ここから本文です

決断を迷ってます。 唐突で申し訳ありませんが、教えてください。 主人は56...

v03********さん

2010/6/601:04:39

決断を迷ってます。
唐突で申し訳ありませんが、教えてください。

主人は56才、今年、膀胱癌の告知をうけ、内視鏡の手術を4月にうけ、一か月もたたない間に、また手術となり、県立のがんセンターに変え、受診

内視鏡の再度の手術の結果、浸透性が高い、最悪の全摘出を先生から言われ、他に治療法がないもかと、調べました。
俳優の菅原ぶんたさんは筑波大学の赤座先生にとらなくても治りますと、温存?療法で回復し幸運だったと
芸能人だから特別扱いではありませんよね?私は妻として、家計の苦しさは覚悟で主人の受けてもらいたいと望んでます。
私の住まいから、5時間をかけ筑波に行き診てもらえるでしょうか?また成功率、生存率、保険の適応、不安ばかりです。
助けたい、膀胱をとりたくない、毎晩、眠れぬ夜を過ごしてます。10日までに決断をしなければ.....
お願いいたします。

閲覧数:
1,172
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nam********さん

2010/6/601:42:07

国立大学法人筑波大学附属病院も 国立がんセンターの 同じがん診療連携拠点病院です。

がん診療連携拠点病院とは 国立がんセンターの標準治療法にのっとり 同じ診断・治療方法を

取っているのです。

ですから いまの県立のがんセンターと同じ 診断・治療方法になると思います。

また成功率、生存率、保険の適応は 今の主治医と病院にご相談なさるのがよろしいです。

ご主人の 幸運を願っています。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ran********さん

2010/6/606:46:30

http://www.gsic.jp/cancer/cc_23/index.html
このURLは読んだことがありますか?。

少なくとも膀胱温存術に関する部分は四国がんセンターの医師が書いておられますのでプリントアウトして適応か無いかどうかなどを聞いてみるだけでも聞いてみてはどうでしょうか。

確かに生きるために体の機能の一部を犠牲にせざるを得ないことは多くあります。
しかし、出来るだけ調べて「やるだけやった」と考えて受けるのとでは納得できるかどうかの部分で、術後のQOLも違ってくるでしょう。

しかし、最悪、摘出となった場合は勇気をもって受けざるを得ません。
落ち着いて冷静に治療にあたられることが必要ですよ。

ご主人に適応があって温存できるといいですね。

aya********さん

編集あり2010/6/601:23:29

膀胱癌と言うことですが、程度によります。癌センターの医師は信頼性は高いです。癌センターの医師の指示に従ったらどうでしょうか?少しずつちょこちょこつつくよりも一回の手術ですむなら再発のリスクの低い方法を選んだらどうでしょうか。人口肛門だって付けている人はいますし社会復帰しています。私の夫なら癌センターで手術をします。人口膀胱の方が癌の再発や手術の心配から解放されると思えます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる