クライシスコアFF7のエンディングを見たのですが、シスネはその後どうなったのですか?

クライシスコアFF7のエンディングを見たのですが、シスネはその後どうなったのですか? 終わった頃はもうFF7のストーリーが始まるすぐ直前ですよね。 なのにタークスのメンバーはシスネの代わりにイリーナに代わってます。 なぜですか? どのような事があったのでしょうか?

ファイナルファンタジー56,960閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

4人が共感しています

ベストアンサー

8

「ビフォア・クライシスFF7」の内容ですね。 ザックス死亡~クラウドがアバランチ入りするまでの数日間で、タークス総動員によるBCのラスボス戦があります。 それまでに色々あって全員が神羅の命令にそむいて行動することになり、神羅側からも追われることになります。そこでルーファウスが偽装工作を行い、ラスボスとの戦いでシスネを含む11名(プレイヤーキャラ)が「殉職」したことにします。ここでルーファウスに助けられた経緯から、タークスとルーファウスは信頼関係を築きます。シスネたちは記録上では死んだことになっているので、表舞台から姿を消します。 しかし、本編でもあった魔晄炉爆破事件にて、救助活動をする現タークスたちに加勢するため、全員が駆けつけていたことが判明します。あの瞬間、新旧タークスが勢ぞろいしていたわけです。 その後タークスは人員不足となり(ツォン、レノ、ルードの3人だけ)、これがきっかけでイリーナの加入が決まります。イリーナはBCのストーリー中でタークスと交流があり、さらにプレイヤーキャラ「短銃(女)」の妹であったこともあり、目をつけられていました。 BCではシスネはプレイヤーキャラの1人というだけなので、シスネ個人について掘り下げるエピソードは一切ありません。

8人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。僕も「ビフォア・クライシス」やってみようかな

お礼日時:2010/5/3 18:31