ここから本文です

草刈機のチョークとはなんですか?他にエンジンかける際にポンポン押すボタン?や...

min********さん

2010/7/319:22:47

草刈機のチョークとはなんですか?他にエンジンかける際にポンポン押すボタン?やエンジンかけるまでの作業を教えて下さい。

閲覧数:
50,269
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dam********さん

2010/7/319:52:04

えっ!仕様書は付いていないのですか?

チョークは燃料を燃えやすくするために始動するときに使います。
始動時は「閉じる」
始動後は「開く」にします。

ぽんぽん押すボタンは燃料を燃焼室に送ります。
数回押せばOK。

後は始動ロープを引っ張るだけです。

近くに、草刈り機をお持ちの方にご相談ください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dor********さん

2010/7/919:01:48

ポンポン押すやつは、プライマリーポンプ。

mac********さん

2010/7/320:10:08

スイッチがあれば、オフからオンにし、紐(スターターロープ)引っ張ります。
大抵は、それでエンジンがかかります。
ところが、それでもエンジンがかからない時があります。
そんなときに使うのが、チョークとか、ポンポン押すボタンです。

チョークとは、チョークスリーパーのチョーク。
つまり、閉めると言う意味です。
閉めることによって、エンジンのかかりを良くします。

ポンポン押すボタンはデコンプかな?

手っ取り早く言うと、草刈機とかは、新しい時は、エンジンはかかりやすいのですが、寒くなってきたり、使用頻度が多いと段々とかかりが悪くなっていきます。
なので、そういうときに使うと、ある程度かかりやすくなるのがチョークとデコンプだと思ってください。
…説明になってないんですけど…。

uga********さん

2010/7/319:54:36

エンジンのかかりを良くする為に ガソリンの噴出量を増やす役がチョークと思って下さい。寒いとエンジンのかかりが悪くなるので、チョークを引きます。引いたままにしておくと、着火装置が汚れて 逆にエンジンが止まります。エンジンがかかったら 戻します。
押すのは タンクからガソリンを吸い上げるポンプです。
取説に書いてある通りにすると エンジンがかかりやすくなります。

aob********さん

2010/7/319:53:05

チョークはエンジンを始動する際にエンジンをかかりやすくするために、
混合気を濃くする装置です。
エンジンをかけるには、on,offのある機械ではonにし
次に燃料タンクから燃焼室に続くパイプにポンポンして燃料を満たし
チョークを引いてスタート紐を引きます。
車やバイクと同じことをしますが、こつを摑まないとかかりにくいです。
昔は車の始動にもコツが必要でした。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる