ここから本文です

通貨スワップのプロの方、「ベーシス」について教えてください。

nat********さん

2010/7/2814:43:12

通貨スワップのプロの方、「ベーシス」について教えてください。

証券会社に勤めています。以下について分かっていないのですが、恥ずかしくて社内で聞けません。プロの方、どうか教えてください。

事例(個社名はあくまで例示なので意味はありません):

投資を検討している日本の投資家がいます。
投資資金の調達は円建てですが、ドル建てへの投資にも支障はなく、通貨選好は全くなし。
投資対象として、ソニーが発行している社債が2種類あります。いずれも格付けや年限は全く一緒で、異なるのは通貨のみ。
①円建てで円Libor+30のスプレッド。満期まで残存5年。
②米ドル建てでドルLibor+30のスプレッド。満期まで同様に5年。

ここから質問です。投資家は、上記2種類の社債を比較するとき、どのように割安・割高を計算するのでしょうか。端的にいえば、どちらが相対的に有利な投資条件なのでしょうか。

円ドルの通貨スワップには「ベーシス」という概念があり、スワップ需給等の要因で変動しうるということはなんとなく分かっているのですが、詳しくご説明いただけると大変ありがたいです。

説明がされているURL等でも結構です。

以上、宜しくお願いいたします。

補足Naiwa さま
ご丁寧な回答を早速に有難うございます。設問例で、投資家にとってドルLiborスプレッドが30bpでなくいくらなら円債と同価値かを計算するには、満期時の想定受取円貨額が同額になるようなスプレッドを見つければよい、ということでしょうか。また、5年先の満期時までの計算に使用する金利は、5年のスワップレートにスプレッドを加えたものでよいのでしょうか?(naiwaさまが0.8%と1.8%を充てているところ)

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
18,401
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nan********さん

編集あり2010/7/2912:22:43

こんにちは・・・

僭越ではありますが、大手証券で最近まで営業管理職をしておりました。

内部的な勉強会資料でしょうか?少し、問題の主旨が分かりにくいですね。
然しながら、よく考えれば自ずと正解が導き出せるかも知れません。

まず、通貨スワップという定義とは異なりますね…通貨スワップは外貨との元本も金利も含んだ交換になります。
また、クーポンスワップは想定元本を導いて二国間の金利を交換する手法になりますから、当てはまりません。
金利スワップは国内金融機関との固定と変動の支払い受け取りのヘッジになりますから問題には関係ないですね。

詰まり、スワップと言う考え方はここでは無視していいと思います。

次にベーシスに関しては、当然御周知だとは思いますが100bpが1%と言う意味です。
ライボーで30と言うのは30bpの事ですから、ロンドンインターバンクオファードレートにプレミアムが其々0.3%上乗せされると言う事です。

ここで重要なのは通常は円よりドルのライボーレートの方が高いと言う事です。
詰まり、仮定ですが現状の両国の政策金利からドルのライボーが1.5%なら円のライボーは0.5%位と考えられます。

その数字に同じ(30bp)だけしかプレミアムが付かないのですからドル建て債券のほうが実質利回りは悪くなるという事ですね。
為替レートというのは金利平価によって高金利通貨の方が低金利通貨に対して先物での理論値が金利差分だけ安くなるのはご存知だと思いますが、それを考慮すれば明らかにドル建て債券のほうが不利になるのが分かります。

難しい計算式は省きますが上記のレートを参考に考えて見ます。

ドル債券10000ドル
円債券100万円
仮想実勢ドル円レート=1ドル100円(計算上、分かりやすい数字にしました)

5年後のドル建て債券(ソニー社債)のドルでの受取額(複利で満期で元本と金利を受け取ると仮定)

※10000ドル×1.018の5乗≒10933ドル

5年後の円建て債券(ソニー社債)の円での受取額

※100万円×1.008の5乗=1040645円

さて、金利平価で5年後のドル円レートを求めて見ます。

ドル複利=1.015の5乗=1.07728
円複利=1.005の5乗=1.02525

よってドル円レートの理論値は100円×1.02525/1.07728≒95円17銭

そこで先ほどのドル建て社債10933ドルを計算すれば10933×95.17=1040450円
一方の円建て社債は1040645円で195円ほど有利になります。
1万ドルだと絶対金額が少ないですが100万ドルだと19500円の差が出ます。

勿論、必ずしも為替レートが理論どおりに動かないのでドル建て債券が絶対に不利とはいえませんが理論的には投資行動としては円建て債券で行うのが妥当だと言う結論になります。

詰まり、パリティーになるためにはライボー(Libor)レートに上乗せされるプレミアムが其々同じ比率になるのが条件になりますからその比率の差異で異通貨債券の投資判断が決まる事になります。

以上、長文で回りくどい説明になりましたがお役に立てれば幸いです・・・証券業界にとっては厳しい状況ですが頑張って下さいね。

補足に関して

お世話になります。

正にその通りですね…Liborは市場で決まりますから、調整はプレミアム(スプレッド)でしないといけない訳です。
例えば、受け取り円換算でドル債券の受取額が円債券の受け取り額と釣り合うにはそれに見合ったプレミアムを積み上げるか逆に円債券のプレミアムを下げるかになります。

5年複利なので計算が複雑になるので詳細は省きますが、表記の例だと円債券の条件はそのままでドルスプレッドを1bpを加えて0.31%にすればドル債券が逆転して有利になります。
また、逆にドル債券の条件(30bps)は据え置いて円スプレッドを1bp引いて0.29%に減らしてもドル債券が有利になります。

例のように低金利同士の場合には通常はパリティーに近くても全く同条件にはならずどちらかが有利になるという事ですね。
詰まり、1bp以下のレートは存在しないので上記のように1bp動かすだけで優劣が付き、投資判断基準になりますね。。
また、債券金利を複利でなく単利計算にするともっと乖離率が大きくなりますが、ややこしくなるのでここでは割愛しますね。

文章で説明するのは難しい内容なので、上手く伝わらなかったかと反省していますが結論としては貴方の御考えのように同額になるスプレッドを見つければいいという事です。
また、スワップレートをLiborとするなら、スプレッドを加えたものという認識で間違いありませんのでその様に含んで下さい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる