ここから本文です

スペイン語検定DELEの問題の回答を教えてください。

kei********さん

2010/7/2805:26:19

スペイン語検定DELEの問題の回答を教えてください。

– Me gustaría hablar perfectamente español y que no se me _____ el acento.
– Es cuestión de tiempo.
a) notaría
b) nota
c) notara
d) notará

Deleの問題で、下線部に当てはまる答えを選ぶ問題です。

回答は、C)の接続法過去を選ぶのですが、何故これを回答するのかわかりません。

ネイティブに説明を求めたところ、a)d)は未来形なので当てはまらない。b)は意味が通じないと言われました。
C)は「強調」の意味で使われていると言っていたのですが、接続法過去にそのような用法ってあるのでしょうか?

それとも、もっと違って理由から回答c)を選びますか?

お手数ですが、ご返答お待ちしております。

閲覧数:
531
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

koy********さん

2010/7/2805:59:47

別の理由からです。

Me gustaría hablar perfectamente español y que no se me _____ el acento.

これを分解すると、
「Me gustaría hablar perfectamente español」
y
「me gustaría que no se me _____ el acento」. となります。


この後半の部分、me gustaría que no se me _____ el acento.だけに注目してください。
主節の動詞がgustaría, つまりcondicionalになっていますね。
condicionalに続く節の動詞は「接続法過去」にするという決まりがあります。
ですのでc) notara が唯一正解です。

Me gustaría que vinieras. 「君に来て欲しいんだけどな」。これなどもqueの中は接続法過去でなければなりません。

condicionalに続く節の動詞は「接続法過去」にするという決まりは大事ですよ。

質問した人からのコメント

2010/7/29 04:23:49

回答ありがとうございます。
Me gustaria がque以降の文に繋がっているとは思いませんでした。
やはりネイティブでも、語学学校の先生とは違うので、説明を求めてもいまいちスッキリしなかったので、大変助かりました。
ありがとうございます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる