ここから本文です

簿記1級を勉強しつつ、簿記論・財務諸表論を勉強するのは無謀ですか?

ori********さん

2010/8/2912:52:09

簿記1級を勉強しつつ、簿記論・財務諸表論を勉強するのは無謀ですか?

社会人です。

日商簿記1級を勉強しつつ、税理士の勉強を並行することは可能でしょうか?

税理士の資格はありますが、1級もほしいと考えています。

目標は、税理士科目のどちらかをH23年度試験で取得・ H23.6月または11月に簿記1級取得です。

並行が可能な場合、簿記論は受講したほうが良いでしょうか?

H22.8現在 1級の基礎期は終わりました。

できましたら、どのような過程で進行していくのが良いのか、をアドバイスいただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。

閲覧数:
3,781
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aho********さん

2010/8/3003:56:42

簿記1級と簿記論の2つを並行するくらいなら全く無謀でもないですが、
簿記1級と簿記論と財務諸表論の3つを並行すると少し大変になるかもしれません。

まず、今年の11月に日商1級を受験し、
その後、H23年1月頃から簿記論の勉強をはじめるとよいと思います。

1級の基礎期は終わったとのことですので、今からでも次の11月の試験まで2ヶ月はあります。今年の11月に受験するくらいの意気込みもないようなら、3つを並行するのは諦めた方が無難です。

H22年11月の日商簿記に合格していた場合は、H23年に簿記論と財務諸表論の2科目を受験すればよいです。
落ちていた場合は、日商簿記と簿記論の2つを並行していき、6月に日商簿記を、8月に簿記論を受ければいいです。
日商1級に合格したら財務諸表論の勉強をはじめてみてください。

税理士の簿記論の講座を受けた方がよいのかどうかという問題についてですが、
日商簿記1級の勉強をどのようにしているのか分らないので何とも言えません。
とりあえず11月の日商を受けてみてから、年明けの1月から受講するかどうか、もうしばらく考えてみればよいと思います。

日商1級は別にどうしても取りたいわけではないので、税理士試験に何としても合格したいという気持ちの方が強いのであれば、
日商1級のことは忘れて、9月から簿記論と財務諸表論の勉強をすることをおすすめるのですが。
一般的には、税理士試験の受験資格のために日商1級を取得してから、税理士の勉強をはじめる人というのはいます。
既に受験資格があるのであれば、原価計算とか勉強しなくても税理士試験にはあまり関係ありません。
まあ、あせる必要もありませんので、無理のないプランを考えてください。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rar********さん

編集あり2010/9/320:43:12

日商簿記1級と簿記論財務諸表論を取得しています。
結論は1年では無理です。
そもそも出題論点が違います。
日商簿記は会計は簡単ですが工業簿記原価計算ができるかできないかで合格が決まります。
なので1級がなくても税理士の方はたくさんいます。
逆に原価計算も難なく解けるセンスがあれば会計士をお勧めします。努力でなくセンスです。
簿記論財務諸表論は同時受験は専念でもなかなか難しいです。
1級と簿記論は漫画の単行本と英語辞典くらいボリュウムが違います。
1級の過去問を解いてなんなく100%受かるセンスがあるのであれば両立はできます。

yab********さん

2010/9/212:03:29

>税理士の資格はありますが、1級もほしいと考えています。
とあるのは、
「税理士の受験資格はありますが…」と解釈してよろしいのでしょうか?

受験資格があるのなら、日商1級はやる必要がないと思います。
たまに、日商1級にこだわる人がいますけど、個人的には、日商1級は、税理士試験の受験資格を得るためだけのものと認識しております。

と言いながら、実はわたしも、1年目に簿記論をやりながら日商1級を平行してやろうとした時期がありましたが、挫折しました。
当時は、日商1級へのこだわりがあって、いつか絶対取ってやる!と思っていたものです。

その後、簿財法消と合格するにつれ、日商1級へのこだわりなど無くなり、日商1級の勉強が馬鹿馬鹿しく思えるようにさえなりました。
原価計算など、今となってはいい思い出ですが。

tam********さん

2010/8/3004:04:37

これはツリ?

簿記1級と簿財は無謀でもないと思いますが、受験資格があるため、ただ単に要領が悪いですね。
というか意味がわからないです。
1級の勉強する時間があれば、H23にどちらかでなく簿財両方合格する道を選択すべきです。

性格上の問題であれば、矯正することを薦めます。
それはご存知かもしれませんが、税理士試験は取れるところを確実に取りにいく試験です。
余計な事が命取りになります。欲を出して、余計な論点に足をつっこみ一年間の苦労を棒にふった人もいます。

そう考えると、両立して簿財どちらか+1級と考えているような思考は危険です。
1級は税理士になってからでも、いくらでも受けることができますので、それからでも遅くはありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる