ここから本文です

稲作の肥料に詳しい方にお尋ねいたします。

ton********さん

2010/6/2612:27:05

稲作の肥料に詳しい方にお尋ねいたします。

稲作をやっています。
肥料は化学肥料を使っていますが、これが土に与える悪影響は無いのでしょうか。近くの水田では、鶏糞を使っている人もいます。
化学肥料と、有機肥料の夫々の長所、短所は何でしょうか。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,487
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pad********さん

2010/7/100:18:53

科学的にお答えすると、

肥料としては
有機肥料は化学肥料に勝るところは何一つ無いと言って良いと思います。
なぜなら有機肥料は化学肥料と比べ

・高価
・成分(量・割合)が一定しない
・肥効が一定しない
・供給が不安定
・不要成分が多い

からです。

ただし、有機肥料は有機資材としての効果もあるため、適度に施用するのは問題ありません。
有機資材の効用は土の緩衝能を高め、土をいわゆる肥えた状態にします。

これにより、肥料や水の過不足を緩和してくれます。また土壌病害虫が増えるのを抑えてくれることもあります。
しかし、この緩衝能のおかげで肥料や水の駆け引きが機動的に行いにくくなります。

ただし、有機肥料をやったからと言って有機資材(堆肥など)の代わりになるものではありません(量が全然違うため)

余談ですが
昔からの格言で〝八俵とるなら堆肥(有機資材)をいれよ、十俵とるなら堆肥は入れるな〟というのがあります。
数値は時代によって異なります。

これは、肥料などの駆け引きの下手な農家は堆肥を入れればそれが緩衝してくれるので少々の間違いなら緩和され収量が増えるが、
名人になると堆肥(有機資材)を入れるとその緩衝能で肥料の効きなどが思い通りにコントロールできなくなるからです。
ここに有機肥料となると、コントロールはほとんど効かないと言っても過言ではありません。

つまり、本当の名人が本気で収量や品質を追っかけた場合は極端に言えば肥料は化学肥料しか使いません。
これは米だけではなく果樹でも野菜でも花でもです。
園芸では土すらある意味邪魔なので隔離床にして必要最低限にしてしまいます。

質問した人からのコメント

2010/7/2 20:04:43

降参 大変勉強になりました。早速稲作に活かします。indokensumiさんのご回答も、大いに参考になりました。御二人に感謝申し上げます。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ind********さん

2010/6/2612:47:54

いろいろと言う人はいますが、
化学肥料自体が土を悪くすることは「無い」と言って良いと存じます。

使い過ぎて、川や湖を富栄養化させたり、地下水などの硝酸態窒素を増やすという問題はあります。
肥料の使い方によって、土が酸性化するということもありますが、これは土壌改良剤などで対応できます。
少ない量で、比較的安く、必要な栄養素を、すぐに良く効かせることができる、という意味で、化学肥料のメリットは大きいです。
化学肥料だけだと、土の中の微生物が貧弱になって、土が硬くなったりするので、
化学肥料中心の施肥をしている場合に、肥料としての効果を度外視しても、有機物を補給することの意味は大きいです。

肥料としての働きに限った場合の有機物は、
すぐに効かない、
値段が比較的高い、
沢山の量を与える必要がある、
栄養素のバランスが悪いことが多い、
など、沢山のデメリットがありますが、
土の中の微生物を養って、土を柔らかくし、
いろいろな微量要素を供給することになるので、
身近に使いやすい有機物がある場合に
それを利用するのは大変良いことだと思います。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる