で得られた『再投資口数』を加算して、再投資日(おそらく今月の決算日の決算後)時点の残高『再投資後残高』が得られます。
5.補足
1)基準価額が個別元本よりも大きいケース(イコールも含む)

前月決算日の個別元本<1万口当たりの再投資の基準価額のケース
または
前月決算日の個別元本=1万口当たりの再投資の基準価額のケース

分配金が全額利益と見なされ、普通分配金となり、税金を差し引かれるケース
これが上のケースです。

2) 基準価額が個別元本よりも小さくなったケース(分配金を加えてもダメなケース)

前月決算日の個別元本>1万口当たりの再投資の基準価額
で同時に
前月決算日の個別元本のケース>1万口当たりの再投資の基準価額+分配金(イコールも含む)
分配金が全額元本の払い戻しと見なされ、特別分配金となり、税金は差し引かれないケース
上の例の2.の式は
再投資資金額=特別分配金
となります。

3) 基準価額が個別元本よりも小さいが分配金を加えると微妙ナケース

前月決算日の個別元本>1万口当たりの再投資の基準価額
で同時に
1万口当たりの再投資の基準価額+分配金>前月決算日の個別元本>1万口当たりの再投資の基準価額のケース
ここはややこしいケースで、
1万口当たりの再投資の基準価額+分配金>前月決算日の個別元本
の部分は普通分配金として、税金が差し引かれます。
前月決算日の個別元本>1万口当たりの再投資の基準価額のケース
の部分は特別分配金となり、税金は差し引かれません。
この3)のケースはめったに起きないので、起きた時にハガキを見ながら計算してみてください。ここで計算式を組み立てるよりも、お手元の目論見書をながめると見えてくると思います。親切な目論見書の場合、絵で説明があります。よろしくお願いします

質問した人からのコメント

2010/4/7 13:33:15

成功 zzzyamayさん。huehukidaouzi64さん。
わかりやすい回答ありがとうございますした。
葉書と電卓でにらめっこしてすごく理解できました。huehukidaouzi64さんの言われたとおり 103304になりますね・・・どこも数字はあっているのですが・・・
zzzyamayさん元本われ等のケースとても参考になります。
もっとたくさん勉強していきます><
またわからないことが出てくると思うのでその時は、またご指導・・・お願い致します!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hue********さん

編集あり2010/4/712:26:46

私が調べ理解した所をお伝えします。貴殿の参考になれば幸いです。

各項目を上から順番にA,B,C~Iとして計算式を示します。

D=A*C

E=所得税(Dの7%)+地方税(Dの3%)

F=D-E

H=F/G

I=A+H

以上です。

*1万口数の換算をお忘れなく。
*1円未満の処理はお任せします。
*最後のIの「103305(円)」は「103,304(口)」ではないでしょうか。口数に1以下の数値はないので、計算しても1口までぴったり合います。

あとは書かれていない項目の計算式です、参考に。
*分配金前の投資額 =B/A
*再投資後の投資額 =B/A+F
*再投資後の個別元本=(B/A+F)/I

投資額が明確にされないのには理由があるのです。国税庁の通達に「基準単価の1円未満を切上げる」がありまして、これを利用すると投資額がアップするのです。で、売却した時に益なら譲渡益税が少なくなり、損なら損失繰越額が多くなるのです。
さてこれは善?悪? あとは皆さんの判断にお任せします。--以上ーー

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる