ここから本文です

高校卒業後、留学したい高校1年生です。今、何をすればいいでしょうか。

gjtqy985さん

2010/8/1012:34:15

高校卒業後、留学したい高校1年生です。今、何をすればいいでしょうか。

私の学校は進学校で大学進学に力を入れています。
しかし1週間前に海外短期留学をしてきて、卒業後は留学してみたいと真剣に考えるようになりました。

私の学校はⅡ類・英語科・Ⅲ類とレベルが上がっていき、私はⅡ類にいます。
親はとりあえず英語科を目指せば?というのですが、所詮、大学入試用の英語を勉強するので向いてないかも?と感じています。

しかも私は英語苦手で・・・;;

もし、高卒で留学した方がいらっしゃれば、どのようにしたか教えてほしいです。また、私はこうしたほうがいいと思う、などの意見もお願いします。

閲覧数:
499
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/8/1013:51:59

英語が苦手なら留学は諦めましょう!
だって英語が好きでも『意味のある留学』を成功させるのは大変なんですから。




なんて、意地悪言ってごめんなさい。

最近、軽い気持ちで留学して時間もお金も無駄にしている人を仕事柄いっぱい見るのでついつい・・・

まず、あなたがすべきこと、したほうがいいことを順不同で書きますね。
何事もそうですが、自分自身について考え、自問自答することが新しいことに踏み出すときの第一歩だと思います。

・具体的になぜ留学したいと思ったのか。
・何を目的に留学したいのか。
・留学先で何を得たいのか。
・留学経験を何に活かしたいのか。
・日本ではできないことなのか。
・苦手な英語しかない環境で耐え抜けるのか。

これらをじっくり考ること。
それからクラスで1番になるくらい英語を勉強すること。

成功する留学とは、ゴールを先に設定するのがコツです。

私は●年後にこうなっていたい

そのために○○(国)に○年留学する

そのために今やらなきゃいけないことをやる

といった具合にゴールに設定した事柄を実現するためにやらなきゃいけないことを1コづつ前に戻って考えるのです。

目的もなく留学した人たち、しっかり準備せずに留学した人たちが悪い、というつもりは決してないのです。
ただ、せっかく時間もお金もかけていくなら価値あるものにしていただきたいな、と思うのです。

英語が話せる日本人なんてゴマンといます。

でも、あなたが『所詮』と言ってしまう大学入試レベルの英語を操れる日本人は少ないのです。

日常会話はどんな人でもマスターできます。(長期滞在すれば)
でも、社会人として執拗とされる英語力をマスターできる人はやはり英語をきちんと第二外国語として勉強した人なのです。

私は仕事で英語を使っています。
かっこいい!と言われますが実際は・・・今でも毎日が勉強です。

申し訳ないのが、私の場合高校卒業後ではなく在学中に留学してしまったのであなたとはちょっと状況が違うのです。

正直、英語の勉強は嫌いでしたが留学したいと思い始めてから英語の成績はずっとクラスで1番でしたよ。
(他の科目は赤点ギリギリ・・・笑)
それでも留学中は何度もくじけそうになったし、もっと勉強してくればよかったと後悔しました。
もっと勉強してくればもっとたくさんのことを学べたし、友達との絆ももっと深くなったかもしれないって。

厳しいことも書いてしまいましたが、中途半端な気持ちじゃなければ留学経験は一生の宝物になります。
ぜひがんばってください!!!
応援しています♪

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2010/8/1105:05:40

海外の大学を受験する際に求められるのは、文法やエッセイ・ライティングなどいわゆる受験英語です。一度TOEFLを受験されるとよくわかると思いますが、アメリカの大学(オーストラリアなどでも一部の大学でTOEFLでの出願を受け付けています)を受験する時に必ず必要なこのTOEFLでも文法のオンパレード。英検準一級または一級程度の単語力はもちろん、基礎知識がないと解けません。

海外留学を希望する高校生、学生に多いパターンがオーラル・コミュニケーションの授業が苦ではなかったから、短期留学でそれなりにしゃべれたからというそのまま長期留学を希望するパターンです。ワーキング・ホリデーなど金銭面で余裕があればそれなりに生活できるものならいいですが、大学はあくまで学位を取る場。英会話の勉強の場ではないことは肝に銘じた方がいいでしょう。

まずは単に海外生活をしたいだけならワーキング・ホリデーや語学留学で十分です。むしろ時間や英語力の制約を受けないだけ、十二分にフル活用出来たら満足度の高い滞在になると思います。
大学に行きたいのなら他の方も言うようにまず目的をはっきりさせ、金銭面、メンタル面でのハンディがあっても国外でなければダメなんだ!という動機をきちんとみつけること。もしそこまでのものがなければ国内の大学を受験し、入学後交換留学などの制度を利用する方法もあります。

それでもアメリカの大学、となれば複数の留学期間、旅行会社でカウンセリングおよびプランニングとなりますが、まず英語力が問題になると覚悟してください。そこそこの大学に入ろうと思えばTOEFL ITPなら550点、iBTなら80点程度は要求されます。
加えて高校在学中の成績証明書、推薦書などの準備もあります。書類提出後、合否を待つことになりますが、きつい話ですがおそらくTOEFLの点が今の時点で突破できているとは考えにくいな、と。

まず学内成績を維持、出来れば向上させることはもちろんですが、TOEFLの点をあげることも大事です。あなたが言う大学入試用の英語をきっちりやって下さい。「受験英語と本場の英語は違うよね~」ということを言う人がときどき…いえ、かなりいますが、スラングや若者言葉は現地に行ってから覚えればいいけど、基礎は英検でも受験でもTOEFLでも一緒です。

また日本でアメリカの大学への進学準備をする学校としてはネバダ・カリフォルニア大学国際教育機構、テンプル大学ジャパンキャンパスなどあります。この辺を視野に入れてもいいのではないでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。