ここから本文です

筋筋膜性疼痛症候群についての質問です。

spaceship_number12さん

2010/8/2904:21:22

筋筋膜性疼痛症候群についての質問です。

僕は、約6年間腰痛で苦しんでいます。
最近は、何故か肩まで痛くなってきました。

今まで椎間板ヘルニアの手術などの色々な治療をしてきましたが、大きな成果はありませんでした。

昨日、筋筋膜性疼痛症候群という病名を知りました。

思い当たる点がいくつかあるので、この病気を疑ってみようかと思いますが、治療法に疑問点があります。

この病気の治療法に「トリガーポイント注射」がありますが、僕は「神経根ブロック注射」を2回ほどしたことがあり、まったく効果が無かったので、麻酔で無理やり痛みを沈静化する治療には抵抗があります。

また、筋肉の凝りをほぐすためのトリガーポイント注射とも聞いていますが、麻酔薬を打ったことで何故、筋肉の凝りほぐしになるのか理解できません。

説明できる方、回答よろしくおねがいします。

補足もうひとつ、質問させてください。

筋筋膜性疼痛症候群の治療は、「トリガーポイント注射」ができる病院ならどこでもできると考えてはいけないんですか?
調べて見つけた病院が自宅からちょっと遠いのも悩みなので、できれば近くの病院で治療したいと思っています。

回答よろしくおねがいします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
2,210
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/8/2916:33:05

>色々な治療をしてきましたが、大きな成果はありませんでした。
根本的な治療方法が違うからだと思われます。例えば、一般的な病院や治療院では、ヘルニアは痛みの原因だといわれています。でも、トリガーポイント療法の先生に言わせれば、痛みとヘルニアは関係ないそうです。

>麻酔で無理やり痛みを沈静化する治療には抵抗があります。
例えば、おもいっきり握った拳骨(疼痛部)を第三者(医者)が開こうとしても簡単には開きません。トリガーポイント(TP)療法のドクターは、小指から開いていくことを考えます。これなら、意外と簡単に開きますよね。それがTPだそうです。(あくまでも例えです。)

>麻酔薬を打ったことで何故、筋肉の凝りほぐしになるのか
TP療法のドクターに言わせると、巷で云われている一般的な腰痛(ヘルニアや狭窄症など)は、筋肉の収縮が原因だそうです。その筋肉が収縮している(痛みのある)部位に麻酔を打つと、筋肉が緩み痛みも和らぎます。その状態で日常的に動かし続けると、戻りやすくなると思います。

>「トリガーポイント注射」ができる病院ならどこでもできると考えてはいけないんですか?
いけないそうです。以下は、サイトからの抜粋です。

「現在の日本の医学ではトリガーポイントについて教えている所はほとんどありませんので、トリガーポイントについてご存じない医療関係者がほとんどです。また、痛みの原因となっているトリガーポイントを探し出すには、視診、動診、触診が必要ですので、豊富な経験が必要」だそうです。

TP注射療法の第一人者は、こちらのドクターです。
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/(加茂整形外科医院)
http://www.bigcosmic.com/board/s/board.cgi?id=youtuu(掲示板です)
詳細は、こちら↑の掲示板でお尋ねください。

質問した人からのコメント

2010/8/29 18:32:34

降参 たいへん詳しく回答していただき、有難うございました。
わかりやすい説明でよく理解できました。
心から感謝しております。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。