ID非公開

2010/9/7 1:20

99回答

ゴルフスイングでよく手打ちはだめで体で打つように言われますが、具体的にはどういうことを気にすれば、そのような打ち方ができますか。

ゴルフ9,124閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

1人がナイス!しています

その他の回答(8件)

0

>>ダウンスイングで右ひじを体に寄せて右脇をしめることと、左脇を締める… これは結果として生じるものです。これを上半身の動きで行うと肩を怪我しかねません。まずはアプローチ、パターを下半身、特にヒザから下の筋肉だけで行ってみてください。これが体で打つことの第一歩 バックスイングは右足首から腿、胸、腕と順にねじり上げ、ダウンスイングは左足、腿、腹筋、胸、左腕がつながっていることを意識しながら、最後は右手をテコで打ちます なお、腰は殆ど動かずに余り重要ではありません。これは骨格上のことです。腰は足の動きによって結果として動くのです。椅子に座って腰を動かすと腰の本当の可動域がわかります。動かないはずの腰を動かそうとすると腰痛のもとです。腰を動かすのでなく、ヒザから足首の筋肉と腿で腰は動くものです 個人的にはスイングで最も気をつける点は足首の使い方だと考えています。

1

レッスンプロに教わっていて、貴方の手打ちが治せないなんて、レッスンプロ失格です。 教わる人を別の人に変えた方が良いよ。 ところでスイングですが、クラブを持って、野球のバットを素振りするように、水平に振って見て下さい。 腕が身体に引っ張られるようになつて振れるでしょう。 素振りを続けながら、水平から徐々に下へおろして見て下さい。 そしてボールの位置までおろしていくと感覚が掴めると思います。 体重移動が出来ていても、身体の回転が出来ていても、それぞれがバラバラの動きになっていたら、そのパワーがインパクトの瞬間に ボールに伝わらなくて手打ちになってしまいます。 インパクトの瞬間まで、コックを解かないイメージでダウンスイングして、インパクトの瞬間は、クラブが手元を追い越してない状態で 手元が左太ももの位置で、クラブヘッドが手元より右にあってインパクト出来てますか? 手元が右太ももの位置でインパクトしてたら間違いです。 私見ですが参考にして下さい。

1人がナイス!しています

0

100切りレッスンには何も得るモノはございません 回答、プロに聞こう。細かく説明出来ないプロはただの詐欺師

0

ご質問者さまのスイングを拝見した訳ではないので、あくまで推測ですが、レッスンプロが手打ちと言っているのには、根拠があるのではないでしょうか。例えば、インパクト以降両腕が真っ直ぐになるタイミングが無くフォローで左ひじが引けているとか、フォローに向けて次第に加速するスイングでないとか、何を見て手打ちと言われているのかレッスンプロに問い合わせされてはどうでしょうか。教える事でお金をもらっているので、適切なアドバイスを頂いたほうがよろしいかと思います。

0

先ず、アドレスで、グリップを10段階の2くらいの強さで握り、 それを終始キープします。 テークバックでは、体の回転とともに、右腕を畳んで、トップへ行きます。 ダウンスイングは、手のことは忘れ、腰の回転で、クラブを引っ張って、 インパクトは、通過点で、フォローまでしっかり、腰、体、肩を回します。 一言で言いますと、 ”手・腕は使わないで、腰・体の回転で打つ。” です。 お時間がありましたら、私がトピ主の 「趣味人倶楽部」内の "プライベートコミュニティ"「100切りゴルフレッスン」 に、遊びに来て下さい。