海草テンビンとデルナー天秤の違いを教えてください。

海草テンビンとデルナー天秤の違いを教えてください。 こんにちは! 最近、投げ釣り用天秤は色々なメーカーから多種のシリーズが出ていますよね。 いつも、投げ釣りではジェット天秤とデルナー天秤、ビンビン天秤を愛用していますが、長年釣りをしていて思いつくことがありました。それは、「何故、海草テンビンとデルナー天秤は形は似ているのに、どのような天秤に対する働きをしてくれているのかな~?」との事でした。 海草テンビンとデルナー天秤の違いとは、どのような働きと動作があるのでしょうか? 詳しい方、教えてください。

釣り3,082閲覧

ベストアンサー

1

海草もデルナーも同じL型天秤なので基本的な作用は同じです。 デルナーは飛行安定性が良く向かい風や横風でブレることなく飛びますし アームが若干硬く感度が良く絡みにくいです、 海草と比べ着水音が若干大きいです。 どちらかというと、遠投向きでしょうね。 海草天秤は着水音が小さく魚を散らさないといわれています また、アームが柔らかめで魚の食い込みが良く渋っているときなんかは有効です 若干、風に弱くデルナーに比べると少し絡みやすいです さほど遠投を必要としない遠浅海岸で有効ですね。

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

1

まずパッと見で形が違う事はわかりますね。 デルナーのほうは太くなっていますが前後は絞りこまれた形になっていて、あの形は飛翔中の空気抵抗が少ないんだそうです。 つまり良く飛ぶオモリだという事ですね。 また海底に着いた時の接地面積が小さいんだそうで、キス釣りなどで海底をサビいてくる時に軽い力で引けるようになっています。

1人がナイス!しています