ここから本文です

火星若しくは金星への移住について 人は火星若しくは金星への移住を考えている...

火星若しくは金星への移住について

人は火星若しくは金星への移住を考えているという事を聞いた事があります。

下記URLの一番最後にある文章を見ると金星の方が移住するにはいいような・・・。?
皆さんはどう思われますか。

http://www2.plala.or.jp/kamkamkam/gimon6/gimon66/256.htm

補足今日打ち上げられた『あかつき』・・・どういう金星の新たな情報を齎してくれるのでしょうか。
金星に着くのが6ヵ月後との事ですがやはりそこに住むという事は出来ないのでしょうか。
でも10億年位すればかなり住める様になるかも・・・。

閲覧数:
859
回答数:
6
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pan********さん

2010/5/1510:56:09

どっちにしてもテラフォーミングするのに1000年はかかりますね。
火星ならドーム都市とか作れば多分棲めるのでそちらの方が
楽だと思います。

金星の気温じゃドーム都市もきついでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

too********さん

2010/5/2121:13:53

十億ね~ん!?あと、8万年ぐらいで地球が砂漠化、大陸の統合、河岸面積が減少するというのに!遅すぎる!
あ~。あと、前回ベストアンサーに選んでくれてありがとうございました。
toooooooki=中1なのであまり重く受け止めないでください・・・。

lun********さん

編集あり2010/5/1806:32:34

金星の地表は高温高圧で人間は住めないとされています。住めるとすれば適温適圧の上空50キロまたは気圧はないに等しいものの適温の170~180キロくらいの空中です。飛行船などを持ち込まないと無理なため空中基地となり、地球ですらまだ十分できていない方法ですのでかなり困難といえます。この点火星は地上付近に何とか住めますので火星の方が手っ取り早いことになりますが、帰りの燃料を考えると戻りに太陽帆が使える金星の方がやはり良いように思えます。熱が多く得られるに越したことはありません。

金星の地表は高温高圧で人間は住めないとされています。住めるとすれば適温適圧の上空50キロまたは気圧はないに等しいも...

mn9********さん

編集あり2010/5/2122:41:14

確かに金星には二酸化炭素も大量にあって一工夫すれば地球と似たような環境になりますが、金星は太陽系第二惑星です。
地球は第三惑星。太陽との距離も金星の方が近いです。それに大気圧も非常に高く90気圧もあります。(地球では水深900mに相当)なので着陸する前にロケットが壊れてしまいます。気温も平均400℃で鉄を放り投げると数分で溶けてしまいます。
しかも金星は地球より火山活動が活発で至る所に溶岩がドロドロしています。
火星なら空気は薄いですが宇宙服を着ていれば立つことが出来ます。コロニーなどの施設の中ならショッピングセンターの中にいるような物です。
なので移住するなら金星より火星に移住する方がいいです。


追加
金星と火星以外にも月があります。
金星はその後でしょぅ。
でも上の人の言うとおりで砂漠化してたり宇宙戦艦ヤマトに出てくる地球みたいに成っちゃってると思いますけど。

大前六郎さん

2010/5/1609:51:44

もうすぐ、金星への移住もするようになります。


みなさん は、火星と金星、そして実際に住めるように再構成された小惑星のひとつである、‘惑 星パークス’に移住することになっています。

いったん、地球の星系国家が形となれば、みなさんは新しく、三つの居住可能な惑星に住む、幸せな住人になることができるでしょう。これらは、火星、金星、そしてパックスと呼ばれる再構築された惑星です。100万年前の闇のアンカラ同盟による攻撃によって、金星は、海洋と大気を失いました。同じ傷を負う事態が、火星にも起こりました。まもなく、この傷は癒されることになっています。そして、いったん、それらの星が人の住む場所としての準備を十分に整えたならば、みなさんの現在の人口の80%以上は、これら三つの世界へと移行されることになっています。

♯627さん

編集あり2010/5/2210:15:11

火星の方が住みやすく、テラフォーミングもし易いようですよ。
ご存知だと思いますが、火星の大気は95%が二酸化炭素です。しかし大気自体が薄すぎるため熱の大部分は宇宙に逃げてしまいます。これを改善するため、温室効果ガスを撒いて火星で温暖化を進行させたり、藻類や微生物の性質を利用して酸素を作りつつ太陽光を吸収する等の方法が考えられています。
要するに大気の状態を地球と似たような状態に変えればいいのですから、予算と時間があれば現在考えられている方法でいけると思います。
それでもとりあえず居住可能になるまで最短でも100年以上かかりますけどね。

金星は高圧高温な上、地表には濃硫酸の雨が降っているため、地表に住むには厳しすぎです。
大気は火星と同じく大部分が二酸化炭素ですが、人体に極めて有害なほど高濃度な上、分厚すぎるため太陽熱が宇宙に逃げていかないので、観測上地表面の温度が404℃を下回ったことはありません。
なので火星とは逆に、フローティング・シティ案(金星大気では酸素と窒素は浮くので、この混合気体で満たしたドームを大気中に浮かせて居住区とする)や居住空間を高度50㎞~100㎞付近(この付近は地球の表面と似た環境のため)に建造する、大気上層部に藻類を繁殖させ二酸化炭素濃度を下げる、金星大気を隕石などで吹っ飛ばす(これを数百~数千回繰り返す)等の構想があります。
こちらは1000年~10,000年という、今考える必要があるのかと言うほど長い年月がかかると考えられています。

いずれにせよテラフォーミングの目的を、火星は人類移住用、金星は資源採掘用と考えてしまえば良いと思います。

補足をうけて<

10億年も必要ありません、今の技術で1,000~10,000年と考えられています。技術は日々進歩していますからまともに取り組めばもっと早いかと思われます。
10億年あれば、人類は金星どころか外宇宙に進出してますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる