ここから本文です

相手が車、私が自転車の交通事故対応について

mot********さん

2010/6/523:56:11

相手が車、私が自転車の交通事故対応について

昨日朝の出勤時に、私が自転車でセンターラインのある道路の交差点を直線で通過中(一時停止なし)、相手の車は一時停止の有る十字路左側から左折して、私の自転車のリアに当たり、自転車が転倒しました。

自転車の速度は20km程度かと思います。
私の走行していた道は、車道左側で歩道も有り、見通しのより交差点です。
相手は一時停止せずに見えました。

警察、救急を呼び、病院での診察の結果、左手親指の骨折、ほか打撲でした。
未だ警察での調書作成はしていません。来週に連絡があるとのこと。

自転車は、8万くらいで去年購入したものです。

1、過失割合としてはどうなるでしょうか?
過失割合が有るとすると、人身、物損ともに、その分は自費になるのでしょうか?

相手の任意保険あり、私は自転車の保険は無しです。

家庭賠償保険に加入しています。また自分の車の保険で人身傷害保険には入っていますがこれは関係するものですか?
通勤中の事故なので労災としたほうがいいですか?
未だ出勤してないので労災の話は会社に聞けていません。

3、病院の支払いを初回から相手保険会社払いとしてしまいましたが、これで良いのでしょうか?
相手保険会社払いとは、私が病院で一時支払いしていないという意味です。

話がまとまってなくすいませんが、今回の場合どのように対応して行けばよいでしょうか。

補足追加させて頂きます。
自分の任意保険で人身傷害を申請した場合は、自動車保険の等級は上がりますか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
297
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

abc********さん

編集あり2010/6/621:48:10

宮尾さんの過失の話は相変わらずいい加減で呆れてしまいます。何とかならないものでしょうか…。

宮尾さんの考えで行くと、「優先道路を走行する自転車と脇道から出てきた車の過失割合」も【0:100】になってしまいます。
自動車同士だと【10:90】となっており、そこから自転車だと考慮し、20%の修正をし【0:100】となると言うのでしょうか?『判例タイムズ』では、【車:車】、【自転車:車】とも【10:90】となっています。

おそらく、今回も【10:90】からスタートするものと思われます。


賠償責任保険の加入があれば、過失が発生しても、質問者さんが負担しなくてはならない相手への賠償に関しては保険会社からの支払いが可能です。

また、怪我に関しては自賠責保険の範囲内では100%補償されます。120万円を超えても、人身傷害が「搭乗中限定」になっていなければ支払いの対象となります。また、「人身傷害」は等級ノーカウントとなります。使っても等級に影響しません。

ただ、相手保険会社は、少なくとも自賠責の範囲内のうちは全額負担します。
質問者さんも、今のうちから、自分の保険会社に相談しておきましょう。




私の個人的な意見ですが…
自転車に関して最高に補償され損害額が8万円です。1割負担だとして8000円。過失が10変わったとして最高でも8000円の賠償金しか変わりません。

相手への賠償は「賠償責任保険」から支払われますので、質問者さんの負担はありません。
「人身傷害」の加入があれば、自賠責を突破しても自己負担はありません。

つまり、10%の過失を認めても、金銭的には自転車の損害の10%の違い(最高に見積もって8000円)しかありません。

私なら、保険会社に任せて治療に専念します。




宮尾さんのいい加減な回答を鵜呑みにするのか、交渉の労力の負担を減らし治療に専念するのかは質問者さん次第です。




お大事にしてください。

質問した人からのコメント

2010/6/8 23:31:19

自動車保険の人身傷害に連絡しました。労災も考慮します。
また、個人賠償責任保険は過失割合があれば示談代行を行うとのことでした。
回答を頂いた皆様、相談できたので気分も落ち着き、治療に専念出来ます。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jik********さん

2010/6/610:51:08

①ご説明の事故態様であれば、別冊判例タイムズ16「民事交通事故訴訟における過失相殺率の認定基準」159ページ、81を準用、基本過失割合は0:100となっています。

あなたの過失を前にして説明しています。

上記では、自動車対自動車で、基本過失割合を20:80としています。
あなたは自転車ですから、車種修正により-20%が減算されます。
他に、加算修正の要素もなく、本件事故の過失割合は0:100、あなたに過失は認められません。

②左手親指の骨折であれば、後遺障害も予想されるところです。
労災保険、通勤災害の適用としてください。

0:100ですから、人身傷害保険の出番は、現時点ではありません。
人身傷害保険に請求しても、ノーカウントで、保険料の値上げはありません。
家庭賠償保険=個人賠償責任保険は、車との交通事故に適用できません。

③それで問題ありません。
通院事案では、治療先が自由診療を希望していますから、相手保険の任意一括はやむを得ないことです。

以上です。

交通事故110番 宮尾 一郎

mut********さん

2010/6/601:28:48

1. 自転車と車の事故ですから質問者様に過失が有る可能性が有ります
基本的に過失は物損・人身とも同じです

ただし、人身は自賠責保険が有りますので自賠責枠(120万円)以内であれば
過失相殺されず自賠認定額が支払われます

2. 家庭賠償保険=個人賠償責任保険と思われますので、質問者様に過失が有り
相手に賠償責任が発生した場合填補されます(示談代行付きの場合も有ります)

自動車保険で人身傷害に入っていて事故内容に対応出来れば相手賠償額と
(自賠責保険を越えて過失相殺された場合でも)人身賠償計算額と比べ
人身賠償が高い場合は差額が支払われます

上記は使用しても等級・保険料に関係しません

通勤途上であれば労災請求が可能ですが、治療費が少ない場合とか
4日以上休業しないか、有休使用の場合であれば無理に使用する必要は
有りません(使う場合は第三者行為の届けが必要です)

3. ケガの状態によりますが治療費、慰謝料、休業損害等の損害額が
自賠責内で有れば任意一括対応のままで問題有りません
上記の通り人身傷害が有れば自賠を越えて過失相殺されても差額が補填されます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる