ここから本文です

よく自己啓発本を見ると、 『望むことをイメージすると、そのイメージが現実...

ata********さん

2010/5/2622:56:16

よく自己啓発本を見ると、

『望むことをイメージすると、そのイメージが現実になる。イメージしなさい』

と書いてありますが、私の場合、イメージしたことは起こらず、むしろ遠ざかり、
望みを忘れた頃や、諦めたときにその望みが叶ったり近づいてくることが多いです。

ノートに自分の望みを書いたりしても、それを覚えてる時には叶いませんが、だいぶ時間が経って諦めたり忘れたときに叶います。
なのであとから見たら叶ってたりします。


これはなぜなんでしょうか?個人差でしょうか?何かわけがあるのでしょうか?
私のようなタイプの人、他にいますか?

補足例えば、コンサートのチケットを取る時に、取れて喜んでるイメージをしてるうちはなぜかとれませんが、
「こんなんむりに決まってるやろ」て否定的になってるときは、アッサリ取れたりします。
引き寄せの法則とはまったく逆です..

閲覧数:
127
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

roc********さん

編集あり2010/5/2623:36:16

あなたの言っていることは、偶然のタイミングの話です!
では、あなたが将来アメリカ合衆国の大統領になるとイメージしてください!
果たしてあなたがその思いを忘れた頃にアメリカ合衆国の大統領になっているでしょうか?
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
真意は自分がなりたい状況に近付ける為の目標と計画、それをやり遂げるための課題を立て、着実にやり遂げれば自分が望んだ近いものになれるということです!

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる