ここから本文です

妬みという感情はどんなものですか? 自分の母親とは、気質や性格(人間的な本質)...

rfv********さん

2010/8/1013:34:29

妬みという感情はどんなものですか?
自分の母親とは、気質や性格(人間的な本質)が全く違っていて違和感を感じる事はありませんか?

私は他人をねたんだり、他人を本気でうらやましいと思ったことがありません。

他人が幸せそうに見えても、それはその人の努力の結果だからだと考えます。

しかし母はよく専業主婦をしている親戚や兄弟について、ねたましいと感じたことを詳しく話したりすることがあります。また、思い通りにいかないことがあれば、人前でも舌打ちをうったり、明らかに嫌な顔をしたりします。

私は20代後半、母は50代後半です。私も50代を過ぎるとそうなってしまうのかと、やや不安を感じますが、
親子といえど本質的な部分が全く違うのではないかとも感じます。

普段、機嫌の良いときは母は優しくて穏やかな性格です。

できれば多くの意見をお伺いしたいです。よろしくおねがします。

閲覧数:
286
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

apr********さん

2010/8/1014:00:38

全く「妬み」を感じない人ってのも・・・
素晴らしいようで、何か、足りないような気がします。

妬んでばかりではいけませんし
自分の負の感情を垂れ流すようなのも、だらしのない行為ですが。


>他人が幸せそうに見えてもそれはその人の努力の結果

この考え方は、半分は正しくて、残りの半分は、正しくないです。
努力と結果は、完全に比例はしないからです。
生まれつきの環境や資質など、最初からのハンディがある上に、
さらに、運や不運というのがあります。

不遇な方も、いらっしゃるのですよ。
努力していないから不幸なわけではなく、不遇な方としか言いようのない方も。
そういう現実を見れば、妬むというか・・・
「なぜなんだ、世の中は理不尽だなあ」という感慨も生まれますよね。

質問した人からのコメント

2010/8/11 10:20:56

感謝 「妬み」を感じない人ってのも・・素晴らしいようで、何か、足りないような気がします。という所に妙に納得しました。他人との比較で自分に劣等感がある場合、羨望でなく妬みを感じて、そのストレスを解消するため理由なく相手を悪く言ってしまうのかもしれません。羨望を前向きな憧れと捉えれれば幸運なのかも。無意識に負の感情を流さないようにしよう!と思いました。多数の意見、参考になりました。ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fau********さん

2010/8/1016:52:53

妬みというのは、自分と他人を比べて、自分にない物を持っていることを羨むことで、自分自身あるいは自分の置かれている状況に何かしらの不満がある人が持つのだと思います。加えて、自分に自信がないから抱くものだと。自分に自信があれば、「あの人いいなぁ」と思ったとしても、「妬む」というほどの感情にはならないと思います。「私にはこれがあるし」と思うとか、「私も頑張ろう」と思うとか。そもそも、他人と比べないし。他人と比べるのは、自分の価値を対他人でしか計れないからでしょう。

専業主婦をしている方を羨むなら、お母様は専業主婦ではないということ? 「自分も専業主婦だったらこんな生活ができたのに」と思ってるとか、専業主婦自体にあこがれがあったのかもしれませんね。それを人前で表面に出すのは如何なものかとは思いますが…娘さんのあなたに愚痴ってしまうのは、娘さんだからこそ、なのかもしれません。かくいう私も昔は母の愚痴の聞き役でした。

ちょっと穿った見方をすると、妬まないという質問者様は、「求めても手に入らなかった時の失望が嫌だから何かを強く求めることがない」という諦めのような考え方だという可能性もあるかもしれませんね。「その人の努力の結果だと考える」ということも、諦めることを自分に納得させるために無意識に考えた理屈なのかも? お母様の妬む姿が嫌だと思っていたために。
あくまでも穿った見方です。そうだと言ってるわけではありません。質問者様は心から幸せを感じることができて、他人を羨む必要がないのかもしれませんね。

親子であっても、考え方が違うのは不思議ではないと思います。もちろん、子供の頃には物事の善悪の判断基準だの色んなことを親から吸収するはずなので、影響はあるでしょうけど、(おられるなら)父親の影響もあるでしょうし、家庭の外で出会う人からも影響を受けます。私も、昔は母親と同化していたけど、今は精神的にある程度離れることができて、母親とは違う考え方をするようになってるなと自分でも思います。「こう考えればもっと気が楽になるのに」と、もどかしい時が多々あります。そして物事の考え方の根底には、父と、10年同棲している彼氏の影響を強く感じます。父から子へはスムーズに伝わるものも、父から母となると、成人対成人となるせいか、伝わらないことがあるんだなぁとも思うので、父という人と一緒に生活したはずの母と私とで影響が違うのも当然なのかもしれません。

>私も50代を過ぎるとそうなってしまうのかと
年齢によるものでもないと思います。年齢を重ねるにつれて不満を募らせてしまって表面化…ということはあるかもしれませんけど

foo********さん

2010/8/1014:30:12

妬みというのは向上心の裏返しのようなものだと思います。
こうありたいのに現状はそうではない自分と他人の方が自分の理想に近い時の悔しさから来ているのだと思います。

あなたが他人をうらやましいと思ったり、うらやんだりしなかったのは生活に不自由がなかったからだと思います。
その不自由がなかったというはあなたの両親がなるべくあなたに不自由させないようにと努力をしたからです。
その努力というのは本当に大変だったと思います。
その過程で理想とは違う自分や理想に近い他人に苛立ちを感じることもあったと思います。
でもそういった理想を持って向上心があったからこその今の生活だというのを忘れないでください。

それと1000人いれば1000通りの気質や性格があります。
たとえ血の繋がりがあろうとも夫婦であろうともそれは同じです。
そして長く一緒にいるからこそ相手のことがよく見え、自分との違いを感じるのかもしれません。
その辺りは気にしない方がいいと思いますよ。
自分は自分、相手は相手と考えるのが一番です。

fum********さん

2010/8/1013:51:07

母親が ねたんでいるのを 目の当たりにみるのは 気分がわるいですね。

でも 専業主婦で 金持ちlikeな 生活を している人を 許せなく思ったり お母さんは 人を ねたむことで 人生を 生ききれるのかもしれません。

mst********さん

2010/8/1013:37:25

妬みっていうのは、我慢してる事を相手が我慢してない
もしくは我慢する必要がない環境にあると発生しやすいと
思います。

例えば、10年待っても恋人出来ないにの2,3日でひょいひょい
恋人が出来る人を羨ましく思ったりするのに似てるでしょうか。

誰しも必ずある感情です。無い人は絶対に居ません。

人は生きていく上で必ずストレスを感じます。
ストレスを感じる事は人それぞれですが、それをうまく解消する
必要があります。妬むというのはそれの一つの解決策なのかも
しれません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる