ここから本文です

ソフトテニス 自主練習

kan********さん

2010/5/1620:07:31

ソフトテニス 自主練習

ソフトテニスで1番手になるため、強くなるために
どういう自主練をすればいいですか?
皆よりも飛躍的に伸びるような自主練習法はないですか?
ちなみに近くにテニスコートはありません。
あと、部員はほとんどの人がやる気がなくて自主練に誘っても、
「めんどくさい」で済んでしまうと思うので、1人でできるのをお願いします。
僕は、そんな人たちの中でも1番手になれないのです。正直情けないです。
そんな部員たちを見返したいのです。
ちなみに今は、暇な部活のない日に家の壁で壁打ちしてるぐらいです。
せまいので、ファーストサーブの練習ぐらいしかできません。
素振りや、筋トレ、走り込みなどは、一切していません。
中2、男、右利き、握力右24左21、身長150~155cm、体重40kg程度。

補足相手の打ってきたボールにすぐに反応するための自主練とかないですか?
僕は、自分がボールへの反応が遅れていることに悩んでいます。
シュートボールもあまり強く返せません。ビビってしまったり、
深いところに落とされたりすると、反応できなくて後ろに下がって
打てずに自分の足元にきたボールを打とうとして空振ったりしてしまいます。
どうすると改善できますか?皆さんは、どうやって対処していますか?

閲覧数:
33,552
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bea********さん

編集あり2010/5/1819:05:39

中3前衛男子です。
前衛か後衛か書いてないので、話の流れ的に後衛という前提で回答させていただきますね。

まず、時間に余裕があるのであれば、素振りと筋トレは毎日するのが望ましいです。
特に素振りは上手い人の素振りを真似しなければ意味がありません。
なぜならば、質問者さんの素振りをみたことが無いのでフォームの上手い下手は分かりませんが、仮によくない素振りであったとしたら、その素振りがそのまま見についてしまい、上手くなるどこか下手になってしまいます。
なので、youtubeの天皇杯で中堀さんのような上手い方の素振りを見て、そのまま真似をするような形で素振りをしてみてください。
毎日フォア・バックを100回ずつやるとよいかと思います。
量は自分のペースに合わせてやってみてください。

筋トレですが、質問者さんは握力が右が24㎏のようですので握力を鍛えたほうがよいのではと思います。
握力は、ハンドグリップという握力を鍛える道具があるのですが、それを使って鍛えるとよいですよ。
最初は軽いものでやって、だんだん強くしていくのがベストです。
初めからきついものでやっても、効果はほとんどないので、地道にやっていきましょう。
サーブは背筋も使うので背筋も鍛えるとよいですよ。
ちなみに、筋トレをやり始めて1ヶ月を過ぎたころから効果が表れてくるので、初めは本当に効果があるのか疑うかもしれませんが、焦らずやってみてくださいね。

自主練も大切なのですが、天皇杯の上手い人たちの試合を見るのも勉強です。
youtubeには多くの動画がありますので、それを見て勉強してみてください。

あと、前衛なので後衛の詳しいことは分からないのですが、基本ラリー中の構える位置はベースラインよりも少し下がったところのようです。
深い球だなと思ったら少し下がって、自分のベストポジションで打つように心がけて練習してみてください。

ボールへの反応が遅れるということですが、目力を鍛えるという方法があります。
目力を鍛えることによって、鍛えてない人に比べてボールが見やすくなるようです。
目力の鍛え方は、まず部屋の壁の四隅の角をどこでもいいので見つけてください。
そして首を動かさず、目だけでその四隅の角を1秒間隔で時計回りに見ていきます。
これを繰り返すと目力が鍛えられます。
これも地道に繰り返すしかありません。

長くなりましたが以上です。がんばってください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sno********さん

2010/5/1623:41:50

やはりスポーツですから、ゲームの裏技のようにこれをやればクリア!みたいな裏技はないと思います。
基本的な走りこみや筋トレをせずに一足飛びはまず無理です。
もし本当に見返したいと思うなら、やらないより何でもやった方がよいです。
個人的にはまず走りこみは絶対に必要だと思います。

補足でシュートボールを強く返せないとありますが、強くしなやかにボールを打つためにはやはり『下半身の強化』が
かなり必要になってくると思います。
細かったり、小さかったりする選手でもいいシュートボールを打つ選手はたくさんいます。
そういう人たちは皆、腰の回転が良かったり、腰の安定感が非常に良いです。
そういう足腰を作るにはやはり走りこみや、スクワット難かをやるといいと思います。
どうしても体力的に無理であればせめて練習のとき人より腰を落として構えるといいと思います。
ボールを打つ時は低い姿勢からボールの真横を思いっきりひっぱたく感じで。
打つときに体重移動を忘れずに。
体重移動ができていないとボールに自分の勢いが乗らず、打ち負けてしまいます。
いい体重移動をするためにはしっかり方を入れて腰の回転を使った打つことです。
インパクトがしっかりしていれば体重が乗った状態なら絶対に打ち負けることはありませんよ。

もし誰かに協力が頼めるなら(お父さんやお母さんでもOK)一度打っている姿をビデオに収めてもらいましょう。
自分の打ち方が思った通りに打てていないことが客観的にわかるはずです。
ここが変、と思った所を少しずつ修正していけばいい打ち方になってゆくと思います。

良いフォームが身につけば打ち負けることはなくなりますから、びびってしまうこともなくなりますし
なにより相手も打ち込めなくなりますよ。

あとは良いイメージを頭の中に入れること。
ビデオや本などでいいフォームやコースのイメージトレーニングもしましょう。

頑張ってください。

har********さん

編集あり2010/5/1623:24:54

主に補足に関してお話しします。

ボールへの反応
これは、身体的な反応と予測です。
前者は、構え、瞬発力、体力。後者は観察力、経験、セオリー等知識。
全体的には集中力です。

いずれも基本的なものはすこし調べればわかるでしょう。
反応への自主練は、壁打ち、下半身の筋トレ、走り込み、反復横飛び、縄跳び、リアクションボール等いろいろあるでしょうが、どれも単調なため、方法よりも続けるかどうかの方が大事です。明らかな間違いならばともかく、それらに優劣はなかなかつけられません。もし、めんどくさくなったら、その中でも『比較的』めんどくさくないものを。続ける工夫も必要かな。
極端な話、たった一つのことでもずっと続けている方が有利ですし、複数出来るのであればやはり強みですね。

予測においては、普段のゲーム形式、ゲーム、練習試合・大会時の行動、いずれも本当に大事にしましょう。
Youtube等の動画もやはり良いです。たとえば毎日30分位は観れますか?
ただ観たり分析したりもよいですが、自分がそのプレーヤーになった気分で頭の中で同じタイミングで動くこともイメージする。オフザボールの動きも忘れないで。集中していれば時に体もビクっとなるかもしれません。
それが習慣になると、布団に入って寝付くまで頭の中にプレーが浮かぶようになります。中学で全国行った子は、ちらっとビデオの途中の場面を観ただけで、『この後あっち行って、こっち来て、それから○○で決まる』とか言えてましたよ。

ちょっとだけコツを・・・。
普段から結構考える人であれば、イメージで捉える時間を増やしたほうがよいでしょう。逆にあまり頭で考えずに何でも感覚でやっちゃう(できちゃう)人は本を読む時間を増やせばよいでしょう。
勿論、両方できればよいのはわかりますね。

shi********さん

2010/5/1622:18:08

補足についてですが、
全て反応できないということでよいのでしょうか?
私も以前その悩みを抱えていました。
私はその時、できるだけ壁の近くに立って壁打ちをしました。
そうしたら、ラリーのときでも
しっかり反応することができました。

あと「シュートボールもあまり強く返せません」
と、ありますが
強く返す必要はありませんよ

確かに、強く返してやろう!
とゆう意識は誰にでもありますが

なんといっても、コースが大事ですね。


長くなってすみません、、、。

がんばってくださいね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる