ここから本文です

胡蝶蘭の根?のようなものは、植え替え時に一緒に入れればよいのでしょうか?

sir********さん

2010/4/1314:08:48

胡蝶蘭の根?のようなものは、植え替え時に一緒に入れればよいのでしょうか?

先日胡蝶蘭を頂きました。
大きめのプラスチックの鉢に、ビニールポットで3株分詰めてありました。
あまり水苔の状態が良くないので、素焼きの鉢に植え替えようかと思うのですが、その際にビニールポットの外へ出てしまっている根の様なものは、どうすればよいのでしょうか?

触った感じは、中になにも入っていないようなスカスカした感じのものや、中がやや堅くても枯れているような触感に感じます。

今まで蘭を育てたことはあっても、ことごとく枯れてしまっています。
どなたか胡蝶蘭を育てている方で、アドバイスをよろしくお願い致します。

補足皆様、さっそくのご返答ありがとうございます。
アドバイスを参考に、植え替えはもう少し後回しにしてみようと思います。
そうなると、しばらくはビニールポットでのお世話になるのですが、水やりは「白っぽく乾いたら」とありますが、上(株元付近の水苔)が乾いていたらあげるのでしょうか?
それともビニールポットの底の穴から触ってみて、中が完全に乾いていたらあげればいいのでしょうか?
重ねての質問で申し訳ありません…。

胡蝶蘭,水苔,ビニールポット,バーク,素焼き,プラスチック,植替え

閲覧数:
30,216
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kak********さん

編集あり2010/4/1811:23:35

siruko_kuroさん、こんばんわ。
胡蝶蘭を植替えるとの事ですが、現在花が咲いてますのでおすすめ出来ません。
今実施すると、今咲いている花が終わってしまうと思いますし、花茎が付いた
ままでは株の負担も大きく成り、下葉も落としてしまうと思います。
実施されるなら、花茎を株元から2〜3節程度上がった辺りで切り取っていただ
き、花は花瓶で楽しんで頂いて下さい。
○胡蝶蘭の植替えのタイミングに付いて○
5〜6月に成ると株元(葉のつけね)から新根が一斉に出始めます。この時がベスト
なタイミングです。ランの根は特殊な性質を持っており、根の触れた物によって
根の性質を変えます。水苔なら水苔に合った、バークならバークに合う様に性質
を変えます。しかしこの事は成長している根であって、成長してしまった根は途中
に変わる事が出来ません。空中に飛び出した根を無理に植込むと腐ってしまうの
はそう云った事からなのです。つまり植替えは新根が株元から出かけた時に実施
すれば一番失敗が少ないのです。また、同じ材料で植替えするのがベストです。
○植替えに付いて○
「ビニールポットで3株分詰めてありました。」胡蝶蘭生産農家では水の回数や
管理の手間、生産コストの面でこう云った栽培をします。(流石プロです)
私も胡蝶蘭の栽培を30年ほどしていますが、やはりラン用素焼鉢に水苔が良い
と思います。出来ましたら水苔は国産かニュージーランド産がやはり成績が良い
様に思います。また鉢も最近ホームセンターで販売しているラン用の鉢は肉厚が
厚く焼きも硬いのであまりおすすめしません。
「素焼き鉢洋ラン用 三河素焼鉢」で検索してみて下さい。
ランの根は大きく芯根と根皮に分かれます。古く成ってボソボソの根はカット
しますが黒くなっていてもシッカリした硬い根は処分せずに植込みます。
(水苔は事前に湿らせてふっくらさせて準備しておく)
鉢の大きさは写真から考えますと2,5号か大きくても3号程度かと思います。
根と根の間に水苔を抱かせて回りに水苔を回し一気に植込みます。
硬さの片寄りがあれば上から水苔を足さず、一度指かヘラの様な物で横へ寄せて
空間の出来た所へ水苔を足すと云った感じでお願いします。株を持ち上げると
鉢が抜ける様では植込みが弱いです。
また、水苔は硬く植えると乾き易く、柔らかく植えると乾燥しにくく成ります。
○植込み後○
植替え後10日程度は水を控え発根をうながし養生させます、直射日光は避けて
明るい場所で管理します。その後は水を与え始めますが、肥料等は1ヶ月経過後
として下さい。水苔の水の与え方ですが、胡蝶蘭は硬くしぼったオシボリ程度
の湿り気が基本です。白っぽく乾いたら与えましょう。(冬季はやや控え目)
なお、肥料は生育期に週に一回程度、濃度は3000倍以上に薄めた液肥で十分。
http://homepage3.nifty.com/joga/how-to-grow/Phal.html
こちらも参考にして下さい。以上、参考に成れば良いのですが。
●PS●
前述の様に硬くしぼったオシボリ程度の湿り気を好みます。
胡蝶蘭はシンビやデンドロ、カトレアの様に水や栄養を蓄える器官を持っては
居りません。その為空中湿度が、胡蝶蘭栽培には不可欠です。
(原産地は滝等のシブキで霧の発生する地域の、木の幹や枝に着生しています)
なお、水苔はバーク等とは異なり、水の含み具合はほぼ均等です。表面が乾い
て来たら水を与えて下さい。ビニールポット植えだと乾きが悪い(鉢から蒸発を
しませんから)ので10日以上しないと表面が白っぽくならないかも知れません。
ラン栽培は根を作る事が一番です。
「完全に乾いてから」=は返って水不足で株が弱ります、葉にシワがよったり
柔らかく成る様だと根腐れか水不足のいずれかで赤信号ですよ。

siruko_kuroさん、こんばんわ。...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

too********さん

編集あり2010/4/1409:44:17

明らかに鉢の外へ出ようとしている根は、空気を求めて出てきている根です。
無理矢理鉢に入れても根腐れするだけなので、切って構いません(写真の株は一度鉢に入っているようなので切らない方がいいかも)。

根が生きているか死んでいるかの確認は見た目で分かります。シワシワ(抜け殻みたい)になっている物、ドス黒くなっている物は死んでいるので切ってください。
丸々としていて、薄い緑色(白っぽい)をしているものは生きています。死んでいる根も途中まで生きているようでしたら、死んでいる所だけ切って残してください。

植え替えですが、バーク(木のチップ)で植えてあるみたいですので、一度古いバークを落としてからプラ鉢に新しいバークで植え替えてください。
素焼き鉢に植える場合はミズゴケで植えてください(バークだと乾燥し過ぎてしまいます)。
プラ鉢、素焼き鉢のどちらにも言えることなのですが、あまり大きな鉢に植えないでください。かならず根腐れします。
「根がおさまるかな?」ってぐらいの鉢がいいです(ポットと同じか1まわり大きいくらいがいいです)。

みずやりですが、株の上からバシャーっと水をやりたくなりますが、中心部分に水がたまると腐りやすくなります(特に夏の午前中のみずやり)。
なるべく株元にかけてるのいいですが、葉に水をかけるのも細胞を活性化させるので重要な事です。
もし上からあげる場合は、貯まった水をティッシュ等で吸い取るか、夕方あげてください。

後、直射日光も避けてください。葉焼けを起こします。
屋外でそだてる方が空気が動いていいので、遮光ネットをかけるといいと思います。
(下のサイトは遮光ネットを使ってないみたいです;)
http://yasashi.info/hu_00014g.htm

来年も咲くといいですね(^^)


補足
表面と中は乾燥の具合が違います。
おっしゃるように、鉢底の穴から指を入れてみて乾燥していたら水をあげてください。
バークで植えてあるようなので分かりにくいかもしれませんが、周りと比べて黒っぽい感じだったらまだ湿っています。
後、バークは乾燥すると水を吸いにくいので、しっかり水をあげてくださいね(^^)
胡蝶蘭は普通の家庭だとミズゴケの方が管理しやすいかもしれませんね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる