イングランドとウェールズ、スコットランド、アイルランドはいまだに仲が悪いのですか? イングランドがウェールズ、スコットランド、アイルランドの3国に一番嫌われているのは本当ですか?

イングランドとウェールズ、スコットランド、アイルランドはいまだに仲が悪いのですか? イングランドがウェールズ、スコットランド、アイルランドの3国に一番嫌われているのは本当ですか?

海外14,568閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

2人が共感しています

ベストアンサー

9

非常に仲悪いです。 特にイングランドとスコットランドはひどいですね。スコットランドは英国からの独立も考えているようですし… 4国ともそれぞれに自国のアイデンティティを持っていますから、歴史上支配者的立場にあるイングランドへの反発も大きいものがあります。 スコットランドと北アイルランドは今も独自紙幣を発行し、また自治議会もあって、中央の議会から権限を委譲されているところも多いのですけどね。 2012年のロンドンオリンピックについて、サッカーの英国代表を結成する交渉も、イングランド以外の3国のサッカー協会が反対し、結局はイングランド協会が単独で「英国代表」チームを構成することになる模様です。 ウェールズは比較的早くにイングランドに併合されていますが、それでもイングランドに対する反発は大きいものがあります。 日本では「English」という言葉で「英国人」を表すことが多いですが、この言葉をスコットランド人に使ってしまう(例えば「Are you English?」と質問する)と「I'm Scottish!!!」と、えらい剣幕で返されてしまいます。あちらでは「English」はイングランド人のみを差す言葉ですから。 結論 イングランドとウェールズ、スコットランド、アイルランドは決して仲がいいというわけではありません。 イングランドがウェールズ、スコットランド、アイルランドの3国に一番嫌われているのは本当です。

9人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

最後まで悩んだ結果、chelsea_wldさんをベストアンサーにさせていただきました。 saint_brigitteさんも非常に参考になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2010/5/24 13:37

その他の回答(2件)

3

本当です。 これはもう歴史的なものです。 だからといって、経済活動の行き来の激しい現代では、憎しみは無意味なもので、彼らの気持ちの問題だと思います。 貧しさのために、現在でもイングランドに移り住んでいるアイルランド人が大勢いるのもその一例です。 しかし、彼らのアイデンティティは、「イングランド人」ではなく、あくまでも「アイルランド人」なり、「スコットランド人」「ウェールズ人」であることには変わりありませんので、現地の人と会話をする時にはその辺を気を付けるに越したことはありません。 ただし、イングランド人になり切って高慢になっている「スコットランド人」「ウェールズ人」「アイルランド人」もいます。 仲が悪くなるほどのヒドい歴史を知るには、以下の映画を観ることをお勧めします。 「ブレイブハート」(対スコットランド) メル・ギブソン、ソフィー・マルソー主演 「マイケル・コリンズ」(対アイルランド) リーアム・ニーソン、ジュリア・ロバーツ主演

3人がナイス!しています

0

仲が悪いのも嫌われているのも事実ですが、なんだかんだいって、喧嘩しても問題ない分野で激しくいがみ合って、そうでない分野では硬く結束しています。その辺のニュアンスは外国人にはわかりかねるものがありますので深入りしないほうがよろしいです。