ここから本文です

こんな私に合う、おすすめの小説を教えてください!

kin********さん

2010/6/309:36:36

こんな私に合う、おすすめの小説を教えてください!

こんにちわ。

私は大学生の女なのですが、小説が大好きです。


基本、気に入った作家さんの本を全部読んでいくタイプで


江國 香織さん、唯川恵さん、吉本ばななさん、恩田陸さん
森 絵都さん、の本はほとんどぜんぶ読みました(*^ω^*)

推理小説だと、東野圭吾さんの本を何冊か読みました。

どれもとてもよかったです!


そこで、そろそろまた別の作家さんを見つけて読みあさろうと
思っているのですが、なかなかピンとくる作家さんに出会いません。

上にあげた作家さんの中では江國 香織さんが一番好きで
あのゆるやかに流れる独特の空気がたまりません!
でも東野圭吾さんのような推理小説も、大好きです。


あと、薦められて読んでみたんですが
山田詠美さん、伊坂 幸太郎さん、村上春樹さんの本は、私の頭が悪く
あまり肌にあわないというか…、途中で読むのをやめてしまいました。

(もちろん非難しているわけではありません!皆様、素敵な小説家さんだと思います)


その他、ベストセラーになった本などはチラチラ読んでいるのですが
上に述べた作家さんのような、何冊も代表作のある方を見つけたいです。
(わがまま申し訳ありません><)


こんな私に誰かおすすめの小説家の方を教えていただけないでしょうか。

できたら作家さんの名前と、その中でも最初に読んだらいい本(イチ押し)
をセットで教えていただけたら嬉しいです。


最後に、私は本は読むのですが頭があまりよくないです…(笑)
太宰治さんの「斜陽」が1ページ目の段階でさっぱりわからないくらいのアホです。

なので、そこまで難しくない、できたら現代の物語がいいです。
(現実とかファンタジーとかにこだわりはないので、ジャンルは何でもいいです)


色々わがまま並べてすみません。よかったらご意見お願いいたします!

補足皆様、たくさんご回答どうもありがとうございます!

「告白」を先日読んでみました。おもしろかったです。
色々「えーっ><」てなる部分は多かったですが…

こうして見ると、有川浩さんがおすすめ!って方が
けっこういらっしゃりますね♪一冊だけ昔読みました。
「阪急電車」、ほのぼのしててとってもよかったです。

もう少しだけ待って、ベストアンサー決めます♪
どのご回答もとっても参考になります。ありがとうございます。

閲覧数:
923
回答数:
11
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hs1********さん

2010/6/310:29:37

代表作が何冊もあるような作家さん・・・といえば、まず最初に浮かぶのは 宮部みゆき ですね。
その中のオススメ作品をいくつか挙げます。

①『R.P.G』
殺人事件の関係者への事情聴取 という形で話が進みます。ほぼ全編が取調室での刑事と関係者とのやりとり、という異色のスタイルですが、宮部作品特有の、 一気に読者を作品世界に引き込む という文章力で、文字通り一気に読めます。他の代表作『クロスファイヤ』『模倣犯』で活躍した刑事たちも登場する、“スピンオフ”的な匂いも・・・・。
②『クロスファイヤ』
文庫上下巻の長編。“念力発火能力”という特殊能力をもって生まれたが故に苦悩する女性の、闘いの物語であり、上等のミステリでもある。
“特殊能力”とは言っても、宮部みゆきが描くと、SFとかファンタジーとかの匂いは全くなく、リアリティ満点で現実味をもって読み進められるのが不思議。
③『長い長い殺人』
財布の視点で語られる異色ミステリ。“財布の視点?”可笑しいでしょ?でも、宮部みゆきが描くと、全く違和感なく読めるのです。
④『火車』
知人の依頼で、失踪した女性を探すことになった中年の刑事・・・。調べを進めるうちに、女性の闇が浮き彫りにされて・・・・・。直木賞候補に挙がりながらも直前で落選。けれど、各界の関係者が「『火車』こそ受賞にふさわしい」と残念がったといわれる作品。自分の中では、宮部みゆきの最高傑作はこれです。「このミステリーがすごい!」の20年間での第1位を獲得。
⑤『龍は眠る』
これも、特殊能力ものです(笑)少年の苦闘と、巻き込まれてしまった事件の謎とのバランスが絶妙。宮部みゆきが描くと、“特殊能力”という設定でもしらけることなくリアルに読み進められるのが◎(しつこいかな・・・)
⑥『模倣犯』
文庫で全5巻の長編。でも、間違いなく宮部さんの代表作の一つです。①~⑤のいずれかを読んで、宮部作品が肌に合わなくなければ、挑戦してみてください。
※ちなみに、②③④⑥は映画化、⑤も2時間ドラマ化されてますね。



代表作がたくさん、というわけではないけれど(デビューしてからそれほど長くないため、作品数自体がそれほど多くない)
まちがいなく面白い作家 誉田哲也 さんの作品をいくつか挙げます。
①『ストロベリーナイト』
29歳の女性警部補の活躍を描いた警察小説。組織内での“女のくせに”という目にも負けず、バリバリと仕事をこなす主人公が、たまらなく格好よいです。連続猟奇殺人事件を追う、メインのストーリーは、やはり作者の筆力のたまものでしょうか、読み始めたらやめられない“引き込む力”を持っています。
②『ジウⅠ』~『ジウⅢ』
警視庁特殊犯捜査係【SIT】に属する若き女性刑事2名が主人公。①もそうですが、若い女性刑事が主人公とは言えども、キャピキャピした感じはまったく無く、綿密に練られたストーリーと、一気に読者を引き込む文章力で、夢中になって読んでしまいます。
③『ソウルケイジ』
『ストロベリーナイト』の続編。(続編は、もうあと2冊ありますが、文庫化されてないので未読です)
④『アクセス』
ホラー小説。今中高生とかに人気のある山田悠介(『親指さがし』『リアル鬼ごっこ』)とかより数十倍面白いはず。
⑤『春を嫌いになった理由』
ちょっと前にやってた「TVのチカラ」っていう生放送失踪人探しの番組、知ってます・・・?あの番組のような番組の制作スタッフが、ある二つの事件の謎に迫ります。
⑥『武士道シックスティーン』
2名の天才剣道少女の青春を描きます。(『・・・セブンティーン』『・・・エイティーン』と続きますが、やはり文庫化されてないので未読) ※北乃きい主演で映画化されてます。
※誉田哲也さんは、この先間違いなく、宮部みゆき や 東野圭吾 、 伊坂幸太郎 さんたちのようなメジャー作 家になると思います。そして、その時には、ここで挙げた①②⑥などは、きっと彼の代表昨になるかと思います。


長くなってしまったので、他に、お勧めの作家さんと、その代表作のタイトルだけを、いくつか挙げます。
ここで挙げる作家さんは、作品数もかなり多いので、もし気に入れば “基本、気に入った作家さんの本を全部読んでいくタイプ” の人を、けっこう長い間楽しませてくれると思いますよ。

【佐藤多佳子】
①『しゃべれどもしゃべれども』②『サマータイム』③『神様がくれた指』 ※①は映画化

【石田衣良】
①『池袋ウェストゲートパーク』②『4TEEN』(直木賞受賞作)③『スローグッドバイ』④『エンジェル』 ※①連ドラ化

【乃南アサ】
①『しゃぼんだま』②『6月19日の花嫁』③『凍える牙』(直木賞受賞作) ※②は映画化、③は2時間ドラマ化

【横山秀夫】
①『クライマーズハイ』②『半落ち』③『臨場』
※①は映画化、②は映画化も2時間ドラマ化も両方 ③は、連ドラ化(昨年放送、好評だったらしく、今年続編)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

h01********さん

2010/6/1012:06:48

島本理生さんです。
作品によっては森絵都さんと空気感は似ているかなぁと思ったりもします。
細かな感情描写には、ついつい入り込んでしまう逸品です。
特に好きなのは『ナラタージュ』です

dad********さん

2010/6/623:58:40

でてないところで・・・たぶんあなたにおすすめでしょう。

6時間後に君は死ぬ・・・・高野和明
この小説は以下の6編からなる短編小説です。

・6時間後に君は死ぬ
・時の魔法使い
・恋をしていけない日
・ドールハウスのダンサー
・3時間後に僕は死ぬ
・エピローグ 未来の日記帳

未来が予知できる青年と女性ヒロインのドラマです。

文庫の裏には、
6時間後の死を予言された美緒。他人の未来が見えるという青年・圭史の
言葉は真実なのか。美緒は半信半疑のまま殺人者を探し出そうとするが・・
刻一刻と迫る運命の瞬間。
血も凍るサスペンスから心温まるファンタジーまで、稀代の・・・

最初はサスペンス後はファンタジーです。
全部読み終わった後の余韻はいいですよ。それと男の主役はかわりませんが
女性のヒロインは、ほぼかわってくるし年代も20代前半なので
何か共鳴する部分もあるんじゃないかと思います。

この方は「13階段」で江戸川乱歩賞受賞し宮部みゆきさんからも賞賛
されてましたが、この本のほうがテンポが早いし、読みやすいですね。
困った時の江戸川受賞作家で手に取った本です。

あとは東野作品が読めるなら今話題の「告白」・・・湊かなえ も
一気に読めるでしょう。余韻は爽快じゃないけど、この方化ける
ような気がするね。

以上~です。

sio********さん

2010/6/621:11:35

高二男子です

僕が好きな作家さんをとりあえず、、
・森博嗣さん
・上橋菜穂子さん
・有川浩さん
です

森博嗣さんは、これぞミステリー!というような作家さんです
「すべてがFになる」は圧巻の一言です
現役の大学の先生というだけあって雰囲気のある書き方ですね(多少難解な部分もありますが、、、)
推理小説なら絶対おススメです
ちなみに森さんの作品の一つである「スカイ・クロラ」は映画化もされています

上橋菜穂子さんは作品が何作もNHKでアニメ化されている方です
「獣の奏者」もその一つですがアニメを観たのであっても原作をすべて読むことをお勧めします
アニメよりはるかに壮大な物語です
ファンタジーは苦手という方でも引き込まれてしまう世界観のある傑作ですね
僕を読書の楽しさに気づかせてくれた作家さんでもあります

有川浩さんの「図書館シリーズ」は言わずと知れた名作ですね
登場人物がとても個性的で魅力にあふれているのがこの作家さんの特徴だと思います
シリアスも恋愛もコミカルな要素もすべて詰まった作風だと思います
今のところこの作家さんの作品はすべて感動的な面白さです


長々と書きましたが個人的に上橋菜穂子さんの「獣の奏者」が一番好きです

どの作品ももぜひ読んでみてください

bgn********さん

2010/6/620:07:08

綾辻ゆきとさんの○○の殺人が好きです。。。
一見堅苦しそうですが意外とあっさりと読めるところが好きですw
太宰治さんは確かに意味不です。
ぜーんぜんわかりません(>_<)
その点綾辻ゆきとさんは文章もちゃんとしてるが、
読みやすい!!!
後、怖い系が好きなので、、
貴志祐介の本もいいと思います。。

alw********さん

2010/6/619:15:56

好きな作家さん、肌に合わない作家さんで挙げられた中で、それぞれに私にとって当てはまる作家さんが何人かいらっしゃったので、フィーリングが合ってるかもしれないので回答してみますね(*^o^*)


瀬尾まいこさん、重松きよしさんの小説はいかがでしょうか。
特に重松きよしさんの本はよく読んでおります。読みやすく、胸に迫ってくる文章です。現代人の表現がとても素晴らしいです。私にとっては特に「ビタミンF」は傑作です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる