ここから本文です

変な癖 最近、こめかみ?や耳を動かす変な癖がついてしまいました。。 ある意味軽...

jwv********さん

2010/8/2319:05:42

変な癖

最近、こめかみ?や耳を動かす変な癖がついてしまいました。。
ある意味軽いチックみたいなものでしょうか?
そのせいで頭の方までこって しまい、吐き気があります。

こういう癖は気づいたら意識的にやめるようにすれば治りますか

閲覧数:
3,864
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

なてぃさん

2010/8/2716:11:19

以下文献引用です
ご参考までに
ちなみに私39歳男もチックです。しかもひどいです。酷い人をトウレット症候群といいます。

トウレット症候群は,チック症の中で最も重症のものであり,自分の意志とは無関係に,突然繰り返して起こる体の運動(運動チック)とノドや鼻を鳴らしたり,声を出す事(音声チック)とを主症状とする家族性の神経の病気です.

運動チックとは,目ばたき,顔しかめ,首振り,肩のぴくつき,他人や物へのタッチ,匂い嗅ぎ,キック,ジャンプなどであり,音声チックとは,咳き払い,ノド鳴らし,鼻鳴らし,甲高い声,意味不明な言葉や自分または他人の言葉尻りの繰り返し,時には,卑猥な言葉や非常識な言葉を発してしまう事です.

これらの症状は,普通18才以前,しばしば6-8才に出現し,強くなったり,弱くなったりして1年以上続きます.

この病気は,女の子に比べ男の子に3-4倍多くみられます.

症状の種類・程度には個人差がありますが,症状が重い場合には学校・職場・家庭での生活に支障が出ます.

併発症として,強迫性障害,注意欠陥・多動性障害,過剰な衝動性,学習障害,睡眠障害などがあります.

トウレット症候群の人達にとって最も大切な事は,早期に正確な診断を受け,適切な治療・指導を受ける事と社会の人々にこの病気の事を良く知ってもらい,彼らに住みやすい環境づくりをすることです.

チックは,家庭や幼稚園,学校でのストレスによる心の病気と見なされがちであり,このため「しつけの問題」とか「子供の欲求不満が原因」と強調され,周囲から責められたり,また自らを責め,つらい立場にあるご両親も少なくありません.

最近の医学的研究では,チックは大脳の基底核の病気であり,心の病気ではないとされています.

すなわち,遺伝的要因により大脳基底核のド-パミン神経の発達過程に異常があり,ド-パミンの受け皿であるド-パミン受容体が過敏になることが原因であると考えられています.つまり,家庭や学校での精神的緊張によりド-パミンの分泌が増えると,過敏となっているド-パミン受容体が刺激され,チックが誘発されるのです.一方,眠りに重要な役割をするセロトニン神経がチックに併発する「こだわり」や強迫観念に関係すると考えられています.

このようにチックの原因は解明されつつあり,早期に正確な診断を受け,適切な治療や環境を整える事が最も大切です.

米国では1970年代から,また,最近ではヨ-ロッパやオ-ストラリアでもチックの最も強い病型であるトウレット症候群の患者の会があり,この病気が精神的な病気でないこと,また,すぐれている面もあることを啓発すると共に,研究の支援や患者および家族に住みやすい環境作りをしています.

しかし,日本では,トウレット症候群という病気自体がほとんど知られておらず,正確な診断や適切な治療を受ける機会が少なく,学校や職場や地域社会でおかしな奴,変わった奴という目で見られ,本人も家族も肩身の狭い思いをしている方がたくさんいるのではないかと思います.

私は,トウレット症候群の子供を持つ親として,この子達とどのように接したらいいのかと毎日試行錯誤しています.

また,いじめ・不登校・学習障害の原因にはトウレット症候群およびその類縁の病気もあるのではないかと思っています.

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる