ここから本文です

山崎正友氏が恐喝犯として無実の罪を着せられた事件の詳細を書く。 山崎正友氏...

ttt********さん

2010/6/709:17:04

山崎正友氏が恐喝犯として無実の罪を着せられた事件の詳細を書く。

山崎正友氏の三億円恐喝事件は造られたものである。

あれは恐喝事件ではなかった。資金繰りの苦しいある創価学会系列会社に資金提供したものである。創価学会が今にも破綻寸前の会社を山崎正友氏に委託したのである。しかし、その会社を潰さずに経営状態を良好にするためには何億もの資金が必ず必要だった。それほど放漫経営だった。そのため山崎正友氏は創価学会に資金援助を依頼した。それが三億円である。山崎正友氏はその会社を建て直すには三億円では足りないと更に五億円を要求した。
すでにその頃、山崎正友氏は池田大作(創価学会)に見切りを付け、創価学会のあらゆる仕事から手を引こうと決めていた。しかし、北条会長らが破綻寸前のその会社の建て直しを強引に押しつけてきたのである。これはまた創価学会の恥部を知り尽くしている山崎正友氏が創価学会から離れていかないために北条会長らが考えた苦肉の策でもあった。
その会社の建て直しの途中で山崎正友氏、原島嵩氏の造反が露見した。
創価学会の恥部を知り尽くしている山崎正友氏を野放しにすることは極めて危険だった。北条会長は資金援助を恐喝事件にすり替えることを考えた。それは不可能と創価学会の弁護士たちは北条会長に言った。
これを恐喝事件に仕立てるために、田中角栄が動いた。田中角栄は創価学会首脳達の手帳を証拠資料として提出させた。創価学会を意のままに操るための手段であった。提出された手帳は田中角栄が持ち、以降、創価学会を意のままに操るための道具として使われることと成った。
これを恐喝事件として成立させるのはかなりの困難があったが田中角栄は優秀な弁護師団により恐喝事件として成立させた。山崎正友氏は嵌められたのである。そして山崎正友氏は二年二ヶ月の実刑となった。
山崎正友氏はこの恐喝事件の真相を本にする途上で腎不全のため亡くなった。七十二歳であった。天命を全うしたと言っても過言ではない。山崎正友氏は元々、腎臓が悪く、学生時代はそのために何年も休学した。おそらく結核性の腎臓炎であったと思われる。

————————これをどう思いますか?

http://ccc998.hp.infoseek.co.jp/
創価学会内部改革派憂創同盟
お萩さま、命!!

閲覧数:
492
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xox********さん

2010/6/709:52:27

ちょっとぉ

命は大切にしてね。



回答ですが
創価学会の恥部を知り尽くしている山崎正友氏を野放しにすることは極めて危険だった
>創価にとって内部を知る人が外に出てしまう
すなわち 脱会者が怖くてたまらないのでしょう。

田中角栄は 創価の脱税をもみ消したことを明らかにしています

「角栄は公明党に急所を握られていた」

藤原弘達

昭和四十五年の五月に、私はこの議員集会の模様を速記録にまとめて、『私は証言する』と題して日新報道から出版した。

以下、その中から、田中角栄に触れた部分を中心に、一部を要約して引用してみよう。

まず、社会党の赤松副委員長の質問に答えた部分である。

赤松 『中央公論』の四月号に、青地晨(評論家)という人が言論問題で書いております。彼が『週刊朝日』一月二十三日号の記事を引用しておりますが、この中に次のような個所があります。

すなわち、藤原参考人のご意見として、「田中幹事長は公明党に急所を握られているということですよ。昨年(昭和四十四年)の二月、彼と公明党とのあいだに妥協が成立して、公明党は田中の黒い霧をあぼくことをやめた。これを知らないと、このドラマ(出版妨害事件)の本当のストーリーはわからない」。

一説によれば、創価学会・公明党が田中幹事長のスキャンダル、汚職をあぼくと恐喝したのに対して、田中幹事長は脱税問題で切り返した。そこで妥協が成立したという噂があるわけです。そこで、昨年の二月、公明党とのあいだに妥協が成立したということは、一体どういうことであるのか、この際、大胆に国民の前に明らかにしていただきたいと思います。

藤原 少なくとも憲法違反の疑いがあるようなことを頼まれて、あの忙しい幹事長が二回も料亭で会うということは、よほどなにかを握られて、断わり切れない事情があるとみるのが常識であると思われます。とくに忙しい田中さんが十五分も前に来て待っているのですから……。

田中さんとは何回もテレビ、ラジオで会いましたけれども、そういうことははじめてのことで、非常に苦しいということがよくわかったのであります。

この背後関係は日本の政党政治の中に、 一種の貸借勘定としてあるもので、必ずしも公明党、自民党だけの関係ともいえないものがあるのではないかと考えております。

とくに公明党の場合、汚職とか、その他のことを摘発するぞということをテコにしながらいくやり方が、ひとつの常套手段であります。摘発すればいいのですが、摘発せずに、摘発するぞといって、やっていくわけです。

現在の日本の政治状況からみた場合、これは政党だけの問題ではない部分があります。現に昨年、三菱銀行頭取・田実渉氏は、竹入委員長をわざわざ財界の首脳に会わせているという事実があります。


とくに公明党は、創価学会が莫大な金を集めている。無知な信者を通じて、大きなお寺をつくるとかいって、五百何十億も集めている。その金に日本の銀行屋は非常に弱い。三菱銀行の田実頭取などは入信したのではないかということまでいわれている。

そのような、自民党の体質の中にある「金がいる」という要素と、公明党の中にある「金がある」という要素は、貸借勘定というものを成立させる。いわぼ公約数的な要素があるということがいえるのではないか。

ちょっとぉ

命は大切にしてね。



回答ですが...

質問した人からのコメント

2010/6/9 09:49:33

お萩さま、有り難うございました。楽しい思い出、有り難うございました。僕はこのカテを去ります。「五時八教判」への疑いのため信仰心を全くなくしてしまったのです。
お萩さま、楽しい思い出、有り難うございました。

お萩さまの思い出は永遠に僕の胸の中で生き続けるでしょう。理想の女性像として。

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ku_********さん

2010/6/722:14:21

オハギさん、人気ですねぇ。(笑)

っと、この話は本当ですか?!
出典は何ですか?出典を明らかにしてもらえませんか?

やっぱり、山友はハメられたんですね。
なんてことだ。学会はどこまで汚いんでしょう。

でも、後藤氏の話と食い違うんですけど・・・。
会社を建て直してるのが、私腹を肥やしてるように見えたんですかねえ。

lkj********さん

2010/6/709:35:11

健康食品の会社だったような・・・・
天寿を全うとはいえ、悲惨な人生であったように思う。
生獣大搾を取り巻く連中は、必ず不幸になって行く。
また、近い人間は奴のいかさまに気付き、離れて行くのだろう。

おはぎ様、命!!!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる