ここから本文です

アイシンAW他、トランスミッションの会社は、今後どうなる? 電気自動車は普...

cal********さん

2010/8/3102:10:33

アイシンAW他、トランスミッションの会社は、今後どうなる?

電気自動車は普及すると思いますか?

閲覧数:
20,843
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

e60********さん

編集あり2010/9/206:29:17

次のようになります。

●電気自動車は二分される
現在、電気自動車としては、「街乗りEV」と「現在のガソリン車代替EV」の2種類が考えられています。例えば、iMiEVやR1eのような車両は、「街乗りEV」です。これは、走行距離が80~200km程度しかなく、遠出をするためには、別の車両でというコンセプトです。

●どうしてガソリン車を置き換えるEVが無いのか?
現在のガソリン車に置き換わるような高速性能をもつEVはあまりありません。これは下記2つの理由があるからです。

(1) 高速道路では,燃費が悪い … EVが街乗りで燃費がよいのは,減速時にエネルギ回生をするためです。高速道路では,そのようなシーンはほとんどありません。
また高速走行すると,低速時の数倍の走行抵抗がかかります。つまり燃費が悪いわけです。そうでなくても航続距離が短いEVなので,高速道路はたいへん苦手です。

(2) 追い越し加速に必要な馬力が不足している … 低速時には,強力な加速が得られるモータですが,高速時はさっぱりです。これは高速゙のトルクガ小さいからです。このため高速道路で追い越しをするのは,たいへん危険です。

●街乗りEVには変速機は不要
街乗りEVでは、走行速度がせいぜい80km/h程度であり、モータの回転を適当な減速比で落とせば、問題なく使えます。これは、街乗りであれば、低速トルクがあるモータの特性にあっているからです。
よくEV試乗記に「素晴らしい加速」と書かれているのは、このモータの低速トルクによるものです。

●ガソリン車代替EVには、変速機が必要
あまり知られていないことですが、EVで高速を走ると怖いという事実があります。これは、高速走行での加速性能が悪く、追い越し操作が危険だからです。これは、高回転域でモータのトルクが比較的小さく、高速側で出力増大がむずかしいからです。つまり追い越し操作に入っても、なかなか追い越せず、また前車の後ろにつくということになります。

よりトルクの大きなモータを使い、定常走行のような負荷の低いときと、追い越し時のような負荷の高いときとで、変速することで、よりモータを効率的に使うことができます。

●EVの変速機のまとめ
街乗りEVには,変速機がないのですが,前進後進の切り替え装置が付きます。またガソリン車と同機能の走行性能をもつクルマでは,2~3段の変速機が付くでしょう。

●変速機メーカはどうするか?
もし乗用車の大半がEVになると,変速機のビジネスは大幅に縮小されますので,将来性はないといえます。

もっとも現在,変速機は,変速機メーカがつくるものと,自動車メーカ(ダイムラーやホンダなど)がつくるものとがあります。

●EVは普及するか?
EVは,下記4つの課題があり,すぐには普及しません。

(1) 電池コストが高い … 1kWhが約10万円します。iMiEVのように16kWhを搭載すると,それだけで車両コストが3倍になります

(2) 航続距離が短い … リチウムイオン電池のエネルギ密度は15年間で約3倍になりました。それでもエアコン無しの一般道走行で160kmしか走れません。高速道路を暖房をつけて走ると50kmです。つまり実用燃費はガソリン車の1/10です。単純に考えると,あと45年くらいすれば,ガソリン車と同じ航続距離になる電池ができそうです

(3) 充電時間 … AC100Vの電源の場合,だいたい一晩かけて充電します。三相のAC200Vを使う急速充電器を使っても,30~40分で電池の80%しか貯められません。つまり現在のようなガソリンスタンドで5分間の給油というわけにはいかないのです。EVの場合,充電スタンドで,コーヒーを3杯くらい飲む必要があります

(3) 充電インフラ … 急速充電装置の建設には,200万円くらいかかります。現在,ボランタリーの企業や自治体がおこなっていますが,これを民間でおこなう,しかも利益を上げることが必要です。一方,EVの燃料コストは,深夜電力を使うと,ガソリンの1/10くらいです。つまり電力コストは非常に安いのです。このため充電スタンドを各所に作っても,儲かるシナリオが描けません。その結果,充電スタンドをつくろうという民間企業はないでしょう

現在,多くのEVが発表されていますが,上記の4つの課題は,どれひとつとして解決できていません。

その証拠に,EVに熱心な日産ですら,2050年のエンジン付き車はシェア76%と予測しています。

●次世代車は何か?
当面,ハイブリッド車が増えていきますが,都市内のEV走行を考えると,プラグイン・ハイブリッドがもっとも有力です。また日本では,知らない人が多いのですが,クリーン・ディーゼルも有効です。ハイブリッドのように渋滞路だけで燃費が良いわけではなく,全域で燃費が優れており,燃料費は35%くらい削減可能です。

その次は,脱石油社会が必要なため,搬送できるエネルギは水素になります。つまり「水素社会」の実現が必要です。そうなると燃料電池自動車が遠い将来の駆動源になります。

ご参考になれば幸いです。

質問した人からのコメント

2010/9/7 01:12:46

感謝 有難うございます!!!!!!!!!!!!!!!!!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mic********さん

2010/9/118:25:02

電気自動車に限らず、これからはガソリンエンジン以外の動力が
普及してくることが予想されますが、その場合でもその動力をトランスファーする
仕組みは必要だと思います。(電圧だけでモーターを制御出来ないので)
トランスミッションは今後とも必要で、更に精密な装置が
加速の良いスムーズな走りには、必要不可欠だと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる