ここから本文です

海水魚換水について

osh********さん

2010/9/521:10:15

海水魚換水について

tut_ankh_arnenさん前回はありがとうございます。
また質問なのですが現在個体が4匹(フレームハイブリ、レモンピール、ニシキ、ミズタマハゼ)とエビ各種がいます、全部白点が出てしまいました;本日から教えてもらった通りの換水でやってみようと思います。別の水槽がないので発泡スチロールに海水を作って置いて換水しようと思うのですがバクテリアなどの心配はしなくて大丈夫なのでしょうか?今ブルーエンゼルとクイーンエンゼエルをショップでキープしてもらっています、エビなどが入っていますので薬を使わず白点を治してブルーエンゼルとクイーンエンゼルを投入したいと思っていますが今のシステムでの自然治療は可能でしょうか?教えて下さいお願いします。
ちなみに現在亜硝酸問題無、PH8,2~8,3、硝酸塩50です。
必要ないと思いますが水槽の画像を一応貼り付けておきます。

補足またアドバイスなどがあれば教えて下さい。
宜しくお願いします。

ミズタマハゼ,ブルーエンゼル,発泡スチロール,クイーンエンゼエル,バクテリア,白点病,エアレーション

閲覧数:
737
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tut********さん

編集あり2010/9/613:02:40

まず回答が簡単なとこから

作りおきの海水は簡易でも良いのでろ過はした方が良いですし
エアレーションも出来たら行いたいところです


白点病はちょっと説明が面倒なので以前に回答した物の
コピペも併用して書きますので
若干意にそぐわない事もあるでしょうが、その点はご容赦下さい

卵→幼虫→子虫→成虫→卵 と繰り返します
①卵期
底砂やライブロック等に付着してるし殻に包まれてる
卵からは100~300程度の幼虫が生まれます
この段階での有効な治療法は薬か低比重治療です
②幼虫期
水槽内を浮遊している、魚に辿り着けない菌は2日程度で死滅
この時が白点病が一番弱く殺菌灯でも若干の効果があります
殺菌筒や殺菌ドーム、薬、低比重で効果が得られます
③子虫期
魚に取り着け、尚且つ魚の抵抗力にも負けなかった物が
鱗を突き破り表皮奥まで侵入し栄養を蓄え成長する
魚の体内に居ますので効果的な治療法は何もありませんが
着いたばかりの時ならば淡水浴や薬浴で効果が得られます
④成虫期
鱗の表層まで出てきて白い点なって見えますので
この時に飼育者が始めて白点病を認識するのです
また、この段階ではもう魚の体から離れる時でもあるので
魚への負担を減らす事や治療としての意味は殆どありませんが
淡水浴や薬浴によって成虫から卵になる物を減らす効果はあります
⑤産卵期
魚を離れた後に浮遊し適当な所に着いたら卵に戻ります
この時が一番大きい時なので殺菌灯は殆ど役に立っておらず
殺菌筒や殺菌ドームでも効果は薄いです
薬と低比重は効果があります


治療法としては
低比重

淡水浴
殺菌筒http://www.rva.jp/shop/aquakoubou/3.htm
殺菌ドームhttp://www.rva.jp/shop/aquakoubou/29.htm
殺菌灯は使ってるのでしたよね
あとは上記の治療を隔離して行うです
どの治療法がどの形態を狙っいるのか?これを考えると
低比重と薬は①②⑤
淡水浴③と④の極一時期
殺菌3つに関しては②か④の時
となります

次に白点病と言っても羅患状況によってどこまでやるのか?
人間の風邪に例えるならば
①咳と鼻水が出て喉も痛い
②①の症状に加え38度の熱がある
③40度を越える熱があり薬を飲んでも熱がひかない
この場合①の状況で慌てて病院に行く人は少ないでしょうし
③の状況なのに市販薬だけで治療する人は居ませんよね?

では魚の白点病ならどうでしょう?となるのですが、その前に
白点病の形態変更にはサイクルとその時間があります
若干のズレはありますがその殆どが夕刻から朝方に掛けて行われます
(その時間的理由は諸説色々あるようですが)
人間が白点病を目視確認出来るのは④成虫の形態ですが
朝と夜見た時では数がまるで違いますので、夜判断して下さい

数個着いてる程度であるなら慌てる必要は全くありません
殺菌筒か殺菌ドームを使用する事と水質の向上で
自然治癒する事が殆どです
それでも悪化するようなら次に進んで下さい
又、もし水中ポンプが余っていたら
ウールBOXを追加して物理ろ過を増やして下さい
ジップロックコンテナ等を流用すると安価で加工もし易いですよ
ウールマットは2段ぐらい敷いて下さい

数十は着いてるが数えられなくはない程度の場合
とりあえずは先の方法を取って、それで進行が止まる場合は様子見
悪化するようなら隔離をして下さい
(薬や淡水等の治療は魚に高負担をかけるのでまだです)
夜間に体に着く事と夜間に体から離れる
この習性を利用して毎日夜に全換水を行います
1週間から10日は継続して行って下さい
その場合隔離水槽(バケツ等でも可)で気をつける事は
海水での白点病は淡水のそれとは違い高水温を好みますので
水温上昇には注意する事と(ルームエアコンとファンで対処出来ます)
強めの水流を与えていると白点病も魚に取付きづらいので
水流ポンプは必須です
本水槽でも同じ事が言えますので、もし水中ポンプを買うのでしたら
後々本水槽で使う事も考えて選択して下さい
また、容器を2つ用意しておくと魚を移動するだけなので手間は減ります
その際は予備の方のエアレーションもお忘れなく

ここまでが白点病菌を減らしつつ、自然治癒に頼る方法です
これでも治らない、又は症状が酷い場合は又質問して下さい
(この回答で文字数オーバーです)
但し、この先の方法はサンゴを避難させるか
魚が星になる覚悟も必要になります


次に水質について
硝酸塩が50との事ですが魚だけを飼うのであれば
高いのは間違いないですが、まだ慌てる程ではありません
50%換水を行い吸着剤の併用でとりあえず対処出来ます
また、その換水ですが白点病を少しでも減らす為に
今回は深夜から早朝の間に行う事をお薦めします

後は比重の問題ですが、お使いの計測器は何ですか?
屈折式等の機器やガラス製の浮標ならばアテに出来ますが
ハイドロメーター等は誤差が凄いので一度誤差を確認して下さい
特に水温が2度違うと比重も0,001ぐらいは変わりますし
魚を殺す気か?と言いたくなるぐらい酷い誤差のある物が存在します

質問した人からのコメント

2010/9/12 20:31:21

笑う 説明通りにやってみたら白点がとれました!!もの凄く感謝しています!!また困った時は宜しくお願いします。
本当にありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

grq********さん

2010/9/522:32:59

ヤッコには、硝酸塩濃度が高いように思います。
定期換水、よる10時から0時の間にじっしすると魚から白点虫が離れておりますので効果的と思います。
また、今の時期はまだ水質上昇が激しいです。発泡スチロールで作った海水は水槽の水温と同じにしてやらないと水温変化で魚に負担がかかります。きおつけてください。クーラーを使う事も必要と思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる