ここから本文です

大江山の口語訳をお願いします。 和泉式部、保昌が妻(め)にて丹後に下りける...

bra********さん

2010/4/1120:44:57

大江山の口語訳をお願いします。

和泉式部、保昌が妻(め)にて丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、
小式部内侍、歌よみにとられてよみけるを、定頼の中納言、たはぶれに小式部内侍に、

「丹後へつかはしける人は参りにたりや。」と言ひ入れて、局の前を過ぎられけるを、
小式部内侍、御簾よりなかば出でて、直衣(なほし)の袖をひかへて、

大江山いくのの道の遠ければ
まだふみもみず天橋立

とよみかけけり。
思はずにあさましくて、「こはいかに。」とばかり言ひて、返しにも及ばず、
袖をひきはなちて逃げられにけり。
小式部内侍、これより歌よみの世おぼえ出で来にけり。

閲覧数:
101,860
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xqh********さん

2010/4/1122:30:46

和泉式部が、藤原保昌の妻として(夫の任地である)丹後に(都から)下っていた頃、都で歌合があった時に、
(和泉式部の娘の)小式部内侍が、歌を詠む人に選ばれて、歌を詠むことになったのを、中納言定頼がふざけて小式部内侍に、
「(お母様のいらっしゃる)丹後へ使わした人はやってきましたか(つまり、代わりにお母様に詠んでもらった歌は、あなたの元に届きましたか)」と言い捨てて、(小式部内侍のいる)局の前を通り過ぎたのを、
小式部内侍が、御簾から半ば出てきて、(定頼の)直衣の袖を押さえて、

大江山や生野(といった、母のいる丹後)までの道は遠いので、
まだ「踏み」というように、天橋立も踏んでみたこともありませんし、
母からの「文(ふみ・手紙)」も見ておりません。
(母に代作などしてもらわなくても、私は自分で歌を作れますよ。)

と詠みかかった。
(定頼は)思わぬことに驚きあわてて「これはどういうことだ」とばかり言って、(小式部内侍の詠んだ歌に)返し歌を詠うこともできす、(小式部内侍に押さえられた)袖を引っ張って、お逃げになった。
小式部内侍は、この一件以来、歌詠みの世界で、評判を得ることになった。

質問した人からのコメント

2010/4/16 23:26:44

降参 ありがとうございます!助かりました。

「大江山 現代語訳」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる