ここから本文です

原由子さんの歌う『花咲く旅路』の歌詞解釈で解らないトコがあります。 『咲く紫...

fu_********さん

2010/7/2014:19:44

原由子さんの歌う『花咲く旅路』の歌詞解釈で解らないトコがあります。
『咲く紫は旅路を彩る』
『喜びが川となり悲しみは虹を呼ぶ』
この2つが少し解り難いのですが、どういう意味でしょうか?
よろしくお願いします。

閲覧数:
3,285
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cac********さん

2010/7/2521:34:54

個人的考えによることなので事実かどうかはわかりませんが勲位が紫の花の女性の人生の歌のような気がします。

『咲く紫は旅路を彩る』・・・・成人した女性(ご先祖が宮家かなもしかすると・・・)は人生を彩る(人生を描いていく)

『喜びが川となり悲しみは虹を呼ぶ』・・・喜びごとが流れてしまい、(結婚破談)(涙が雨の比喩)深く悲しんだ後、心が落ち着いた後、自身の幸せ(第二の人生)を呼ぶ。〔考える〕(前向き思考)

暗号なら・・・楽しみが〔川〕和歌(SONGS)となり、心の傷は無効でコオル。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる