ここから本文です

アミノ酸系シャンプーの安全性について。ラウロイルメチルアラニンやココイルグル...

ote********さん

2010/4/2209:55:38

アミノ酸系シャンプーの安全性について。ラウロイルメチルアラニンやココイルグルタミン酸は、脂肪族アミン類で亜硝酸 と反応すると発ガン性の高いニトロソアミンになると聞きました。

これは主に、食品添加物の亜硝酸と食品中のアミノ酸が胃の中で反応して胃がんの原因になりうるということらしいのですが、アミノ酸系シャンプーを使って、髪や頭皮・全身の肌、等にラウロイルメチルアラニンやココイルグルタミン酸などの脂肪族アミン類が付着したとき、亜硝酸と反応する可能性ってありますか?亜硝酸は、食品添加物以外にどんなものに含まれていますか?肌で反応する可能性として、シャンプー・リンス・トリートメント・整髪剤・石鹸・入浴剤・化粧水等の基礎化粧品、もしくは水道管を通ってくる水、空気中、衣服の洗剤・・・等々で、亜硝酸(かそれに類するもの)が含まれている可能性ってありますか?
シャンプーはできるだけ無添加のもので、肌にやさしいものにしようと思い、石鹸シャンプーより、自然派のアミノ酸系シャンプーを使いたいと思っているのですが、この、亜硝酸との反応での発がん性が、気になっています。
どなたか詳しい方がおられましたら、教えて頂けると助かります。
よろしくお願いいたします。

補足書き込みが不正確だったのですが、
ラウロイルメチルアラニンNa、ラウロイルグルタミン酸TEA、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルグルタミン酸K、等の、脂肪族アミン類が、亜硝酸と反応すると、発癌性物質(ニトロソ化合物)になる、と聞きました。
(化学的な反応で、たぶん胃の中の強酸性条件下に限らず起こる反応なのだと思います)

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
11,569
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

har********さん

編集あり2010/4/2219:25:49

反応するのは胃の中ということは、
強酸性条件でなければ反応しにくいということですし、
お湯と他の成分が多量にありますので、
シャンプーとして使用している間にニトロソアミンが発生しても
ごくごくごくごく少量で何の問題もないレベルかと。

それ以前の問題として、
ラウロイルメチルアラニンやココイルグルタミン酸がニトロソアミンには
反応しないんじゃないかと・・・

また、別な話として、
野菜由来の亜硝酸は食品添加物で摂取する量の
数十~数百倍ですので、亜硝酸を気にするだけ無駄ってもんです。
あと、大気汚染の指標にも使われていますので、大気中にも存在します。
ということで、気にするだけ無駄のレベルです。

ついでに。
アミノ酸系シャンプーが自然派と書かれていますが、
どこが「自然」なのか、私には全く理解できません。
精製ヤシ油とグルタミン酸の反応物を精製したもの。
TEA(トリエタノールアミン)なんか、化学物質そのものですし。


補足について。
ニトロソアミンが発生するのは二級アミンとの反応に限定されます。
脂肪族アミンが全て反応するわけではありません。

で、化学反応というのは周りの条件に思いっきり左右されます。
酸条件化で100とすれば、通常の水では0.000・・・しか起きないとかもあります。
これを「反応した」とみるか「反応しない」と見るか。

脂肪族アミンなんってどこにでも腐るほどあって、
亜硝酸もどこにでも腐るほどあります。
常温で反応するのであれば、ほとんどの植物が
多量のニトロソアミンそのものを持つことになりますよ。

質問した人からのコメント

2010/4/29 19:49:47

お二方とも、詳しく教えて下さり、ありがとうございました。
勉強になりました。
正しい選択をするには化学的な知識をもっとつける必要性を自分に感じました。
成分と、肌に合うかどうかを試して、自分に合った物を見つけていきたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

shi********さん

2010/4/2412:40:34

本当に無知な人が多いですね^^;


メーカー、ブランドで判断すると間違います。
成分での判断がよろしいかと思います。
市販されているシャンプーの主成分はABS系(おもに、アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム)の合成洗剤で、肌の油分や汚れを根こそぎ除去できます。それにより、禿ることができます。
成分に、"ラウリル"や"ラウリス"、"ラウレス"、"SLS"と表示があるものです。(石鹸シャンプー以外はすべてこれで、洗濯機に入れる洗剤や食器を洗う洗剤と洗浄成分はまったく同じですが、これが一般人にはわからないように名前がいくつもあります)

それに対して、石鹸シャンプーは主成分がセッケンですから、肌には悪くはないですね。


おすすめとしては、一番安いものがいいでしょう。(変な成分とかが入っていない)


石鹸は洗浄能力的に見ても十分だといえます。(合成洗剤の洗浄作用は異常なほど高く、また、泡立ちが良すぎます)
ただし、セッケンにはなれるまでに1カ月ほどかかりますがその後はサラサラになります。

ただし、これを実行するかどうかはあなた次第。
まあ、普通ならしないでしょうね^^;


http://www.shima.mctv.ne.jp/~berry55/hair/sls.htm
毒性は言うまでもなく、70mg以上口に入れるor皮膚から吸収されると非常に危険と横浜市HPに記載があります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる