ここから本文です

トランペットのピストンの押し方。

tom********さん

2010/8/2017:14:13

トランペットのピストンの押し方。

トランペットを初めて1年になり、こんなことを聞くのも恥ずかしいのですが。
ピストンを押すときは、指の先(指を丸めて)おすのと、指の腹でおすの、どっちがいいんでしょうか?

補足意見が分かれているんですが。どっちなんでしょう(?_?)

閲覧数:
1,520
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

irr********さん

2010/8/2120:31:00

プロにも指の腹で押している方はたくさんいらっしゃいますから、どちらでも演奏に支障はないと思います。ですから、どちらがいいかと聞かれても、その方の好みとしかいいようがありません。
でも私は指の先で押す方がいいと思います。初心者は指の先で押すと教わるはずです。先の方が真っすぐ押しやすいので、楽器へ負担がかかりにくいのです。垂直に押す感覚がしっかり掴めているなら、腹でも大丈夫だと思いますよ。

質問した人からのコメント

2010/8/25 09:27:45

抱きしめる みなさんありがとうございました。指の腹で押すのになれているから、そのままにしようと思います。
テンポの速い曲では指先で押そうと思います。

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mzk********さん

2010/8/2500:48:10

とにかく真っすぐピストンが押せれば問題はありませんよ。
ななめ(左より)に負担がかかるとピストンが曲がってしまうので。

ken********さん

2010/8/2209:53:22

「リセットが速い押し方」をすべきだね。人間の指は押す力より戻す力の方が弱い。力が弱ければ戻すのが遅れる。顕著なのが薬指だ。

どうしてもリセットが遅れるんなら、楽器の支えは左手一本にまかせて、右手の小指は指掛けから浮かせてみるといい。薬指の自由度が格段に上がるはずだ。

uwo********さん

2010/8/2201:12:23

極論すればどちらでもさほど大きな問題でもないのですが推奨は指先だと思います。

あと、ロータリーとピストンは全然違うものですから参考にはなりません。またアンブシュアも人の骨格等の差による問題ですからこの質問の例えには適切ではないですね

kap********さん

編集あり2010/8/2214:13:03

地方アマオケのラッパ吹きです。

NHK交響楽団のトランペット奏者を見る限り、「指の先(指を丸めて)おす」人はいません。
少なくとも指の腹ですね。むしろ、指先から一つ目の関節近くで押している人もいます。
ただ、古典派の音楽の場合、ロータリートランペットを必ずと言っていいほど使うのですが、そのときは「指の先」と「指の腹」の中間位ですね。まあこれは押すところの構造上の問題だと思いますが(ホルンをイメージして頂けたらおわかりいただけると思います)。
あと、ロータリーに限らず、ピストンバルブトランペットでも、早いパッセージを演奏するときは、早い運指に対応できるように「指の腹の先の方」で押している場合が多いようです。

因みに私は指の腹です。十分に早いパッセージに対応できます。

【補足】
指の位置の他の例を挙げるとすると、
皆さん、顔とマウスパイプ(マウスピースを差し込む真っ直ぐな管)との角度はどうでしょう。
ほぼ直角な人、少し鈍角(顔とマウスパイプとの角度が90°以上)の人など、色々おられるだろうと思います(因みに私はほぼ直角です)。
これを例えばプロの方を見ると、たまに鋭角(顔とマウスパイプとの角度が90°以下)で、顔が前のめりになり気味の人もいます。
つまり個々人によっていい音を出せるポジションが異なり、一概にどれがその人にとっていいのかは言えないということです。
今回の指の置き方にしても同じことが言えると思います。
要はどの位置がいいのかは千差万別で、個々人によって、また曲、パッセージの速さによって、また音楽ジャンルによって違うということでしょう。様々な条件によってそれぞれ合理的な位置があるということです。

もう一つおまけにメソッドという観点から。
この中には「アーバン」で訓練した方もおられると思います。あの教則本に限らず、世に広まっているメソッドは、元はと言えば「自己流」だったものが、偶然、ある種の普遍性を持つに至り、多くの人によって支持されたものです。
しかし、だからといって、それが絶対かというとそうではありません。元がある人の「自己流メソッド」だったゆえに、人によってはどうしても「自分には合わない」という部分が出てきます。
そうなるともうその教則本では解決できませんので、自分に合うように少しアレンジすることになってくるのです。

結論を言うと、上記のことゆえ、指のベストポジションが人によって異なってくるということだと思います。

付記、
指の先を否定し、指の腹を推奨する講師の方の一例です。
http://trp-presto.jugem.jp/?eid=8
一応関連するところを抜き出しておきます。

>《ピストンの押し方》
>ビストンボタンは指の先端で押しなさいと言う人がいます(ピアノの鍵盤と同じ押し方)。もちろんそれでも構わ>ないのですが、この押し方をすると指先に汗をかいた時に滑りやすくなったり、第一関節から動かさなければな>らないために、慣れないと難しいものです。
>ですので、一番容易なものとして、指を自然な状態にして第一関節から動かすという方法があります。
>力を抜いた時の指は若干内側に曲がっています。それをそのまま利用するということです。この時動かすのは>第一関節(指の付け根)のみです。第一関節は指の中でも一番多く、また一番力を使える部分です。以下の写>真(※)のように押せばピストンを真上から押すことができますし、筋力の負担も軽くなるので、長時間の素早>い動きも可能です。

※写真では指の腹で押していることが分かります。

あとはkenenyarohさんの言われることに尽きるでしょうか。

mun********さん

2010/8/2022:33:06

もちろん指の先です!!

理由は2つ。

①テンポが速くなったときに、付いていけなくなる。


②ピストンを押す力が、楽器に垂直でなくなるので、ずっとやってると楽器に癖が付いてピストンが不良になる。

です・・・。②の説明が下手ですいません。。。


私もなんかカッコいいので腹で押してましたが、②の理由で楽器屋さんに注意されましたwww

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる