ここから本文です

直葬・散骨の流れを教えてください。【長文】

eri********さん

2010/6/801:48:51

直葬・散骨の流れを教えてください。【長文】

母がお金のかかる葬儀や、「ダンナと同じ墓に入るのは嫌だ」と言っているので、いろいろ調べましたが、良く分からないところもあるので、詳しい方、教えてください。

通夜・告別式といったセレモニー的なことは一切排して、法律的にしなければならないことだけをして、あとは散骨をして、お金をかけない方法で調べていました。

私が調べた手順としては、死亡→死亡診断書をもらう→24時間以降に火葬→散骨という流れだと思うのですが、合っていますでしょうか?①


次に、その段階ごとの疑問として、

たとえばある朝起きていたら布団の上で息をしていなかったという場合は、救急車を呼んで、病院に行ってもらって、死亡確認をしてもらえばいいんですよね?②

あと、火葬をするのに許可証みたいなものが必要で、それを役所にもらいに行かないといけないと思うのですが、それはやはり役所の通常の利用時間に行かないといけないのでしょうか?結婚・離婚の届けみたいに24時間受け付けたりはしていないのでしょうか?でも、それが土日だったらどうするんでしょうか・・・。③

そして、火葬するまで預かってもらうところとして、大病院で保冷庫(だったかな?)があれば、交渉しておいてもらう。もしくは、葬儀屋に、葬式はしないけど遺体を預かってもらう。のどちらかがお金もそんなにかからないですよね?④

散骨についてですが、法律的には問題ないそうですが、役所に届け出ることが必要と書いてあるサイトもあり、不明なのですが、これはどうなのでしょうか?また、届け出が必要とすれば、それはどのタイミングで役所に言えばいいのでしょうか?⑤


以上、長文となりましたが、ぜひ教えてください。もちろん、全ての質問に回答いただけなくても、分かるところだけでも構いません。

父の葬儀のときには、一般に多くあるように、通夜・告別式・週一の読経・49日と、手間も費用もかかったため、私も母ももうんざりしており、こういうことを調べることとなりました。
これからは直葬が広まっていくようですね。

閲覧数:
5,608
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

doi********さん

編集あり2010/6/903:29:26

散骨の専門家ですので、専門の部分にだけお答えいたします。

最近は散骨の経験も知識もない人が、いろいろ誤解や自分に都合よいように
間違った説明をすることが多く、法制化と正しい散骨の葬送の方法の認知が待ち望まれます。

法律的注意事項

1)他人の私有地、散骨禁止条例のある地方自治体では不可。
2)表土に散布するのでなく、埋めることは不可。
3)墓として地方自治体に許可された土地であれば、植樹葬なども可。
4)海洋であれば可。ただしそれぞれの地方自治体の散骨禁止条例がある地方ではそれに準拠。
今現在では海での禁止条例はない。
5)遺骨の粉末化はしなくてよい。
6)散骨式は個人に敬意を払い節度を持って行えばよい。
7)散骨の届けは必要ない。

以上が散骨の法律的な側面から見たものです。
散骨は見得もしきたりもない葬送の方法ですが、海外でも一般的な葬送方法です。
仏陀のふるさとでもあるインドでもいまだに川葬として行われてきていますが、日本では、火葬しないと
当然散骨はできません。
宗教による教義ではキリスト教、仏教とも禁止されていません。
しかしお墓の販売などに影響が出るため、お寺により反対意見を唱える僧職の方はいるようです。
散骨の良い面はたくさんありますが、その中でも御式自体を故人の希望通りに出来るということがあります。
今までのお葬式のように、分からない、お経などで無く、何をして故人を送っているのか皆さんが分かりながら
お送りすることができるという面もあります。宗教と反することは全然有りませんが。

反対意見の方、誤解している方はたくさんいらっしゃるのは事実ですが、これも新しく導入された文化にはいつでもついてくる
ものだといえるでしょう。

結論としては、散骨を行うためには、その地方の地方条例を知っている、散骨業者に,どこの地域が可能かを聞いて
故人らしい独自の散骨式を行ってください。
一生忘れることの無い、素晴らしいお式を御創り下さい。

質問した人からのコメント

2010/6/13 16:31:51

降参 御三方共BAです!!
大変勉強になりました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nam********さん

編集あり2010/6/803:37:39

①②ある朝起きて,布団の上で息をしていなかったという場合には、あきらかに死亡している場合には救急車ではなく110番の警察です。救急車は遺体の搬送はしませんので仮に救急車を呼んでも救急隊が警察に連絡し救急車は引き上げます。
警察がきて検死調査が行われますので現状をそのままに触ってはいけません。もし、医師の診察後24時間以内に自宅でその病気で死亡した場合には、その診察をした医師が死亡診断書を作成します。また主治医がいれば、主治医の意見を警察が聞きますので連絡を入れます。
警察の調査で死因不明の場合、検視官による検視が行われたのち警察の嘱託医師による検案が行われ、場合によっては死因特定のための行政解剖がおこなわれます。この時点でお棺を用意しなければなので葬儀屋さんに連絡します。御遺体は行政解剖終了後に引き渡されます。
③死体検案書をもって市町村役場へ。24時間(夜間窓口あり)で受付(市によっては夜間は市内で1ヶ所となり支所や区役所では受け付けない市もあります)。
④自宅死だと病院では預かりません。また救急車で病院に運ばれても保冷保管霊安設備の無い病院もあります。葬儀社に預かり設備があれば葬儀社でも可能ですが、あとは自宅でドライアイス等で保管しかありません。
⑤陸上は私有地・国有地など公有地共に不可なのと散骨禁止条例のある自治体も有り、問題なく散骨可能な場所はありません。当然ですが遺骨の状態での散骨はできません。現在行われているのはほとんどが外洋での海上です。
過去に回答したものがあります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1340622353

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1241253012

hyh********さん

編集あり2010/6/806:07:00

①死亡→死亡診断書をもらう→24時間以降に火葬→散骨という流れだと思うのですが、合っていますでしょうか?
訂正
死亡→死亡診断書をもらう→自宅や遺体安置できる場所に遺体搬送→役所に診断書もっていき死亡届けを出す=火葬許可書をもらう→24時間経つ→火葬場まで搬送→火葬→散骨
②もし、係りつけの病院に通っていて一時帰宅など自宅に帰った朝、亡くなっていた場合=係りつけの医者を呼びます。
病院にも通っておらず、明らかに突然死した場合や自殺、殺人の疑いがある場合=警察を呼びます。
ちなみに明らかに病死の場合は、『死亡診断書』警察を呼んだ場合は『死体検案書』が発行されます。名前は違いますが死亡診断書と同じ意味のものですから、それを役所にもっていきます。
③役所が休みの日には、休日窓口が役所にあります。よってそこで届出ができます。また葬儀会社により代理で届出をしてくれます。代理で頼むにしろ、自分で行くにしろ『三文判、認印』が必要です。
④都市部の火葬場には冷凍保存安置場があります。東京23区では冷凍保存安置を頼むと1日3千円かかります。よって葬儀社によって金額も変わるでしょうから、前もっての確認が必要です。自宅に安置ならただですよね。ただし遺体保全の為のドライアイス代などはかかります
⑤届出の必要はありません。要するにお墓にすでに収めたお骨を散骨のために出す場合役所から『改葬許可書』をもらう必要があるだけです。
ちなみに、散骨は2パターンあります。①『代理散骨』②『自分(家族)の手での散骨』です。
①の場合、散骨の費用だけなら平均5万円です。
②の場合、平均20万弱です。
①と②どちらをするにしろ、自分でお骨をくだくと無料ですが、業者にお骨砕きを頼むと平均3万。そしてお骨の引渡しに引渡し料が発生します。安く済む①を選んだとしても約10万ほどはかかると思って下さい。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる