ここから本文です

読解力を「どっかいりょく」と読むのはなぜ?

yuu********さん

2010/8/2114:20:37

読解力を「どっかいりょく」と読むのはなぜ?

部活でワープロの早打ち練習をしていて文の中に読解力という語句が出たので、
僕は「どくかいりょく」だと思って打ってみたら、
毒か威力、ドクカイリョクとでました。

そのせいで時間がかなり潰れ、友達にも「具合でも悪いのか?」と言われ、理由を話したら
「それどっかいりょくだしww」と笑われました。

カ行のあとにカ行の文字がくるときに「っ」で代用(?)するのは日本人の癖(?)だと思ってました。
国語の授業でも、先生は「どくかいりょく」と言っていた気がします。

なぜ、「どくかい」とそのまま読まないのでしょうか?

閲覧数:
2,498
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

vli********さん

2010/8/2115:28:32

「ドクカイリョク」 が 「ドッカイリョク」と発音されるのは日本語の音韻学的に言って自然なのです。ドク(doku)の部分の母音の「u」が無音化して消失し、dokkai- と促音化しただけの話です。日本語の音韻的な癖です。ゆっくり一語一語発音したらもちろん「ドクカイリョク」になりますが、普通の会話調で喋ると「ドッカイリョク」と発音されます。日本語でも英語で言語は文字で書かれた通り発音されているわけではありません。人間が発音する際に楽に発音できるように変化するのです。「体育」もゆっくり一語一語発音すれば「タイイク」ですが、普通の会話調なら「タイク」になってしまいます。日本語には二つの母音が続くと一つの母音が消失したり、長音化したりします。「大阪」は実際には「オーサカ」と発音されており「オオサカ」とは発音しません。東京もトウキョウとは発音せずにトーキョーと発音しています。表記と発音との間に乖離があるのです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

har********さん

編集あり2010/8/2114:38:04

発音上の便宜から、もとの音とは違う音に変わる事を音便といいますが、それがそのまま表記される言葉になったものです。
とはいっても、「洗濯機(せんたっき×)」「冷蔵庫(れえぞうこ×)」など、まだ発音どおりの表記が認められていないものもあるので区別して覚えましょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる