ここから本文です

珪藻土をシンプルに平らに塗るより、ウエーブ仕上げやヒキズリ仕上げの方が、珪藻...

vea********さん

2010/7/1611:38:38

珪藻土をシンプルに平らに塗るより、ウエーブ仕上げやヒキズリ仕上げの方が、珪藻土の量を多く使いますか?

費用の差はありますか?その差の中に、ウエーブとかの加工費用は入っていますか?

閲覧数:
569
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eki********さん

2010/7/1611:48:47

珪藻土の使用量は工法やデザインによって変わってきます。基本的にはそう変わりませんが・・・。

費用は、たいていの場合UPすると思います。原材料費が減ったとしても加工費用というか技術料が上がるためです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

crx********さん

2010/7/2118:42:23

一度塗りや二度塗り、最近では中塗り材にも珪藻土を使ったものもあります。しかしながらその材料により含有量は違いがありますから、一概に厚く塗れば珪藻土をたくさん塗ったにはならないのが現状です。
厚く塗るならたぶんかん水石入りの塗りっ放し仕上げが一番厚いのでは?けれど職人によって仕上がりがまばらなのは否めません。
それにチリと言って壁の塗れる範囲があるかどうかにもよりますよ。値段は多少前後するかも。けどなにより職人としては早く決めてもらいたいですね。

xit********さん

2010/7/2117:33:05

左官というのは


例外はありますが

基本的には


「定規摺りと木鏝掛けで平面を作り」

「その上に1工程につき二度塗りで
中塗り及び上塗りを仕上げる」


このように行われます



そして
中塗り及び上塗りで

金鏝を使って平らに出来るのは


1工程で3mmが限界です



塗り厚に関して
確かに個人差は多少ありますが


先に申し上げた理由で

「多少厚めに塗る」というのは

基本的に
無理な事なのです



したがって

平滑に仕上げる場合も
引き摺りに仕上げる場合も


材料を使う量は
変わらないという事になるのです




なお
平らに仕上げるより

鏝ムラをつけるほうが施工は容易ですが


引き摺り仕上げの場合


まず先に平らに塗り付けてから


「引き摺り鏝」で
模様をつける仕上げになります



引き摺り鏝での仕上げは

実は
それほど難しい技術ではないのですが


先に平らに塗れていないと

引き摺り鏝が当たらない箇所が生ずるので


きちんと平らに壁を塗れる職人でなければならないのです



なお
簡易な引き摺りの工法として


「スタイロフォーム」のような

ポリスチレンフォーム材の半端を使う場合がありますが


この場合は

多少の凹凸の上からでも許されます




念のため申し上げておきますと


「櫛目引き仕上げ」というのは

また別のやり方です



これは難しい仕上げ方になります



しかしこれは

ジョリパットには採用できますが


珪藻土には向いていないと言えるでしょう

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる