ここから本文です

水道水と井戸水は成分的におおきな開きがあるのでしょうか?

pre********さん

2010/7/2513:09:17

水道水と井戸水は成分的におおきな開きがあるのでしょうか?

閲覧数:
13,518
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kam********さん

2010/7/2513:32:55

今時組み上げ式の井戸を使っている人はいないだろうから。
井戸水と言いながらも、実際には濾過装置と消毒のために水道水と同じ処理をしているはずです。ついでにポンプ給水。
そうでないと一般住宅には供給できないことになっているから。だから実際には井戸水じゃなくて地下水。
もしも未だに井戸水を使っているのならば、成分的にはまず塩素やそれから派生するトリハロメタン等のものは少ないはず。
でもそのほかにどういう違いがあるのかと言えば、もう地質などの条件によって千差万別で。細菌なども含めれば違いはいくらでもあります。
なぜ井戸水が安全なのかと言えば、地質によって濾過されているから。よく浄水器でも蛇口に取り付ける簡単なタイプは多孔質のものを使って、要はその孔で余計なものを吸着させようというもの。
雨も地層を下ることで、余分な成分が吸着され、下の方ではH2Oに近いものになっていくということ。理科の実験で土なんかを使った濾過実験は今はやらないのかな。
じゃあなんで水道水なんてものを使うのかと言えば、これは主に細菌への対策。水道水を使うことで感染症は激減した。駆逐されたものも多い。それだけ安全ということ。
地下水も安全なものはあるけど、水道水ほどじゃない。井戸はどうしたって穴が空いてるわけだから。幾らでも細菌は入るわけで。
見た事はないかもしれないけど、昔は桶を井戸に下ろして組み上げてた。それからポンプを使うようになったわけで、こうなったほうが断然安全。
穴が空いた井戸は動物の屍骸が溜まったりしてた。落ちた人間がそのまま腐乱なんてこともあった。
まあ、今は細菌もあるけど、もっと深刻なのは工業的な排水が地下水に混ざっている可能性も高いから。昔と違って猛毒の物質が大量に作られましたからね。だから消毒をして飲めるってものではなくなってきた。
今でも地域によっては水道を敷設するよりも安価だということで地下水を汲み上げることもあるけど、安全確認をし、規定の装置を取り付けなければ認可は下りない。
海外へ行くと日本ほど安全な水は少ないから、結構腹を下します。インドなんかで現地の人間は平気でガンジスの水を飲むけど、日本人がやったら死ぬかもしれない。
ああ、それと、水というのは流水、流れてると結構細菌も少なく有害物質も少なくなって行くんだけど、溜まった水は腐りやすい。
井戸も同じで、長いこと使っていない場合は絶対に飲んではいけない。
余計なことだけど、知り合いに建築業の友人がいる。そいつの言うことには古い家を取り壊す際に井戸が出てくると大変困るそうです。仕事を断わる場合すらある。
何でかって、処置をきちんとしないと必ず現場で事故が起きるから。またどうやっても駄目なこともあるから。
迷信と言わない方がいい。現場の人間は身を持って知ってることだから。何度もひどい目に遭ってるし、死人も出る。
少なくとも私は古井戸があるような土地は買いません。

質問した人からのコメント

2010/7/27 21:22:32

詳しい説明、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aki********さん

2010/7/2517:39:08

水道水
いわずと知れた処理された水ですが・・。
昔ロンドンでテムズ川の水を水道として使う地域がありました。ゴミを取るために砂でゴミをとってました。
コレラが流行したときにこの地域のみ感染率が極端に少なかった。砂粒の隙間は大きいのでコレラ菌が捕捉される訳がない。
調べてみると砂地に発生した各種生物がコレラ菌を分解していた。(混在しているわけではなく、下流域に行くほど小型のバクテリア等の棲家となる)

それで、砂濾過による水処理が普及したのですが、バクテリアが発生するまではその水は配水できないこと、長期間使用した濾過池は目詰まりをするので砂の全とっかえが必要になること、広大な敷地が必要なこと、などの理由で薬品処理などによる急速濾過方式が普及しました。

また、水道は完全な殺菌を行なう為に塩素を加えてます。

井戸は、自然の砂濾過装置で処理された水。場所にも寄りますが飲用に適するのも多いです。
家庭用の井戸は、現在は、30mとか60mとかの深さにある水脈まで10cm直径程度の穴を掘って、その中に配管を通してポンプによってくみ上げます。1軒につき1つの井戸が多いです。

一般には濾過装置も無ければ(砂を除く程度の網は付いているが砂が全く含まれない場合が多い)、消毒設備もありません。単純にポンプでくみ上げているだけです。

新規にボーリングをして井戸水が出た場合は保健所にて安全性の検査を行なった後に飲用に回されます。(現実には井戸が完成したときから使うけど)

おいしくない井戸や、全く飲用に適さない井戸もありますが、おおむね井戸水のほうがおいしいです。
水道水でも、井戸水を使用していたり砂濾過方式の場合はおいしいらしい。
薬品を使う急速濾過方式もかなり改善されているそうですが。

(うちの実家は井戸と水道両方ありますが水道は現在使ってないです。おいしくないのと値段の関係で)

こうした飲用に適した井戸の成分と水道水の大きな違いは塩素を加えているかどうか。
細かな成分は井戸毎に異なるのでなんとも言えません。

(私は今はやってませんが、昔は上下水道指定工事店をやってましたし、ボーリングもやってました。)

aki********さん

2010/7/2513:11:52

水道水 ちゃんと消毒されているから普通に使える。
井戸水 掘り立てならろ過されてないので飲むのはだめ。
つまり成分的には水道水・良で
井戸水・悪みたいな感じです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる