ここから本文です

天下りの誤解 今まで私は天下りについて、定年まで各省庁で勤めた後に天下って...

sup********さん

2010/6/422:11:05

天下りの誤解

今まで私は天下りについて、定年まで各省庁で勤めた後に天下っているのかと思っていました。

だから、天下りなんて少しの法改正で、簡単に廃止出来ると思っていました。
ただ実状は違って、キャリア官僚は終身雇用では無いらしい。最後に残るのは事務次官の一人のみ………。
で、途中で辞める人の為に多くの受け入れ先が漫然と用意されてると……

これは天下りの問題を指摘するより、この人事システムを見直さなければどう叫んだって無理だし、官僚も気の毒。

テレビでは天下り天下りと非難する報道は多いけど、丁寧にこの問題を放送して無い気がします。

私の報道感受能力が低いと言えばその通りなんですが、私同様『天下りは悪い!!』と愚痴って、実状を知らない人も多いのでは??

報道や政治家は、なんでこの人事システムの問題点をもっと丁寧に国民に知らせないのでしょう?

閲覧数:
355
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

quw********さん

2010/6/422:31:51

テレビは無責任なだけだと思いますよ。
細かいこと説明しても一般人はわからないですから、
難しくしたって視聴率は取れないですから、普天間迷走とか漢字が読めないだとか
ニュースとは言っても本当に低レベルです。

天下りって言ってもどれだけの人がやっているのかは知らないけど、
有能な人だったらその職に就くのは当然だし、
専門性が高ければ仕方ない。民間なら出向は普通にやっている。
問題なのは楽して大金を稼いでいる人がいるってことですね。
そういう公益法人らの経営体質がいけないわけで、
つまりは問題の解決には馬鹿な経営実態にメスを入れなければなりません。
一番は赤字体質を補填する郵貯や簡保資金を断ち切ることだと思いますが。

民主党の解決案は天下り禁止と公益法人の公務員化です。
つまり天下りという行為を天下りでなくす方法ですね。
私は膨大な予算が必要になると思うのですが、
真面目にそれをやるつもりなのか疑問です。

自民党の案は天下りの斡旋と批判されていましたが、
つまりは天下りを許可する権限を政治家に持ってくるという案。
そして天下りというより実質的な左遷、解任が出来るようになるわけですね。
民主党案はある意味左遷禁止でもあります。

人事権や給与を決める権利も内閣人事局に行く予定でしたが、
民主党はそういうことはしないみたいです。
国家公務員法改正案ではその辺のことがすっぽりと抜けてしまっているようで、
民主党の支持基盤に公務員の労組がいるっていうので
納得しました。

自民党が上に述べた法案に皆賛成しているわけじゃないし、
真面目に取り組んでいたのは全体の半分くらいだったと思います。

民主党は公務員関係の政策には本当にあきれるくらい適当で骨抜きです。
民主にも良い考えもっていそうな人はいますけどね。
少なくとも前の首相や今度の首相じゃ駄目です。
本当に天下り、公務員問題を解決したいなら党単位でなく政治家単位で
考えなければなかなか実現は難しいと思いますよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ait********さん

2010/6/501:01:57

実際のところ、天下り=悪ではなく、天下り企業と癒着が発生し、不公平な利益関係が生じている事が悪であって、
その原因に、「天下り」や「渡り」が確立してしまっている事が挙げられているのですよ。

これを「天下りの問題」と表現している事から、質問者様のように勘違いをしている方もおられると思います。

ただ、テレビのニュースにしろ新聞にしろ、時間制限や文字数の制限がありますので、
毎回詳しく表現する事はできません。
興味がある案件については、情報を受け取る側が詳しく調べる必要があると思います。

xyz********さん

2010/6/500:25:53

最後に残るのは1人らしいって居ればいいだけ、法律で決まってるわけでもないです。腐れ官僚に同情しいろんな天下り先を作ってきた結果が今の日本です。出世争いに負けたからってヒラでも残ればいいだけ。

sha********さん

2010/6/423:35:58

そのようなことは、テレビ新聞で耳にたこが出来るほど聞きました。
毎度テレビでも詳しく説明していますよ。
官僚の中でもトップクラスの人たち、国の財政事情もよく知っている彼らが、天下りで何度も大金を手にするのは、
確信犯の大ドロボウです。

kao********さん

2010/6/422:57:14

一般企業では昇進レースからそれても生活のために定年まで職務を全うするのは至極当然のことですが、ことキャリア公務員だとそうもいかないようです。人事の新陳代謝がされなくなったり、モチベーションが激堕ちして、組織として機能しなくなる恐れがあるそうな。まだ昭和の高度成長時代は、それぞれの省庁で培った経験や知識を発揮して企業でバリバリ働いた人も多かっそうですが、それは昔の話。今じゃ受け入れ先が少ないのに、天下り制度だけが残ってしまいまた。時代とともに人材の活かし方を考えないといけないということですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる