ここから本文です

一般に「淡水魚は、寄生虫の危険性があるので海水魚と違って生食はしない」といわ...

アバター

ID非公開さん

2005/6/506:43:54

一般に「淡水魚は、寄生虫の危険性があるので海水魚と違って生食はしない」といわれています。
中島らも氏の「ガダラの豚」にも似たようなことが書かれていました。
ところで、鯉料理の一つに「あらい」っていうのがありますね。
あれは鯉のお刺身だと思うのですが、なぜ鯉はお刺身にできるのでしょうか?
寄生虫の危険はありませんか?

閲覧数:
66,317
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2005/6/100:43:08

淡水魚にも海水魚にも寄生虫は多くいます。海水魚ではサバなどが多く、内蔵にはアニサキスという寄生虫を良く見ることが出来ます。これは食べると稀に胃壁を突き破ろうとするために激痛を伴いますが、死ぬことはありません。私も経験者です。海水魚では特に命に直接影響を及ぼすような寄生虫はいませんが、二次的に危険なことがあります。淡水魚はカワニナや小エビ、カニなどを食す魚ですと、ジストマ症という命にかかわる病気に関係する寄生虫がいます。ただし、コイのあらいのように薄くしてしっかり調味料をつければほとんど防げますので、あまり気にしなくても良いです。 水族館関係者より。

「鯉 寄生虫」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2005/6/508:19:14

海水魚にも寄生虫はいますが、それらは鯨類や海獣類を宿主とするものです。人間は不適宿主となり寄生しても生存するのは困難です。
アニサキスでも胃壁に食らい付いて痛みは与えるけど2週間くらいで死んでしまいます。

一方淡水魚の寄生虫は、我々陸上の動物を宿主とするものなので、寄生すると長期にわたって生存できます。中には命にかかわるものもいます。

海水魚は刺身にするけど淡水魚の生食を避けるのはこういうわけです。

アバター

ID非公開さん

2005/6/507:31:54

内臓に寄生虫が入て魚が死ぬと身の方に進入して行きます。
ですから刺身の生き造りでは成りずらいです。
昔は刺身を一度水洗いするのが当たり前でした。
川魚で食べた事のあるのはコイと鮒と鮎と鱒(ニジマス)です。
そういえば、川魚は生き作りが当たり前ですね。

アバター

ID非公開さん

2005/6/507:25:13

とりわけ淡水魚には多いようですが、海水魚も決して例外ではありません。
しかし刺身や寿司で実際食べる時、薬味としてワサビや生姜を使いますよね。
これらには生臭さを消す以外に、実は寄生虫を殺す作用もあるんですよ。

アバター

ID非公開さん

2005/5/3119:13:03

生け造りなどは大変危険です。
食べない方が賢明でしょう。
普通は極低温で冷凍し、寄生虫を死滅させてから出します(サーモンなどもそうです)。
他にも川の水が綺麗に見えるため、渓流に生息しているイワナやヤマメを刺身にして出すところもありますが、これも危険です。

海の魚もそれほど安全というわけではありませんよ。
寄生虫は魚の表皮に潜り込んでいることが多いので、そういうところを避けるか、もしくは周りだけ火を通したりすることが多いのです。
シラウオの踊り食いなども、実際に寄生虫の被害にあっている人がいますので、注意した方がいいでしょう。

アバター

ID非公開さん

2005/5/3119:01:40

虫殺しの為に、強烈な酢みそに浸けて食べます。。。。。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる