ここから本文です

甲状腺癌について 乳頭癌と宣告され、手術をしない道を選び、経過観察をしてい...

ra_********さん

2010/9/402:51:59

甲状腺癌について

乳頭癌と宣告され、手術をしない道を選び、経過観察をしている方はいらっしゃいますか?


先日、細胞診検査の結果、乳頭癌と宣告されました(30歳・女性)。

・腫瘍の大きさは6ミリで、今すぐ手術は必要ない
・手術は将来的に腫瘍が1センチを越えるか、転移してからでも遅くはない
・中には一生、腫瘍に変化がなく手術しない人もいる

と言われました。


手術をしない場合「日常生活で気を付けることは?」
と質問したところ
「'自分は癌だから'とメンタル面で足を引っ張られないこと」
とサラッと言われました。

癌を放置?
混乱しています。


このような説明をうけ、切らなくてよいのなら手術をしない方向で考えています。
が、転移をする可能性がありながら放置することに対し正直不安も残ります。

同じような経験をしている方がいればお話を聞かせてください。

よろしくお願いします。

補足現在、CT検査による遠隔転移の検査中です。

転移がなければ手術の必要性は限りなく低く、年一回のエコーによる経過観察。
その後、45歳にCT検査で全身チェックをする必要があるとのお話でした。

閲覧数:
33,091
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tom********さん

2010/9/403:04:13

私には医学的な知識もないし、自分が癌にかかった経験もありません。

しかし、小さいからといって癌を放置するのは不安だという気持ちは私も同感です。
もし私なら、別の病院で見てもらいます。

ところで、失礼ですが、本当に「癌」と言われたのですか?
小さいから手術は不要とか、一生変化が無いこともあるという医者の説明から、良性腫瘍のことではないかと思うのですが。腫瘍=癌と勘違いする人はたまにいるので。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

poo********さん

2010/9/811:44:08

はじめまして。

二週間前に右甲状腺の摘出手術をし、乳頭癌が見つかりました。乳頭癌は手術後の検査で見つかったものなので、そのまま治療はしていません。
先生には『乳頭癌は進行の遅い癌です。定期的にエコー検査を受けていれば大丈夫です。ネットで検索すれば色々と書かれていますが、悪いことは信じず良いことを信じて下さい。1㎝以下であれば手術もしなくて大丈夫』と言われました。
確かに『癌』と聞くと不安な気持ちですが、先生の言葉を信じて、治療や手術はせずに定期的に検査を受けていこうと思います。

本音は…初めて聞いた時、泣いてばかりの毎日でしたけど…f(^ー^;

がんばりましょうね!

him********さん

編集あり2010/9/414:31:15

甲状腺の癌の中でも「乳頭癌」は、きわめて悪性度が低く
進行も遅い癌です。
普通の癌であれば「リンパ節転移」は進行癌になりますが、
甲状腺乳頭癌に限っては、「リンパ節転移=進行癌」にあてはまりません。
甲状腺のリンパ節に転移していても、そこから遠隔転移を起こす心配のないものです。

手術する場合は、甲状腺摘出手術が原則になり甲状腺と一緒にリンパ節も切除するため、
首の傷も大きくなり身体にも負担がかかります。
甲状腺は声を出す声帯の神経が密集している場所であり、手術時に神経を傷つけ
声が出なくなってしまうケースもあるようです。

質問者さんの癌は6mmと小さく、手術の対象としては先に述べたように
手術に伴うリスクの方が大きいので、多分そう言われたのだと思います。
数年間放置してもさほど大きくならないと予想してのことだと思います。

甲状腺乳頭癌はリンパ節の転移があっても、他の癌と違って遠隔転移や
他の臓器への転移は非常に稀でその場所にとどまっているのが特徴です。

医者も無責任に「癌を放置しろ」とは言わないはずです。
甲状腺癌の特性を知っているからこそそのように説明されたのです。

医者の言うように「経過観察」でいいと思いますよ。

※補足見ました
経過観察しながら、気になるようであれば、45歳まで待たず、
数年後にCT検査を受けたらいかがですか。
45歳にCT検査をすると説明があったのも、乳頭癌での遠隔転移は
殆ど症例がないものと思っていいと思います。

mor********さん

2010/9/405:24:53

「生検の結果、甲状腺癌(良性)。エコーの結果も大きくない。でも若いし将来、悪性に変異する可能性無きにしもあらず。3時間の手術で済むのでとりましょう。」の結果、あけてびっくり悪性腫瘍(乳頭癌)だらけでした。甲状腺のほとんどを摘出、声帯、頚動脈までいぢって12時間の手術。「たまたま良性の細胞を採取しただけです。」術後も毎月、抗がん剤治療と甲状腺ホルモン剤服用、同測定。リンパへの転移の所見があって10年近くやいやい騒いでおりました。
もっとも未成年だったので本人同意無しの手術。17歳で大学受験を控えていたので入通院はもとより声帯を傷つけた事で全く発声ができず大変でした。手術痕は未だに残り自殺未遂あるいは殺人未遂の被害者の噂がたびたび。
アドバイスとしてはセカンド・サードオピニオンの受診。手術の際は目一杯、生命保険や企業の傷病補償制度を利用して非日常の生活を楽しむつもりで手術受けて下さい。
在籍していた高等学校のグランドに隣接する工場に今で言うところのアスベストが野外積みされていた事を理由に喫煙者です。もちろん二十歳からですが〜。

oom********さん

2010/9/404:15:20

ガンは性格があり、男性ですと前立腺がんなどは、細胞分裂が衰えたおじいちゃんがなることもあり、中には気づかずに共存してることもあるようです。甲状腺がんはよく知らないのですが、穏やかな性格(良性腫瘍に近い)なんでしょうかね?
ですが癌は癌なので、取って大丈夫なら取った方が安心だと思いますよ。ちょっと疲れて調子悪いのも「もしや転移…?」とか、考えるのもしんどいですし(笑)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる