ここから本文です

猫がガンで余命3ヶ月です。治療はどうしたらいいでしょうか。

murakaminamioさん

2010/5/1415:10:45

猫がガンで余命3ヶ月です。治療はどうしたらいいでしょうか。

もちろん治してあげたいです。
ですが医師の対応などにとても納得がいきません。

うちには現在3匹猫がいます。
捨猫だったが子猫を産んで、もう15年ちかく飼ってます。
その中の1匹に3月のおわりくらいに首の片側にしこりがあるのを発見、
すぐに動物病院へ行きました。
位置と年齢を考えるとガンだと思ったからです。
できるだけ早く治療を始めてあげたかったので!
医師にそう伝え、診察してもらうと医師も同意見だといっていました。

以下、今までの治療の流れです。

◇細胞診のため、しこりの組織を採取。専門機関へ検査を依頼。
結果がでるまで(1週間ほど)に服用する薬を処方される。(ステロイド剤)
処方薬のおかげか3日目くらいからしこりが劇的に小さくなる。
(なくなっていはいない)
◇『検査できず』と結果がくる。検体が検査できる状態でなかった。
再度組織を採取、検査を依頼。
もう一度処方薬が出され、服用させるもしこりはなくならず。
大きさも戻りはじめる。
今のうちに切除できないかと聞くと、悪性の場合なら切りましょうと返答される。
(悪性の結果が出る頃にまた大きくなって切除できなかったらどうするのか、と
30分ほど問答後、その日は帰宅)
◇『悪性ではない』と結果がくる。薬は処方されなかった。
しこりの大きさは元に戻っている。悪性でないなら何なのかと質問するも、
わからない、とにかく様子を見てください。といわれる。
◇4月末くらいに、肩にもしこりがあるのを発見。首のしこりは元よりも大きい。
5/8にもう一度病院へ。肩の検査と切除手術の予定を組んでもらう。
◇『悪性である』と結果が出る。
何もしなかったらあと3ヶ月くらいだと、手術よりも抗がん剤治療を。
といわれる。手術をする気は無いようだった。

たしかに、しこりは既にかなり大きくなっているので、
切るなら薬で小さくしてからのほうがいいと思います。
しかし若くないですし、抗がん剤治療に耐えられると思えません。

どうかご意見お願いいたします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
17,600
回答数:
9
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaorico35さん

2010/5/1422:29:35

辛いご心情、お察し致します。

ウチでも、2年ほど前、同じような状況で最愛のかけがえのナイ、パートナーを亡くしました。
片っぱしから医学書を調べ、医師に聞くも・・・の繰り返し。転院させておけば良かった、と、立ち上がるコトも出来ない状態になった彼女を見た時に、後悔しました。

十数日、落ち着かない病院のゲージのなかで、点滴。次第に意識が無くなるコトが増え、でも、薬での吐き気で無意識に起き上がり、掠れた声で啼く。
あまりに辛そうで。
皆様が仰るよう、友人からも「本人が辛いダケだろうし、延命治療はしない」と云われ。
散々悩みましたが、出来得る限りのどんな治療でもしてみよう、と。わたしは決めました。
辛いから殺して欲しい、なんて思うのは、人間だから、だし。もしかしたら、もしかしたら、があるかも知れないから。
結局は、わたしのエゴだったんだと思います。ああすれば良かったとか、後悔したく無かったから。
最期いよいよもう、という時に、わたしが抱いて。息を引き取りました。
せめて世界一落ち着く自分の家で、穏やかに、と思いましたが、間に合わなくて。
あの時、やれるコトはやったハズなのに、未だにホントに他に治療法は無かったのか?とか転院させなかったコトを後悔するばかりです。

がんの専門医のところへ転院させた方がイイと思います(インターネットで相談だけでも)。
年齢的に手術も抗がん剤治療もカナリの負担になる、と思いますので。

ガンバってください。
少しでも長く、一緒に居られますように。

質問した人からのコメント

2010/5/21 14:04:21

皆様ご回答ありがとうございました。
家族とも話し合いましたがしこりが喉全体を覆い呼吸がつらそうでしたので、結局抗がん剤治療を選択することにしました。
今ではしこりがだいぶ小さくなっています。転院も考えましたが、通院するには距離があり、こわがりのこのコには辛いだろうと断念しました。

BAはkaorico35さんに決めさせていただきます。

できうる限り一緒に過ごしていこうと思います。
本当にありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2010/5/1704:42:47

かけがえのないネコさんの余命宣告、お辛かったことでしょう。

昨年、先月と、一人っ子のわが子と仲良く育ったウサギ、リクガメを
家族で看取ったこと、また、現在はネコが二匹がおりますので
お力になればと思い、参りました。

最初に、質問者さまが納得しかねていらっしゃる医師の診断ですが
セカンドオピニオンを取られてはいかがでしょう。

『参考まで→ペットのがん治療を研究するピュアペッツ』
http://www.purevets.com/

上記サイトで、セカンドオピニオンを求めるにあたって
必要な情報を聞くことができるといいですね。

納得のいく説明とアドバイスをもらえましたら
貴方やご家族と、積極的治療で(苦痛は強い)完治を目指すか
延命治療に苦痛緩和、のどちらを選択するかを話し合いましょう。

以前、冊子『ねこのきもち』を購読していた折、
慢性腎不全の高齢ネコさんが、ドクターの往診を受け
点滴をしている記事があった記憶があります。

医療費が高額になりそうですが(想像の域で、スミマセン)
通院や入院をせずに、投薬や補液を受けられる点では
ネコさんの精神的負担が一番軽そうなですよね。

涙を流して、悩んで、悩んで出した答え、それが貴方にとっても、
ネコさんにとっても最善ではないでしょうか。

くれぐれも、飼い主さんのお体を大切になさって下さいね。
お大事に。

fortygriffonさん

2010/5/1514:13:36

抗がん剤治療に耐えられると思えないなら、手術はもっと耐えられないのでは?麻酔をかければ血圧だって下がるし、高齢なら各臓器の負担も大きいですよ。悪性なら転移の可能性も高いし、手術しても抗がん剤治療は必要になると思います。肺に転移していれば手術は適用外ですし。
それに治療は猫にとってストレスが大きいと思います。なんとかしてあげたい気持ちはわかりますが、精神的苦痛を与えてまで治療することが必ずしも猫のためになるとは思えません。それなら余生を心穏やかに過ごせるように努めてあげるのもありだと思います。

morizyosiさん

2010/5/1500:13:36

余命3ヵ月・・・。
私だったら大泣きして何もできませんが、人の意見を集め、精一杯に猫ちゃんのことをかんがえてらっしゃるんですね!尊敬します!
生き物というのは、余命の間なんとか治そう治そう、と考えるより残りの時間をどう過ごそうか考えるほうが余命ものび、治らないといわれた病気も治ることがあるそうです。
ですから、ここは治療をやめ、残りの時間をどう過ごすかを考えてあげてください。
しかし、これは私の意見です。治療を続けるのなら、病院をかえて信頼できる医師を探してはいかがでしょうか。とにかく、今の医師は信用できません・・・。
そして、余命はともかく、ここまで生きてくれてありがとう、そう言ってあげてください・・・。

sa_yawildcatさん

2010/5/1422:28:53

納得が行かなければ他の病院はどうでしょうか?
動物は喋る事が出来ないので、飼い主のあなたが納得するしかないのです。
ウチの猫もガンで亡くなりましたが18歳でした。
引っ越して来たばかりでしたが、怖いんですがとても良い先生に最後に診て頂いて、良かったです。後悔はありません。
大切な猫ちゃんです。
後悔がする事のない様祈っています。

2010/5/1420:19:35

お辛いことですね。
積極的な治療をするのがいいのかどうか、質問者様以外の者がなかなか判断できることではありません。
でも、延命的な治療はしなくても、苦痛はとってあげられないでしょうか?
猫さんは安心して飼い主さんと過ごせますし、苦痛がなくなれば食事がとれたり、全体的に元気になる可能性もあります。人間の癌の治療でも、痛みのケアは重要ですよね。

猫には九つの命がある、という言葉を先程引用したばかりでした。
猫さんのご快復お祈りしております。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。