ここから本文です

新潮文庫の本の背表紙に小さなぶどうのような絵がついてますが、これはどういう...

abc********さん

2010/5/1407:50:46

新潮文庫の本の背表紙に小さなぶどうのような絵がついてますが、これはどういう意味があるのでしょうか。
なんだか気になります(><)

閲覧数:
3,570
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mushroulleさん

編集あり2010/5/1410:14:49

新潮文庫のシンボルマークですね。
かなり昔の『本の雑誌』の文庫の特集号のコラムによると、
「豊穣な実り、つまり内容の豊かさを象徴したもので、
ぶどうの文様がシルクロード文化によく見られたことから、
文化の交流と発展のイメージをも表しています。」とのこと。

1950年登場。デザインは山名文夫さん。
カバーには、(あれは背表紙ではなく)裏表紙にありますね。
カバーを外した本表紙、裏表紙、奥付と、
中の扉とでは、葡萄に少し違いがあります。
SLマークには葉がない葡萄としては不完全な形ので、
葉のある普通の葡萄をセットでデザインしたとのこと。
その辺りは『ほぼ日刊イトイ新聞』の特集、
『新潮文庫のささやかな秘密』で読めます。

http://www.1101.com/shincho/05-04-04.html

質問した人からのコメント

2010/5/14 16:49:28

成功 なるほどー!!
お二方どうもありがとうございました!!m(__)m

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2010/5/1409:40:17

新潮文庫のぶどうのマークは2種類あります。本の表紙についているマークが正式なもので「SLマーク」と呼ばれています。本扉についているマークは正式なマークのおまけみたいなものだと思ってください。正式な「SLマーク」の意味は、ぶどうの上の蔦がローマ字のS,Lをかたどっています。これは「Shinchou Library」の頭文字、つまり新潮文庫の頭文字ですね。(おまけのぶどうマークは正式なぶどうマークとセットでデザインしただけなんだとか)長々と下手な説明でごめんなさい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる