アンケート一覧ページでアンケートを探す
ID非公開

2005/6/5 6:43

99回答

一般に「淡水魚は、寄生虫の危険性があるので海水魚と違って生食はしない」といわれています。 中島らも氏

水の生物68,187閲覧

5人が共感しています

新機能 AI回答テストを実施中! テスト対象カテゴリ:歴史・悩み相談 ※回答がつかない場合は、画面のリロードをお試しください

ベストアンサー

ID非公開

2005/6/1 0:43

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(8件)

ID非公開

2005/6/5 8:19

海水魚にも寄生虫はいますが、それらは鯨類や海獣類を宿主とするものです。人間は不適宿主となり寄生しても生存するのは困難です。 アニサキスでも胃壁に食らい付いて痛みは与えるけど2週間くらいで死んでしまいます。 一方淡水魚の寄生虫は、我々陸上の動物を宿主とするものなので、寄生すると長期にわたって生存できます。中には命にかかわるものもいます。 海水魚は刺身にするけど淡水魚の生食を避けるのはこういうわけです。

ID非公開

2005/6/5 7:31

内臓に寄生虫が入て魚が死ぬと身の方に進入して行きます。 ですから刺身の生き造りでは成りずらいです。 昔は刺身を一度水洗いするのが当たり前でした。 川魚で食べた事のあるのはコイと鮒と鮎と鱒(ニジマス)です。 そういえば、川魚は生き作りが当たり前ですね。

ID非公開

2005/6/5 7:25

とりわけ淡水魚には多いようですが、海水魚も決して例外ではありません。 しかし刺身や寿司で実際食べる時、薬味としてワサビや生姜を使いますよね。 これらには生臭さを消す以外に、実は寄生虫を殺す作用もあるんですよ。

ID非公開

2005/5/31 19:13

生け造りなどは大変危険です。 食べない方が賢明でしょう。 普通は極低温で冷凍し、寄生虫を死滅させてから出します(サーモンなどもそうです)。 他にも川の水が綺麗に見えるため、渓流に生息しているイワナやヤマメを刺身にして出すところもありますが、これも危険です。 海の魚もそれほど安全というわけではありませんよ。 寄生虫は魚の表皮に潜り込んでいることが多いので、そういうところを避けるか、もしくは周りだけ火を通したりすることが多いのです。 シラウオの踊り食いなども、実際に寄生虫の被害にあっている人がいますので、注意した方がいいでしょう。

ID非公開

2005/5/31 19:01

虫殺しの為に、強烈な酢みそに浸けて食べます。。。。。