ここから本文です

アブガルシアのベイトリール「モラム」について。 以前アブガルシアが出していた...

アバター

ID非公開さん

2010/8/1312:05:26

アブガルシアのベイトリール「モラム」について。
以前アブガルシアが出していた「モラムシリーズ」について教えて下さい。
マグと遠心のブレーキがあること、末尾の番号が1だと左ハンドルになることは解りました。
遠心ブレーキにも種類がある?ウルトラマグ?金色と銀色がある?などよくわかりません。
詳しく教えて下さいませんか?
宜しくお願いします。

閲覧数:
28,130
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dis********さん

2010/8/1322:33:43

◆モラムシリーズ
1998年デビュー。堅牢なイメージのシルバーボディは、実はソルトウォーター用のリールとして評価を受けてきたSXシリーズのバス転用モデル。スプールの幅が広い3600Cが最小モデルだったが、ウエイトが295gもあった。


◆モラムSX Hi-Speedシリーズ
翌年の1999年にデビューしたHi-Speedシリーズは、今江克隆氏の意見を大いに汲んでモラムシリーズをブラッシュアップした遠心ブレーキモデル。ボディカラーは前モデルと同じくシルバー。
「こんなに重くてはトーナメントを戦えない」と言われたモラム3600Cから実に80g近い軽量化。また、レベルワインダーが前モデルに比べてやや全面に飛び出した形に。


◆モラムSX MAGシリーズ
2000年デビュー。当時の今江氏が提唱した「デュアルディール」理論。点の釣りには遠心ブレーキ、面の釣りにはマグブレーキというものだが、それを実現させるべくSXシリーズに登場したマグブレーキ搭載モデル。ボディカラーは今までと同じくシルバー。
重量は遠心ブレーキ搭載モデルと変わらず。また、今まではボディの描く曲線に沿う形のレベルワインダーが、このモデルから樹脂フレーム+セラミックガイドに変更。


◆モラムSX IVCBシリーズ
2001年には可変式遠心ブレーキを搭載したIVCBモデルがデビュー。これに伴ってスプール径が拡張され、さらにハイスピード化が図られた。ボディカラーはゴールドのフレームに今までと同じカラーのサイドカバー。
このモデルから採用された大口径メインギアは、モラム3600Cの約φ31mmからφ34mmへ大口径化されているにも関わらず、ブラスからジュラルミンへ材質を変えることによって、10g以上の軽量化が図られた。
また、この年はMAGモデルやIVCBモデルにアンバサダー50周年記念モデル、今江氏のワールドプロシリーズチャンピオン記念モデル、今江氏のスーパーグランドスラムモデル記念モデルなどのアニバーサリーモデルがラインナップされた。


◆モラムSX ウルトラMAGシリーズ
SXシリーズの進化軸は軽量化とハイスピード、そして遠投性能であるが、2003年にデビューしたウルトラMAGは遠投性能に突出した性能をもっていた。初めて手にしたユーザーでもトラブルなしに遠投できる高性能で、重量は210gと、さらなる軽量化が図られた。ボディカラーはシルバーにゴールドのスプール、スタードラグ、メカニカルブレーキ。
また、このモデルからハンドルノブにもボールベアリングが搭載され、よりなめらかな操作性を得た。


◆モラムSX ウルトラMAG S2シリーズ
さらなるロングキャストのためにシャロースプールを搭載したモデル。ボディカラーはゴールドで統一。
軽量ルアーのフルキャストやライトリグのピッチングでもノートラブル、そんな高性能リール。さらに翌年には、同じ性能でVスプール搭載のS2Vもリリースされた。


◆モラムSX Forellシリーズ
Forell=鱒という名が冠されたトラウト用ベイトリール。渓流用に1600、本流や湖用に3600というラインナップも用意された。流れの中でもステディなリーリングができる、ウッド製クラシックハンドルが採用されている。


◆モラムSX ウルトラMAG S2 AE74シリーズ
モラムSX ウルトラMAG S2シリーズをベースに、チューニングメーカーであるOFFICE ZPI"が公式にチューニングを施したレーシングモデル。
ウエイトは約195g。カラーはゴールド×ブラック(スプールカラーはレジェンドブルー)の他に、ゴールド×レッド(スプールカラーはレーシングレッド)がラインナップ。
スプール及びブレーキはZPI"のRC-416が搭載され、キャストフィールが向上し、飛距離も大幅にアップ。ハンドルもZPI"のカーボンハンドルが装着され、巻き心地が向上されている。また、ベアリングもZPI"のSiCボールベアリングに交換され、性能の向上に貢献している。また、ノーマルよりも5mmローダウンされたクラッチを搭載し、キャスト時のコントロール性能がアップしている。
他にも、ファインドラグチューン、パーミングカップの10点ブランキングなど、様々なチューニングが施された。



ざっと並べてみるとこんな感じでしょうか。ご存知の通り、SXシリーズの生産はすでに終了しており、現行のZXシリーズに移行しました。

モラムSXシリーズはいいですね~。ZXシリーズが販売されていますが、今でもやっぱりSXシリーズが好きです(笑)

◆モラムシリーズ...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる