ここから本文です

医療保険は必要でしょうか。

tok********さん

2010/8/2401:11:09

医療保険は必要でしょうか。

54歳男性が今から医療保険を検討する場合(がん保険は加入済み)。給付日額5000円で掛け金4,000円として。
10年後発病又はケガして30日入院したとして、
掛け金は4,000円×12月×10年=480,000円。
給付金は5,000円×30日=150,000円。手術給付金が200,000円でも合計350,000円。
350,000円もらうのに480,000円の掛け金は割に合わない(60日入院でも500,000円これでトントン)。
高度先進医療もほとんどの場合対象にならないと聞きました。
長期入院でも貯金が100万円もあれば医療保険は必要ないと思うのは私だけでしょうか。

補足だれか「それでも医療保険は必要ですよ、入っておかないと後悔しますよ」というご意見の方はいらっしゃいませんか。

閲覧数:
2,691
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dor********さん

編集あり2010/8/2413:19:51

医療保険を考える際にはまず公的医療制度の高額療養費制度を考慮します。

入院した際に病院へ支払う治療費の自己負担額は1ヶ月間(月初め~月終り計算)で、

(10割相当医療費-267,000円)×1%+80,100円

となります。

これに該当しない別途費用が発生するものが主に3つあります。

①食事代(1日:780円)
②差額ベッド代
③雑費(入院時の日用雑貨購入、お見舞いに来られる方の交通費、快気祝い等):平均約10万円

病院への支払を左右させるのが②の差額ベッド代です。

入院した際に大部屋で構わないと思われるのであれば、基本差額ベッド代は発生しません。
2人部屋を希望される場合は1日5,000円~。
個室入院を希望されるのであれば1日10,000円~。

と費用が発生してしまいます。

これらを考慮して、入院した場合大部屋で構わないと思われるようでしたら、

入院日額8,000円を持っていればほぼ全額カバーできると言われます。

そして個室入院を希望されるという事であれば、

入院日額20,000円あればカバーしやすいという事になります。

特に個室の場合は病院によってピン切りで、日本で最高額の個室は東京に1日30万円ぐらいのところもあるぐらいです。


そして今回の貴方の質問内容の保険ですが、10年定期タイプですか?10年ごとに保険料の更新していく。
でしたら確実に辞めておいた方がいいと思います。

終身医療保険の終身払いという事でしたら、男性の平均寿命が79歳ですのでそこまで掛けたとして、

4,000円 × 12カ月 × 25年間 = 1,200,000円

となります。これだけのお金を貴方は生涯病院へ支払いますか?という事を考えて下さい。
大半の方は支払わないですが、支払う可能性もありますよね。

日本人の生涯医療費は70歳以降に50%以上使うというデータもあります。

貯金が100万円あっても、そのお金がその時にあるという確証はあるのですかね?
その辺りの事も考慮しなければなりません。

高度先進医療特約については保険会社からの支払事例は1%未満です。
厚生労働省が定める『病気』『術式』『病院』の3つが合致しないと出ない保険ですので、特に3つめの『病院』が合致しない人がほとんどです。

CMなどでやっている、ガンになった時の重粒子線治療は最大で314万円実費負担となるといいます。

しかし厚生労働省が定めている重粒子線治療の病院は日本で3つ。千葉県、群馬県、兵庫県です。

それ以外の病院では給付金は出ません。

しかし、持っていてその病院で手術が受けれるとなればラッキーですよね。

ただ、先日ドクターから聞いた話ですが、重粒子線治療も延命治療の一環であり、寿命を半年近く伸ばせれるだけの事と悲しい現実を聞いてしまいました。


上記の事を考えて、何時でも動かせる多少の貯蓄があるという事でしたら特段医療保険は必要ないかもしれません。
但し、保険はあくまで安心料の一環として考えても良いと思いますので、そこは貴方の価値観となると思います。

貯蓄がなければ加入しておいた方がより安心ですし、人それぞれなんですよね。

貴方の考え方は間違ってはいないと思いますので、後はご自身の価値観とよく相談してみるといいと思いますよ。


乱筆となりましたが参考の一つにして下さい。

質問した人からのコメント

2010/8/26 18:42:02

降参 一番詳しく回答いただきましたのでBAにしました。医療保険は費用対効果でどうするか考えてみます。皆さん回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kam********さん

編集あり2010/8/2500:44:51

医療保険を契約して採算がとれるかどうかは、その人の入院の日数や頻度によって違いますよね。
結局、損得勘定に関しては亡くなったときに計算して得だったか損だったかが分かるわけで、今の時点で結論を出すことはできないでしょう。


ですが・・・

>だれか「それでも医療保険は必要ですよ、入っておかないと後悔しますよ」というご意見の方はいらっしゃいませんか。

ご意見というか、実際に営業しているなかで、病気になったり高齢になってから「今から入れる保険はありますか?」という問い合わせはよくあります。今まで健康だったから全く考えていなかったとか、あのとき解約しなければよかったとか・・・ 多くの方が後悔しておいます。

医療保険を契約したにもかかわらず使う機会がなく、亡くなる前に「入って損した」という後悔。
医療保険を契約せず、病気になってから「入っておけばよかった」という後悔。

どちらがマシか・・・
ワタシなら前者の後悔のほうがマシです。

ぱんどらさん

2010/8/2414:15:29

必要か不要かは各個人が考えることですので不要と思われるならその分貯金すればいいと思います。

例えば、精神疾患や脳血管疾患等の比較的長期入院が必要な病気になった場合や、ガンで1年や2年通院しながら抗がん剤治療を受ける方もいます。後者の場合は、検査・入院・手術等とは別に月8万円かかったり、県外・遠方の病院の場合交通費が高額になったりします。何回も病気にかかる方もいれば、逆に、死ぬときまで病院にお世話にならない方もいるでしょう。

質問者さんの様に、貯金とは別に医療のための貯金があって、そういった考えなのであれば医療保険は無駄と思われるでしょう。加入されている方は、貯金がなかったり、もしくは貯金があっても医療費はもちろん雑費・交通費・収入の補填等として必要と感じているからではないでしょうか。

mwk********さん

2010/8/2413:41:50

54歳の男性ですね。
入院率は60歳まで約10%、60歳以降90%です。
現役を引退されてから入院費はかかると思って正解です。

大きな手術がなければ医療費は公費で賄えますので、入院部屋を個室希望でなければ
それほどかかりません。

ここまで書けば、医療保険は必要ないと判断されたでしょう。

しかし、高齢者の入院は実は、入院後の治療と生活費が大きいといわれています。
なので、医療保険給付金は退院後に必要となるお金だという事です。

そういった意味で医療保険は加入しておいたほうが良いと思います。
ただし、医療保険の終身型でなければ意味がありませんので、
お気を付けください。

先進医療に関しましては、普通の医療保険に特約として付ければ、
かなりの安さで付けられます。(145円とか250円)
なので、付加することをオススメします。

pmg********さん

2010/8/2408:31:10

そうです。医療保険は不要です。
ただし、入院した場合、医療保険からの給付金と足りない分を支払います。
ですから、100万円は医療保険から支払われる金額と考え、合計200万円の貯蓄を医療費としておいておいた方がいいと思います。

私も医療保険には入らず、65歳に200万円の貯蓄になるように貯金しています。

low********さん

2010/8/2407:43:04

大丈夫です あなた だけではありません。
ですから 契約しても意味の無い と考えるのは 理に叶う ものです。はい。
私が あなたの目の前にいたら 30分後には あなたは 医療保険を契約するでしょう。勿論 あなたが今計算した 医療保険にです。
これが 保険の実力 なのです。
保険屋の口の上手さ の実力ではありませんよ。保険商品の実力です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる